TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2013 2月の記事一覧

出産後に太ももが太くなった

2013.02.26 | Category: 産後

出産後に太ももが太くなってしまった人は意外と多いです。
原因としてはホルモンの影響などで骨盤が閉まっていたものが開いてしまうということが考えられます。

当院での骨盤矯正が有効ですが、さらに相乗効果が出やすいトレーニングを教えちゃいますね♪
空になっている500mlのペットボトルを太ももの間に入れて、それを挟んでください。

足をなるべくつけて、さらに脇を締めて、さらにさらに肘を曲げて肩の前に持っていきます。
→太ももの筋肉の力で頑張ってペットボトルを潰してみましょう。
→凹んだような音がしたら、リラックスしてまたチャレンジ!

これを数十回行ってください。
ちなみにヒップアップ、O脚、美脚の効果なども期待できますよ~

妊婦さんの整体も行っております!

2013.02.07 | Category: その他,健康情報

はればれでは、妊娠中のママさんの施術も行っております。

妊娠中の体は、ホルモンの出方が違うので骨盤や背骨などの歪みを治すのに特別な整体の技術が必要となる場合があります。
妊娠時にゆがみを治すことの利点とは?

●腰の痛みを解消する
妊娠中は赤ちゃんがおなかにいる分腰に負担がかかり、腰が痛くなります。これはお腹が重く前に出てしまうのと、羊膜が膨らんでしまうことが原因です。
これ出を我慢してしまうとストレスホルモンが産生されこれが血液を介して、赤ちゃんにも届いてしまいます。これは赤ちゃんの発達に悪影響を及ぼします。整体で痛みを和らげることができるんです。

●骨盤の歪みを解消する
赤ちゃんが収まっている場所は骨盤です。骨盤が歪んでしまっていると、羊膜という膜が歪んで膨らんでしまったりします。
羊膜の歪みが腰の痛みの原因にもつながります。ゆがみを取って赤ちゃんがスクスク育つ環境を作ってくださいね。

さらにその歪みが出産するときに微弱な陣痛となるケースが多いことが医学的に判明しています。
産道が広がりにくく赤ちゃんがスムーズに出てこないこともよくあります。ゆがみをとることで安産につながります。

そして、出産時にきれいにゆがみなく骨盤が開いた方が出産後の骨盤が正しい位置に閉じやすくなります。
臨月でも問題なく施術できますのでお気軽にご相談ください。

偏平足

2013.02.06 | Category: 健康情報

皆さんの足は偏平足ではありませんか?

偏平足というのは土踏まずがない状態の事をいいます。

※だいたい8歳くらいのときから土踏まずが形成されはじめますので幼児に土踏まずないのは正常なので安心してください。

偏平足の原因には先天性のものと後天性のものがあります。

・先天性のもの:遺伝による

・後天性のもの:足に合わない靴やヒールを履いている
硬い床で長時間作業をしている
足の筋力の低下
偏平足になると正常な足よりも非常に疲れやすくなったり、痛めやすくなったりしてしまいます。それは次の理由からなります。
正常な足ではアーチ状の構造をしています。これは足が地面についた時の衝撃をやわらげるクッション効果があります。
偏平足ではアーチが崩れてしまいクッション効果がなくなり、足全体に衝撃が直に加わやすく疲労がたまりやすいのです。
偏平足になると足が疲れやすくなる→疲れるから歩かない→足の筋力低下→症状の悪化というような悪循環に陥ってしまいます。

予防法
・よく歩く

・足の筋肉をつける

・自分にあった靴をはく(ヒールなどは控えめに!)

・足のゆびをよく動かす(ゆびをグーパーグーパーする!)
など。

偏平足の予防・解消はやはりよく足やゆびを動かすことが第一になってきますのでこまめに動かすようにしましょう!
初めのうちはゆびなどつりやすいのでゆっくりうごかしてくでさいねnote

顎関節症とはなんでしょう?

