送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

肩こり改善:座ったままでもできる肩の運動 | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 上半身の痛みの記事一覧

肩こり改善:座ったままでもできる肩の運動

2019.02.17 | Category: セルフケア,上半身の痛み

肩の位置を正しい位置に戻す運動で、今まで前に突き出していた肩の位置が後ろに移動し、正しい位置でしっかりとキープされるようになってきます。

 

猫背気味だった人も、肩の位置を正すことで背筋が伸びて真っすぐな姿勢へと改善されます。

 

 

 

 

 

次に、肩を柔軟にする運動へと進みます。

 

肩の筋肉をほぐして肩まわりを柔らかくすることで、こりや痛みの解消につながります。

 

 

 

肩の柔軟性を上げるためには、脇の下の筋肉を伸ばすことが大切です。

 

脇の下のストレッチを行い、肩のまわりを全体的に緩めていきましょう。

 

 

 

 

 

【脇の下のストレッチ】

1、立った状態または椅子に座った状態で背筋を伸ばし、右腕を真上に上げてからひじを曲げる。手が頭の後ろに来るようにする。

2、左手で右のひじを持ち、左側にぐっと引っ張る。脇の下の筋肉がしっかり伸びて気持ち良いと感じるところまで伸ばす。

3、そのまま20秒間キープし、ゆっくりもとに戻す。

4、反対側も同じように行い、これを3~5回繰り返す。

 

 

 

普段あまり伸ばすことのない筋肉なので、1日1回行うだけでも効果が期待できます。

 

最初のうちは体勢がきついと感じる場合は、ひじではなく手首を持って引っ張っても良いでしょう。

 

肩の柔軟性が上がればすぐに、楽にできるようになります。

 

 

 

 

 

続いて、背中の下の方の筋肉(僧帽筋下部線維)を鍛える運動を加えます。

 

背中の下の筋肉を鍛えると、肩をスムーズに動かせるようになります。

 

 

 

 

 

【背中の下のエクササイズ】

1、立った状態または座った状態で背筋を伸ばし、両手を上に上げてひじを曲げる。曲げたひじが自分の肩の高さにくるように調整する。

2、ひじの高さを保ったまま胸を張るように前に出す。肩甲骨を後ろななめ下方向に引くイメージで行う。

3、しっかり胸を張った状態で5秒間キープし、ゆっくりもとに戻す。

4、これを5~10回繰り返す。

 

 

 

ポイントは、胸を張る時にひじが下がらないようにすることです。

 

また、肩に力が入って肩が上がってしまわないように注意してください。

 

 

 

 

 

肩の柔軟性を高めてから背中の下の筋肉を鍛えることで、肩こりや肩の痛みの解消だけでなく、予防にもなります。

 

仕事の合間に座ったままでもできる動きなので、特に長時間座ってパソコン作業などの時間が長い人は、ぜひ取り入れてほしい運動です。

 

一度行うだけでもリフレッシュでき、続けることでどんどん肩が軽くなっていくでしょう!

肩こり改善:肩の位置を正しい位置に戻す!

2019.01.10 | Category: ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み,健康情報

肩こりや肩の痛みを解消する方法として、まず、ゆがんだ肩の位置を正しい位置に戻す必要があります。

 

そのために、硬くなった胸の筋肉(大胸筋)を緩めることから始めます。

 

大胸筋は日常生活でもよく使われる筋肉なので、知らず知らずのうちに疲れて硬くなってしまっていることが多い部分です。

 

肩を正しい位置に戻すために、しっかりと大胸筋を緩めましょう。

 

 

 

【大胸筋のストレッチ】

1、足を軽く開いて、壁に垂直になるように真っすぐに立つ。

2、ひじを軽く曲げて手を挙げ、手の平を壁に当てる。この時、ひじと中指が一直線になるように手の向きに注意する。

3、肩の力を抜いてリラックスしながら、上半身を壁と反対側にひねる。胸の前面の筋肉が伸びて気持ちの良いところまでひねる。

4、そのまま20秒間キープし、反対側も同じように行う。

 

 

 

慣れてきたら、壁に手をつく位置を高めや低めにしてみましょう。

 

そうすることで大胸筋が全体的に伸ばされ、より柔らかくなります。

 

ひじを真っすぐ突っ張ったり、肩に力が入って肩が上がってしまわないようにしてください。

 

 

 

 

 

大胸筋を緩めたら、次に背中の筋肉(菱形筋)を鍛えます。

 

菱形筋(りょうけいきん)がだらんと伸びきってしまったままでは、肩を正しい位置にキープできません。

 

背中の筋肉を鍛えると、自然と背筋が伸びるようにもなります。

 

 

 

【菱形筋のエクササイズ】

1、背筋を伸ばして気をつけの姿勢になる。腕の力は抜く。立っても椅子に座っても良い。

2、腕の力を抜いたまま胸を張る。この時、背中にある左右の肩甲骨を内側に寄せるイメージで行う。

3、胸を張ったまま5秒間キープし、力を抜いてもとに戻す。

4、5~10回繰り返す。

 

 

 

