TEL

ホーム > Blog記事一覧 > 2014 3月の記事一覧

花粉症の根本対策

2014.03.28 | Category: 健康情報

最近増加傾向が著しいとされている花粉症。
今年は例年よりも花粉が飛散する量が少ないと言われていますが、花粉症についてお話したいと思います。
花粉症とは、㈵型アレルギーに分類され、
花粉の飛散時期に関係して症状が起こる季節型のアレルギーです。
「古草熱(こそうねつ)」ともいいます。
人口の約30%の人がこの病気に罹っており、国民病とも呼ばれています。

1960年代のブタクサ花粉症が始まりで、当初の報告以来50年が経ちます、そのころから100万倍、2000万人を超える人が花粉症となっています。

骨盤の歪みチェック方法

2014.03.25 | Category: 骨盤矯正

出産後に太ってしまったママさん、骨盤の歪みや開きすぎが原因かもしれません。
そこで自分でチェックして歪んでいるか確かめてみましょう。

骨盤の歪みを体を動かしてチェックするやり方をご紹介します。

●仰向けで寝てください。次に全身の力を抜いて、リラックスして両腕を体のわきに置きます
そして膝を伸ばした状態で片足ずつ上げていき、90度くらいまでやってください。
どちらか動かしにくい方をチェックしてください。
※痛みが伴う場合はやめてください。

●これも仰向けで寝てください。どちらか片方の手をを斜め上に伸ばし、同側の足を反対側に伸ばし
対角線になるようにします。逆側も動きにくい方をチェックです。
※体がひねられるイメージで手と足が直線になるようにする

●うつ伏せで寝てください。その状態でリラックスして、両手を組んで顎下に置いてください。
そして片足ずつ膝を曲げて、お尻にくっつけるようにしてみて下さい
これもどちらか動かしにくい方をチェックしてください。

以上の動作で、動きずらい方に骨盤が歪んでいることが多いです。

動きずらい方を意識してストレッチしたりよく動かしたりすると骨盤の歪みが解消でき、
産後太りも改善できる可能性が高まります。

それでもなかなか難しい場合は当院にご相談くださいね〜

子育ては適度に

2014.03.13 | Category: 産後

お子さんがいらっしゃるママさんは子育て大変ですね。。。私も2歳の子供がいるので大変です。
最近頑張らない子育てや手抜きの子育てというワードが流行っているようです
確かに頑張りすぎたり、一生懸命になりすぎると疲れ切ってしまいます。
けれども、手抜きのし過ぎは禁物です。
子どもの面倒を見るのが大変だからと、
子供を車に置き去りにしたままパチンコや買い物に出かけたりするのは危険です。
よくニュースで子供を放置して死亡してしまうことが報道されていますね。
子育ては適度に頑張るというスタンスでやってみてください。
例えば旦那さんに頼んだり、親に頼んだりして息抜きをする時間を確保してみてくださいね〜

スポーツのし過ぎで貧血?

2014.03.12 | Category: スポーツ障害

貧血とは赤血球かヘモグロビンの量が少ない状態のことをいいます。
呼吸をしても酸素不足に陥ってしまいます。
赤血球が少ないと酸素が十分に届かないので体が疲れやすくなってしまいます。
他にも赤血球の異常は体に色々な影響を及ぼします。
原因はさまざまです。(赤血球が少ないと鉄分、
ビタミンB12の不足、骨髄の再生の低下、
意外ですがスポーツをし過ぎても赤血球が壊れて貧血となってしまうこともあります。
過度のスポーツは気を付けてくださいね。)
貧血の症状は鉄分が足りていないケースが多いので、
鉄分の含まれた食べ物をしっかり食べてくださいね〜

転倒予防に筋肉を鍛えましょう

2014.03.11 | Category: その他

二足直立歩行の私たちは不安定で足や腰の負担にさらされ、
痛みが出やすい傾向にあります。足や腰が辛くなると、身体を動かすのも億劫になりがちで筋力が落ちやすくなります。
筋力が低下してくると転倒するリスクが大きくなります。
転倒により骨折という事態も出てくることがあり、お年寄りが足の骨を折った場合は寝たきりとなってしまうことがあります。
前に倒れるときは筋力の低下によるもので、後ろに倒れるときはバランス能力が低下したときに起こると言われています。
高齢者のバランス能力は健康な大人の30%程度といわれています。
バランス能力が低いために転倒する可能性が高いです。こうならない為にはバランス力と筋力をあげることが必要です。
筋肉には赤筋(遅筋ともいわれ持久力に関係する筋肉で、疲れから転倒することに関わります)と
白筋(速筋ともいわれ瞬発力に関係する筋肉で、よろけたりするときに関わります)の二種類があります。
転ばないようにするには両方の筋肉の強化が必要となります。
筋トレは地道な努力が必要ですが頑張って筋肉を鍛えてみてくださいね~

腰痛予防アドバイス

2014.03.05 | Category: 未分類

荷物を持ち上げる時、お子さんを抱き上げる際、などに膝を伸ばしたまま、
腰だけを屈めて行っていると、腰を痛める原因となります。
まっすぐに立った姿勢から45度くらいおじぎをした位置で
ぎっくり腰など痛めることが多いです。
腰は屈めないで膝をしっかり曲げてしゃがむことにより、
腰痛のリスクを軽減出来ます。
また、膝を曲げると太ももの横にある靭帯の作用により、骨盤が保護されますよ~

当院情報

アクセス

はればれ鍼灸整骨院・整体院の入り口
院名 はればれ鍼灸院整骨院・整体院
住所 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-8-4 クレストI 1F
TEL 03-5658-4976
アクセス 都営新宿線 船堀駅より徒歩2分
受付時間 9:00~13:00 16:00~20:30
休診日 日曜・祝日

診療日・診療時間

受付時間
9:00~13:00 9:00~15:00
16:00~20:30

休日:日曜・祝祭日

ご予約・お問い合わせはこちら
24時間365日!ネット予約受付中!