送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

【首こり改善】寝違えた時の首のマッサージは注意が必要! | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み > 【首こり改善】寝違えた時の首のマッサージは注意が必要!

【首こり改善】寝違えた時の首のマッサージは注意が必要!

2020.03.15 | Category: ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み

首を寝違えた時にマッサージしていいの?

これから首こり解消に効果の期待できるマッサージやストレッチなどの具体的な方法を紹介していこうと思いますが、気を付けなければならないのが、寝違えた時の首の痛みへの対処法です。

朝起きた時に首が痛くて動かない、寝違えてしまったという経験をしたことはありますか?

寝違えによる首の痛みは、首のこりとは別物として考えます。

寝違えた時に、一般の方が自己判断で、首のマッサージやストレッチを行うと、かえって症状を悪化させる危険性があります。

寝違えによる首の痛みに襲われた時は、基本的に「安静」が主な対処法になります。

というのも、寝違えとは寝ている間に無理な姿勢になることで首に負担がかかり、首の筋肉に一時的に筋肉痛のような症状が起こるものです。

首のこりによる痛みの場合は、蓄積された首への負担が筋肉を硬くして血行不良などを引き起こすことによるものなので、寝違えによる首の痛みとは仕組みが異なります。

寝違えはどういう状態?

寝違えは痛みのある部分に炎症が起きている状態なので、自己判断で揉んだり叩いたり、ストレッチなどで動かしたりして刺激を与えてしまうと、炎症はおさまるどころか悪化してしまう可能性があります。

例えば当院のようなプロの治療家が、症状をみながらマッサージやストレッチを行うのであれば、問題ありませんが、一般の方が自己判断で実施するのは危険性があるので控えることをオススメします。

さらに、首のこりには首を冷やさない、温めるというのが効果的ですが、寝違えた首を温めるのは一般的にはNGです。が、温めた方が良い場合もあります。

寝違えた時、首の痛みは筋肉の炎症による場合がほとんどです。

筋肉痛にアイシングを行うのと同様に、寝違えた時には首の痛みがある部分を冷やすことで、筋肉の炎症をしずめる効果が期待できます。

一般的な対処法は?

一般的には首こりは温める、寝違えによる首の痛みは冷やす、と対処法が真逆なので、しっかりと覚えておきましょう。

首が痛いからといって温めて血行を促進させてしまうと、筋肉の炎症が悪化して痛みが増してしまうことになりかねません。しかし、よくなるケースもあります。

寝違えによる首の痛みは、急に首が動かなくなったり、激しい痛みに襲われるという場合がほとんどです。

こりによる首の痛みの場合は、一夜にして突然首が回らなくなったり、寝る前は何ともなかったのに起きたら急に首に激痛が走るということはあまりありません。

寝違えに対しての首の痛みに対しては、自己判断でマッサージやストレッチをするのはやめて、信頼できる治療家の方に相談することをオススメします。