TEL

症例(肩こり)

症例

症例6 骨盤の歪みからくる肩こり
・患者
30代女性 / 会社員 / 江戸川区北葛西在住

・症状
片方に体重をかけると骨盤まわりに嫌な感じがする。
慢性的にこっていたが、最近首から肩上部にかけて張っている。
ひどいと後頭部や側頭部に頭痛あり。
体が歪んでいる気がするので矯正をしたい。
片方に体重かけると、かけた側の主に腰方形筋や多裂筋、臀部にズーンとした痛みやだるさ出現。
首から肩にかけては肩甲挙筋、僧帽筋の緊張が強い。
肩と骨盤は左側が右より下がっていた。

・経過と施術内容
肩甲骨や骨盤の歪みを改善するために首肩骨盤矯正を実施。
首肩は筋緊張が強かったため、矯正に合わせてメディカル整体も行う。
仕事で座っていることが多い坐骨も影響しているのではないかと考え、
活法の坐骨切りを取り入れた。
施術後、デスクワーク時の姿勢を確認。骨盤が後傾していたため仙骨を立てて座るよう指導。
一週間後、二回目の来院時には首から肩上部にかけての張りは軽減されていた。
椅子の座り方や足を組まないように心がけていたため、
前回の施術後から骨盤まわりの嫌な感じはなかった。
しかし、まだ骨盤の歪みはあったため引き続き首肩骨盤の矯正と前回同様の手技を実施。
三回目の来院時には、首肩の張りは気にならない程になっていた。
骨盤の左側への歪みも改善されていたようだが、
また歪みが起きないよう今後も骨盤矯正を行うよう説明。
本人曰く、以前に比べ両足のむくみが改善されているとのこと。

・考察
今回の骨盤まわりの嫌な感じや首肩の張りは、骨盤の歪みが深く関与していたと考えられる。
デスクワーク時の足を組んだりなどの姿勢が骨盤の歪みを生み、
下半身の緊張および血行不良を引き起こす。
その結果、骨盤まわりの嫌な感じや肩こりを助長し首から肩にかけての強い張りが出現した。
坐骨切りや骨盤矯正で両足のむくみも改善されたことが
歪みによる下半身の緊張と血行不良が原因だということを表している。

・使用した主な技、ツボ
肩甲骨の導引、坐骨切り


症例5 仕事のストレスと姿勢での肩こり
・患者
30代女性 / ネイリスト / 江戸川区松江在住

・症状
友人が肩が辛く6年ぶりに来院し、楽になった話を受けて自分も以前行ったことがあり、
また行ってみようと友人と来院。
仕事柄屈むことが多く、肩背部に負担が常にかかる。
接客で常に気を使うこともあり精神的な負担も多い。

・経過と施術内容
緊張や歪みがかなり強く、体の歪みを整える矯正、筋肉の緊張を寛解するメディカルマッサージを行った。
筋緊張や歪みを解消する施術では納得できず、
更に深い原因があるのでは?と、足と手のツボの寛解をすると、
「体がスーッとした」と笑顔がでた。
仕事柄体を酷使するので定期的に通っている。

・考察
精神的な負担も体にかなり影響してこじれた状態であった。筋緊張や歪みを解消するのみでは難しい症例であった。
体を全体的に診ること、患者さんの話を聞いて奥にある本当の原因を推測しなければいけないと再認識した。

・使用した主な技、ツボ
平泳ぎ、太衝


症例4 原因不明の肩こり
・患者
50代女性 / 保育士 / 江戸川区船堀在住

・症状
肩がずっと凝っていて、原因は分からないとのこと
リラクゼーションより効果があるかもと、通りすがりで気になっていて来院。

・経過と施術内容
状態をみると歪みがあり、歪みからもコリにつながっている可能性を説明し、
メディカル整体と矯正を施術。
施術後「すごく楽になった」と満足していただく。
以後、職業柄コリが生じやすく、定期的に通っており、
先日息子さんを紹介していただいた。

・考察
歪みとコリによる肩こりであった
長い間の歪みがコリを増強してしまったのであろう。

・使用した主な技、ツボ
坐骨切り、肩まわし


症例3 自転車で転倒した後に肩こり
・患者
30代女性 / OL / 江戸川区西小松川在住

・症状
1年前に自転車で転倒し首を捻ってから肩のこりを覚えるようになる。
友人の紹介で来院。


・経過と施術内容
首と肩の施術に加え、本人の要望で骨盤矯正も加える。
骨盤の歪みもかなりみられ、首や肩に影響を及ぼしている可能性も示唆する。
施術後症状が和らいだが、起き上がり時にふわふわするということで、
めまいの鍼も加えると収まった。
以後、定期的に通院し経過は良好。

・考察
転倒した際に強く首を捻り三半規管にも影響が及んだようである。
三半規管の症状も首や肩のコリが深く関与し、関係する場所に鍼をすることで改善することがよくある。

・使用した主な技、ツボ
平泳ぎ、水泉


症例2 長いデスクワークでの肩こり
・患者
20代男性 / OL / 江戸川区松江在住

・症状
社会人になった頃から違和感を覚え常に誰かに肩を掴まれている感覚があり、 デスクワーク終了後に症状が憎悪する。ネットで調べ通いやすそうなので来院。


・経過と施術内容
メディカル整体と首肩矯正で施術。
首肩肩甲骨周りの筋緊張の寛解と肩甲骨と首の歪みを整えると症状が半減した。
施術回数を重ねるごとに症状が改善し、4回目でほぼ症状が消失
現在は月に1回のメンテナンスで通っている。

・考察
社会人になり生活が変わり本来の肩甲骨の動きが出ていない状態であった。
ストレッチや生活指導をアドバイスし経過は良好である。

・使用した主な技
肩まわし、肩のこり抜き


症例1 デスクワークによる肩こり
・患者
20代男性 / 会社員 / 江戸川区船堀在住

・症状
両肩・首の凝り、張り感


・経過と施術内容

デスクワークで肩がつらく、ひどい時には気持ち悪さと頭痛が起こり仕事にならない時もある。
普通のマッサージではあまり効果が感じられないとのことで、当院のホーム―ページで
色々なことが出来そうなので来院したとのこと。
ほぐす施術以外に活法整体で肩のコリのみならず、腕や坐骨の調整をした所、
肩甲骨の動きが出来るようになり、かなり楽になったとのことで喜んで頂く。
以来定期的に通っている。

ご予約・お問い合わせはこちら

当院情報

アクセス

はればれ鍼灸整骨院・整体院の入り口
院名 はればれ鍼灸院整骨院・整体院
住所 〒134-0091 東京都江戸川区船堀4-8-4 クレストI 1F
TEL 03-5658-4976
アクセス 都営新宿線 船堀駅より徒歩2分
受付時間 9:00~13:00 16:00~20:30
休診日 日曜・祝日

診療日・診療時間

受付時間
9:00~13:00 9:00~15:00
16:00~20:30

休日:日曜・祝祭日

ご予約・お問い合わせはこちら
24時間365日!ネット予約受付中!