送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

【首こり改善】不定愁訴の原因が首こりにあるという可能性 | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 上半身の痛み,健康情報 > 【首こり改善】不定愁訴の原因が首こりにあるという可能性

【首こり改善】不定愁訴の原因が首こりにあるという可能性

2019.11.27 | Category: 上半身の痛み,健康情報

不定愁訴の原因って首こりから?

首こりは全身の様々な不調につながる恐れがあるということを説明しましたが、最近この首こりが、不定愁訴(ふていしゅうそ)の原因の一つとなっている可能性があると言われることが増えてきています。

不定愁訴とは、体調が悪いという自覚症状を訴えるものの、検査などをしてもはっきりとした原因となる病気が見付からない状態のことを言います。

例えば、頭が重い、体がだるい、イライラする、疲れがとれない、眠れないなどの症状に悩まされてはいるものの、検査や診察を受けてもこれといった体の異常が見付からず、原因が分からないため症状が思うように改善しないというケースです。

不定愁訴は自律神経失調症と診断されることも多く、長い間症状が改善されないことに悩む人も非常に多くいます。

根本的な原因は?

この不定愁訴の原因として、首こりが根本的な問題となっている場合は少なくないと言われています。

つまり、今まではっきりとした原因が分からずに悩んでいた痛みや身体の不調が、首こりを治すことで改善されていく可能性があるということです。

それほど首は身体の様々な部位と深く関わっている重要な部分なのです。

首こりが不定愁訴の原因と考えられるようになったのは、首のこりと自律神経の働きに大きな関りがあることが明らかになってきたことが一つの要因でしょう。

具体的なメカニズムは?

首の筋肉が緊張して硬くなると、脳への血流の低下を招きます。

これにより、自律神経の中枢である脳幹や間脳の機能低下を引き起こす恐れがあります。

脳へ血液が十分に送られない状態が続くと、2種類の自律神経である交感神経(活動する神経)と副交感神経(休む神経)の切り替えがスムーズにできなくなり、必要以上に交感神経が優位な時間が増えて心身の緊張状態が長く続くことになったり、副交感神経が働かなくなって回復力が低下した状態が続くということが起こります。

不定愁訴と自律神経の関係は?

このことからも、不定愁訴は自律神経失調症と言われることが多いことにもつながっています。

首こりは自律神経のバランスの乱れを起こしている原因になりやすいため、首こりの解消は自律神経の乱れの解消に、そして不定愁訴の解消にもつながっていくという考え方です。

今まで首のこりなんてあまり意識したことがなかった人も、長年悩んでいる体の不調の改善のきっかけが首こりにあるかもしれません。

一度自分の首の状態について、丁寧に見直したりケアしたりする時間をつくってみてはいかがでしょうか。