2013.02.05 | Category: 健康情報

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、顎の関節や咀嚼(そしゃく)筋の痛み・顎が鳴る・顎が開けづらいなどの症状がある慢性的な疾患になります。20歳代から30歳代の女性に好発する傾向があるんですよ。

顎関節症の種類には5種類ありまして

Ⅰ型:咀嚼筋障害

Ⅱ型:関節包・靱帯障害

Ⅲ型:関節円盤障害

Ⅳ型:変形性関節症

Ⅴ型:Ⅰ~Ⅳ型に該当せず顎関節に異常がある心身的なものも最近注目されています。
原因は色々あります

歯ぎしりや食いしばることや片方だけで物を噛んでしまう癖・ストレス(最近これがかなり増えています)・噛み合わせが悪くなってしまっている・なんと寝違えでもなってしまうことがあります。そのほかにも歯の治療で口を大きく開けすぎてしまって、顎を強く打って関節や靭帯、筋肉を傷めてしまうこともあるんですよ。

症状

1.代表的な症状
・顎が痛い
・口が開かない(開口障害)
・顎が鳴る(関節雑音)

*雑音には「ゴリゴリ」という低い音や「カクンッ」という弾くような音があります。

2.その他の症状
・耳の痛み、耳閉感、難聴、耳鳴りなどの耳の症状
・めまい、眼精疲労、充血などの眼の症状
・頭痛、首や肩・背中の痛みなどの症状

治療法

1.スプリント療法
スプリントという歯の列を覆う装具を装着することで顎関節や筋肉への負担を軽くする。

2.物理療法
痛みの軽減のために患部を温めたり冷やしたりする。

3.運動療法
口を開きやすくする訓練。

4.薬物療法
痛みどめや筋肉を弛緩させる薬なども用いられます

5.認知行動療法
顎関節症の原因になる癖や生活習慣などの悪習慣を本人に自覚させ取り除く。

6.マッサージ、整体、矯正、鍼治療
マッサージや鍼などで顎の周りの筋肉をほぐしたり関節を動かしていく

なかなか治療法が確立してはいないのですが、当院で顎の治療もおこなっていてかなり成績がよいのでお困りの方は相談してみてくださいね♪

予防法

・歯を食いしばらない

・硬い食べ物を控える

・口を大きく開けない

・うつ伏せで寝ない

・顎の運動をする

・なるべくストレスをためない

など。

こういったような予防するだけでも顎関節症になりにくくなりますよ!また、痛みがあるひとでも痛みが軽減しますので実践してみてください

猫背ってなんですか?

2013.02.01 | Category: 健康情報

成人の身体の背骨は真っ直ぐではありません。生理的といわれるゆるいカーブがあります。

実は生まれた時カーブが無いんです、成長をしていくと背骨はカーブを持ち始め、首が前に背中が後ろに腰が前にカーブして曲がっていきます。これにより特に頭の重さの負担を分散したり吸収してくれます。
これにより二本足で均等に歩くことができるのです。
背中の丸みが強い状態でとくに生理的な背中のカーブよりも大きくなったものを猫背といいます。
見た目も悪い印象をもたれがちなので、特に女性には悩みの種です。
背中のカーブの位置の違いによって首猫背と猫背といい方が変わります。
当院では猫背治療も行っております。

当院情報

アクセス

はればれ鍼灸整骨院・整体院の入り口
院名 はればれ鍼灸院整骨院・整体院
住所 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-8-4 クレストI 1F
TEL 03-5658-4976
アクセス 都営新宿線 船堀駅より徒歩2分
受付時間 9:00~13:00 16:00~20:30
休診日 日曜・祝日

診療日・診療時間

受付時間
9:00~13:00 9:00~15:00
16:00~20:30

休日:日曜・祝祭日

ご予約・お問い合わせはこちら
24時間365日!ネット予約受付中!