送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

【首こり改善】首こりを予防する生活習慣 ⑤上手にストレスを発散する | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > セルフケア,上半身の痛み,健康情報 > 【首こり改善】首こりを予防する生活習慣 ⑤上手にストレスを発散する

【首こり改善】首こりを予防する生活習慣 ⑤上手にストレスを発散する

2020.02.13 | Category: セルフケア,上半身の痛み,健康情報

首こりを予防するストレスの発散の仕方とは?

毎日の生活の中で、ほとんどの人が感じているストレスの存在は、首のこりや不調にも大きな影響を与えます。

ストレスの感じ方は人によって大きく異なり、同じ出来事でもそれをストレスと感じる人もいれば、全く気にならない人もいます。

また、いつもはストレスにならないような些細なことでも、自分の体調や精神状態などのコンディションによっては大きなストレスに感じてしまうこともあります。

ストレスってどんなの?

「ストレス」と一言で言っても、その形や種類は本当に様々なのです。

私たちが肉体的や精神的なストレスを感じると、2種類の自律神経である交感神経と副交感神経のバランスに乱れが生じます。

例えば仕事中に大きなストレスを受けると、交感神経が優位になって心身共に緊張しやすい状態になります。

緊張することで体に力が入り、首周辺の筋肉も緊張して硬くなってしまいます。

すぐにこの緊張状態が解消されれば、筋肉の緊張も解消されるのであまり問題はありません。

しかし、仕事が終わっても、家に帰っても、寝る時も、翌日起きてからも、ずっとこのストレスを抱えたまま不安な気持ちから抜け出せないでいると、副交感神経が働かなければいけない時間も交感神経が優位な状態が続き、緊張状態が長い時間継続されてしまうことになります。

自分では体に力を入れているつもりはなくても、筋肉は長時間緊張し続けて硬くなったままの状態が続いてしまうのです。

ストレスが続いてしまうと?

そうなるともちろん、首周辺の筋肉もどんどん硬くなって、こりの症状として現れるようになります。

ストレスを抱えたままの状態では、体を休めているつもりでも実は緊張状態がずっと続いていて、本当の意味で休まることができていない可能性があるのです。

ストレスは筋肉を緊張させて硬くする大きな原因となります。

もちろんストレスを受けないように生活ができればそれが1番良いのですが、やはりなかなかそうもいかないことの方が多いでしょう。

そこで大切なのは、ストレスを受けないようにすることよりも、受けたストレスをどう発散させていくかということです。

解消法は?

無心になれるような趣味の時間をつくったり、美味しいものを食べたり、気分転換に外を散歩したり、体を思いっきり動かして汗をかいたり、ゆっくりお風呂に入ったり、好きな音楽を聴いたり…。

あまりマイナスにばかり考えず、なんとかなる、次があるという前向きな思考も大切です。

ストレスを上手に発散させることができる人は、首のこりが慢性化しにくい人と言えるでしょう。

ストレスと上手く付き合っていくことは、首のこりの予防をはじめ、健康的な毎日を送るうえで改めて重要なことだと思います。

力が入りっぱなしで硬くなった筋肉をなるべく早めに解放できるよう、自分なりにストレス発散の方法を見付けてみてください!