【猫背改善】猫背のリスクを高める生活習慣チェック②

2021年12月21日

猫背のリスクを高める生活習慣チェックとは?②

5.椅子に座る時、すぐに背もたれに寄りかかる

良い姿勢の人は、椅子に座った時に、背中に背もたれがつきません。

反対に、猫背の人は、背中が丸まっていることで、座った時に背もたれと背中の距離が近くなり、どうしても背もたれに寄りかかってしまいがちです。

そして、背もたれに寄りかかった姿勢を長く続けることで、姿勢はますます悪くなるという悪循環が起こります。

椅子に座るとすぐに背もたれに寄りかかりたくなってしまう、背もたれによりかからないと疲れるという人は、良い姿勢を支える筋力が低下している可能性が高い人です。

6.椅子に座った時、足を組む癖がある

足を組む癖は、骨盤をゆがませて、姿勢が崩れるリスクを高めます。

また、猫背というだけでも、内臓は常に圧迫されているのに、足を組んで座ることで、その状況はさらに悪化します。

7.体育座りや横座りをよくする

両足を手で抱えるようにして座る体育座りや、正座を崩して左右どちらかに足を流す横座りも、実は猫背のリスクを高める座り方です。

体育座りでは、自然と背中が丸まるため、体育座りを長く続けると、背骨のS字カーブがどんどん失われてしまいます。

また、猫背の人は体育座りをすると楽です。

体育座りや横座りも、足を組む癖と同じく、骨盤が倒れたりゆがんだりする原因となりやすい座り方なので、できるだけ避けた方が良いでしょう。

8.読書や書きものの時に、顔が物に近付いてしまう

机に向かい、椅子に座って本を読んでいる時や、ノートに書きものをしている時などに、気が付くと本やノートと目(顔)との距離が近付いてしまっていませんか?

猫背の人は、座っていると段々と前のめりの姿勢がひどくなっていく傾向があり、これは姿勢だけでなく、目にも当然良くありません。

ノートに顔を近付けると、視野が狭くなって視力の低下を招くだけでなく、文字の書きにくさにもつながります。

背筋を伸ばし、本やノートとの距離を離した方が、実は見やすいし書きやすいのです。

読む時間や書く時間が長くなればなるほど、姿勢が崩れやすくなるので、合間に休憩を挟んで姿勢を整えること、物と目との距離感を見直すことなどがとても大切です。

矯正各種(猫背矯正)について

お得なキャンペーンで試してみたい方

猫背と美姿勢、ダイエットを本格的に考えている方はこちら

セルフケアはこちら

セルフケア&改善ブログ一覧

●院長考案、猫背改善100均セルフケア!船堀発祥のゴムハンマー整体

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善①腰ひねり編

ゴムハンマー整体®︎猫背改善②猫のポーズ

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善③肩甲骨周り編

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善④頭首肩編

ゴムハンマー整体でわからないことがありましたら当院にお気軽にご相談ください。

●院長セルフケア本など

いざというときの損をしない交通事故治療 Kindle版
カラダを1日たった5分で治す本 Kindle版
体のゆがみの9割は自分で治せる

当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

猫背と美姿勢、ダイエットを本格的に考えている方はこちら

猫背と美姿勢をさらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体EMS、パーソナルトレーニング、ダイエットメンタルケア栄養アドバイスなどがございます。※交通事故でお困りの方はコチラ ※当院で働いてみたい方はコチラ

医師・歯科医師なども推薦!

【船堀のはればれ鍼灸整骨院の5つのメリットとは?】