送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

首痛改善:テニスボールを使ってストレートネックを治す① | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み,健康情報 > 首痛改善:テニスボールを使ってストレートネックを治す①

首痛改善:テニスボールを使ってストレートネックを治す①

2019.07.05 | Category: ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み,健康情報

テニスボールを使ってストレートネックを治す①

 

ストレートネックを改善するストレッチとして、テニスボールを使ったやり方があります。

 

2個のテニスボールがあれば簡単にでき、とても効果のあるものなので、ぜひテニスボールを用意して実践してみていただきたいと思います!

 

 

 

まずはテニスボールを2個用意し、ガムテープなどを使って前後左右にずれないように2つをしっかりと固定しておいてください。

 

この2個をつなげたテニスボールが、ストレートネックを改善するのにとても役立ちます。

 

 

 

 

 

【テニスボールを使ったストレッチ】

1、後頭部と首の境目の辺りを触って、骨(後頭骨)の出っ張った部分を探す。出っ張りのすぐ下の柔らかくくぼんだ部分が、頭と首の境目の位置になる。

2、両方のくぼみに2個つなげたテニスボールが当たるように調整する。

3、くぼみにテニスボールを当てたまま、仰向けに寝転がる。この時、厚さ2センチメートルほどの本をテニスボールの真下にくるよう重ならないように置くと、本がストッパーの役割を果たして寝転がりやすくなる。

4、後頭部をテニスボールに引っかけたまま少しだけ体を下方向に落とし、テニスボールから受ける圧力が斜め上(おでこの上の方)にかかるような位置で制止するのがポイント。

5、リラックスして1~2分キープする。

 

 

 

頭の重みを預けた時に、テニスボールが当たっている部分が「痛気持ちいい」と思える位置を探しましょう。

 

終わった後は頭がすっきりして、肩や首が軽くなったように感じる人も多いと思います。

 

 

 

このテニスボールを使ったストレッチで、頭と首の境目の関節がさかんに刺激されます。

 

継続しているうちにこの関節が適度に緩みはじめ、だんだんと首の骨(頸椎)全体がしなやかさを取り戻し、頭の重みを逃がせるようになってきます。

 

これがストレートネックの改善につながるのです。

 

 

 

 

 

ただし、こちらはあご押し体操と違ってやりすぎは禁物です。

 

1日1~2回、多くても3回までとしてください。

 

 

 

寝室に2個つなげたテニスボールを置いておき、朝の起床時と夜の就寝時に行うように習慣づけると良いと思います。

 

また、このストレッチを行う時は布団の上のように柔らかい場所では効果が半減してしまいますので、必ず硬い床の上に寝転がるようにしてくださいね!