TEL

ホーム > Blog記事一覧 > その他の記事一覧

和食の文化を見直してみよう

2015.09.17 | Category: その他

今回は身体のことではなく日本の文化についてです。

日本人は和食離れが進んでいるようですが、世界では今和食が注目されています!

和食はなんと無形文化遺産に登録され、少し前になりますがNHK連続テレビでも話題となり、
日本の食事の文化が注目されています。

和食には自然を敬う日本人独自の精神が表れ、
世界にある多様な文化のひとつにあたると評価されました。

国の農林水産省が掲げる和食の特徴
・多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重
・栄養バランスに優れた健康的な食生活
・自然の美しさや季節の移ろいの表現
・正月などの年中行事との密接な関わり

これは海外でも有名なそば、寿司や天ぷらなど単独の料理ではなく、
和食全体の食の文化で、例えば
・おせち料理ではなくお正月におせち料理を食べるという文化(今はおせち離れが進んでいますが。。。)
・お赤飯ではなく何かおめでたいときにお赤飯を食べるという文化
をいいます。

受け継がれる食事の形 一汁一菜、一汁三菜
 日本の食文化で、和食の原型とも言える一汁一菜や一汁三菜の形
(ご飯、お味噌汁、おかずやお新香といった組み合わせを基本とする文化)は、
鎌倉時代から始まったようです。

一汁一菜は、もともと鎌倉時代の禅寺の質素倹約を重視した食事のことで、
ご飯と漬け物を除く汁物と菜(おかず)を指し、これが鎌倉武士の食卓の基本にもなったようです。

安土桃山時代には、千利休が一汁三菜の茶懐石を確立し、
お茶前の軽い食事として完成させました。
しかし庶民の日常の食事はせいぜい一汁一菜で、
おかずの多い一汁三菜は祝い事など特別なときの献立だったようです。

このような組み合わせ形式が、伝統的な日常の食事形態として今に定着しています。
茶懐石とは・・・正式な茶会のときに、亭主が客をもてなす料理のこと

一汁三菜の構成
 ご飯と漬物が前提にあり、数字には汁物とおかずの数が入ります。
三つのおかずは主菜(焼き物など)、副菜などがあります。

海外では評価が高い和食、マクロビオティックも和食がルーツと言われています。
皆さん和食や日本の文化を見直してみませんか?

集中力を引き出すには?3

2014.07.01 | Category: その他

今回は頭に働きかけて集中力を引き出す具体的な方法をご紹介します。

・朝礼でお互いを褒めあってみましょう(多くの企業でやっています)

・好きな音楽を聴いてみましょう(アスリートの多くは勝負曲を持ってます)

・小さな目標を設定し、達成感を得やすくしてみましょう(最初の1時間でここまでやろう、次の1時間ではここまでやろう)

・自分へのご褒美を用意してみましょう(ここまで終えたら好きなお菓子を一口とか)

これらのものを実践してみなさん、是非集中力を高めて能率アップ目指してくださいね〜♪

集中力を引き出すには?2

2014.06.24 | Category: その他

今回は前回と違う視点での集中力を上げる方法をご紹介します。

かわいいものを見ると集中力が
高まるということが最近の研究でわかりました。
集中力を必要とする作業の合間に犬、猫の写真をみると、
見ない時に比べると
作業効率が12%上がりました。
写真を子犬、子猫に変えるとなんと44%も上がったそうです。
対象をかわいいと感じると、それを細かいところまで見ようとする為に
集中力が高まると言われています。

みなさんもお子さんやペットの写真を職場において能率アップを目指しましょうね〜

集中力を引き出すには?

2014.06.12 | Category: その他

集中力はみなさんご存知の通り、一つの物事に意識を集中させ続ける力の事です。
今回は集中力をアップさせるコツをご紹介します。

集中力が発揮している時にはドーパミンという脳内物質が分泌されています。
この物質は自分の好きなことをしたり、なにか物事を達成した時に分泌され、
脳を覚醒し集中力を高めてくれます。
他にセロトニンやノルアドレナリンも似たような働きの脳内物質と言われています。

他に甲状腺刺激放出ホルモン(TRH)というものもあるのですが、
何かの報酬や見返り、ご褒美が期待できる時に分泌されて集中力をアップします。
このホルモンの特徴はやりたくないことでも、やり始めることで分泌され、
集中力がでてくるっていうものなんですよ〜

次回具体的にご説明いたします。

転倒予防に筋肉を鍛えましょう

2014.03.11 | Category: その他

二足直立歩行の私たちは不安定で足や腰の負担にさらされ、
痛みが出やすい傾向にあります。足や腰が辛くなると、身体を動かすのも億劫になりがちで筋力が落ちやすくなります。
筋力が低下してくると転倒するリスクが大きくなります。
転倒により骨折という事態も出てくることがあり、お年寄りが足の骨を折った場合は寝たきりとなってしまうことがあります。
前に倒れるときは筋力の低下によるもので、後ろに倒れるときはバランス能力が低下したときに起こると言われています。
高齢者のバランス能力は健康な大人の30%程度といわれています。
バランス能力が低いために転倒する可能性が高いです。こうならない為にはバランス力と筋力をあげることが必要です。
筋肉には赤筋(遅筋ともいわれ持久力に関係する筋肉で、疲れから転倒することに関わります)と
白筋(速筋ともいわれ瞬発力に関係する筋肉で、よろけたりするときに関わります)の二種類があります。
転ばないようにするには両方の筋肉の強化が必要となります。
筋トレは地道な努力が必要ですが頑張って筋肉を鍛えてみてくださいね~

リハビリテーションで生活力を3

2014.02.12 | Category: その他

今回は無理をしないで機能を高める方法をご紹介します

●足踏み体操
転倒予防や筋力・体力の強化等で盛んに行われています。
・その場で足踏み
・手すりは上体をまっすぐに起こす高さに
・両足を肩幅まで広げると安定します

●だらけ体操
足踏み体操が難しい場合におすすめです。
・寝たまま(座ったまま)歩く真似をするだけ
・ある程度やったら「疲れた」などと言っておしまいにする
・片マヒの場合は動く側を大きく動かせばいい

リハビリテーションで生活力を2

2014.02.08 | Category: その他

家族や周りの人が何でもやってあげるのは、機能が衰えるのでマイナスです。
生活の自立を支援するには本人が自分で出来る環境づくりが大切です。

リハビリを継続させるには、楽しくやれそうな雰囲気を作り、
意欲を引き出すことが大切です。
カラオケで好きな歌を歌ったり、お話しながらなど、
楽しく続けられやる気を引き出す工夫をしましょう。

リハビリテーションで生活力を

2014.02.07 | Category: その他

高齢化社会が進行して介護が必要な人がここ10年で倍になっています。
生活の自立を助けるためのリハビリは家族にも大きな問題となっています。

リハビリとは再び適した状態になる為のすべての活動であり、
リハビリで大切なのは本人のやる気、そして周囲の協力が欠かせません。

難聴にご用心4

2014.02.04 | Category: その他

聴力は二十歳がピークでそれ以降は衰えていき、五十歳を過ぎると急激に落ちていきます。聴力を保つためにも、普段から耳をいたわる行動を心がけましょう。

ヘッドホンを使用するときの目安は
静かな部屋でヘッドホンをしたまま会話が出来る程度の音量にし、1時間聞いたら休憩をしましょう

十分な睡眠、休息をとりストレスを溜めないようにしましょう。
ビタミンB群を多くとるように心がけ、末梢神経の代謝をよくしましょう。
鼻をかむときも片方ずつやさしくかんで、耳の負担を減らしましょう

難聴にご用心3

2014.01.28 | Category: その他

今回は聞こえ方をチェックしてみてくださいね~

□テレビの音が大きすぎると言われることがある
□話し声が大きいと言われることがある
□会話をしている時に聞き返すことがよくある
□声は聞こえるけれど何を言っているのかわかりづらいことがある
□複数の人との集まりだと特に聞きづらい
□呼びかけられても気づかないことがある

思い当たることがある人は聴力の検査を一度おすすめします。

当院情報

アクセス

はればれ鍼灸整骨院・整体院の入り口
院名 はればれ鍼灸院整骨院・整体院
住所 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-8-4 クレストI 1F
TEL 03-5658-4976
アクセス 都営新宿線 船堀駅より徒歩2分
受付時間 9:00~13:00 16:00~20:30
休診日 日曜・祝日

診療日・診療時間

受付時間
9:00~13:00 9:00~15:00
16:00~20:30

休日:日曜・祝祭日

ご予約・お問い合わせはこちら
24時間365日!ネット予約受付中!