大切なのは、腕の力を抜いた状態で行うことです。

 

腕や肩に力が入り、肩が上がってしまうと、逆効果になってしまう場合があります。

 

力が入らないようにしながら、左右の肩甲骨を内側にぐっと寄せましょう。

 

普段あまり使わない背中の筋肉に効いてきます。

 

 

 

 

 

この2つの運動を続けると、肩の位置が正しい位置に戻ってきます。

 

肩を正しい位置に戻せたら、次のステップに進みましょう。

肩こり改善:肩こりになりやすい生活習慣

2018.12.13 | Category: セルフケア,上半身の痛み,健康情報

これまで、腰痛や膝の痛みに対するセルフケアについてお話してきましたが、次は肩の痛みについてです。

 

こちらも慢性的な痛みに悩んでいる人がとても多いのではないでしょうか。

 

肩なんてこって当たり前!仕方がないもの!と、諦めてしまっている人もたくさんいると思います。

 

 

 

でも、肩こりや肩の痛みもセルフケアを続けることで改善させることができます。

 

あまり肩がこっているという自覚がない人も、セルフケアを行ってみたら肩がスッキリ軽くなったと感じる場合も多いので、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

 

 

人間の頭は、全体重の約10分の1の重さがあると言われていて、その重い頭を支え続けている肩には、かなりの負担がかかっています。

 

体重が50キログラムの人で頭の重さが約5キログラム、つまり肩の上にボーリングの玉が乗っかっているようなものですから驚きですね。

 

 

 

常に負荷のかかり続けている肩の筋肉をそのままにしておくと、筋肉が硬くなって血管を圧迫し、血行が悪くなって肩こりや肩の痛みにつながります。

 

つまり肩こりは、誰でも当たり前に起こる不調だと言えます。

 

 

 

それを防ぐためには、セルフケアで肩の筋肉を鍛えたり、柔らかくするストレッチなどが必要です。

 

腰痛や膝の痛みと同じく、やはり肩も痛いからと言って動かさないでいると、ますます筋肉や関節が硬くなって症状の悪化につながってしまいます。

 

 

 

 

 

肩こりや肩の痛みに悩んでいる人は、まず自分の生活習慣を見直してみましょう。

 

 

 

普段、カバンを片方の肩ばかりにかけていませんか?

 

これは直接的な肩こりの原因になっている場合が多くあるので要注意です。

 

カバンを肩にかけずに手で持っている人でも、同じ方ばかりで持っていると同じように肩こりを引き起こす原因になります。

 

 

 

 

 

うつ伏せで寝るのを好む人にも、肩こりの症状が現れやすくなります。

 

また、自分に合った枕を使っていますか?

 

枕の高さが合っていないと、肩こりがいつまで経っても治りにくいままです。

 

枕を変えてみるだけで、肩の調子が良くなることは本当に多いので、一度自分に合った枕探しをしてみると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

他にも、姿勢のゆがみや長時間のパソコン作業などが肩こりの大きな原因になっています。

 

これは対処法を含めてもっと詳しく説明していきましょう。

腰痛改善:心因性の腰痛…ストレスと向き合って腰痛を解消!

2018.01.10 | Category: 上半身の痛み

実は、腰痛の原因の一つに「ストレス」が関係している場合があります。

心因性の腰痛は、慢性的な腰痛の悩みを抱えている人には珍しくない例です。

仕事の悩み、家庭の悩み、将来の不安など…様々なストレスが、あなたの腰痛の一因になってしまっているかもしれません。

特に、今まで紹介したセルフケアなどをいくら続けていても腰痛の症状が改善されない人は、心因性のことが原因である可能性が高いと言えるでしょう。

そんなストレスからくる腰痛の際は、もちろん腰痛の原因となっているストレスを取り除くのが1番の解決策です。

しかし、そう簡単になくならないストレスだからこそ、慢性腰痛として症状が出るほどになってしまっている…

ストレスに関する考えや行動を変えるというのは、なかなか難しいことです。

そこで、現状を変えられない事実は仕方がないこととしておいておき、自分の好きなことを行動に移すことで脳の「報酬系」を働かせ、腰痛の改善を目指すやり方があります。

脳の報酬系と呼ばれる快感を得る部位と、痛みを感じる部位は同じ場所にあります。

例えば好きな食べ物、好きな香り、好きな音楽、好きな場所などによって快感を得ると、同時に痛みの抑制につながるのです。

腰痛には、ストレス解消が効果的というわけです。

ストレス解消には、自分の好きなことをする。

山登りやゴルフが大好きだけど、腰痛を悪化させてしまうのではないか…。

こんな不安もあるかもしれませんが、何事も「やりすぎない」ように、自分に合ったペースで行うことが重要です。

前から述べている通り、慢性腰痛には安静ではなく運動などで動かして治すというのが基本です。

山登りもゴルフも、それがストレス解消につながるのであれば、腰痛持ちだからといってやってはいけないということはないのです!

好きなことと言っても、これといって何も思い浮かばない人には、散歩がおすすめです。

散歩はウォーキングを兼ねた運動効果もありますし、気分転換や自分のゆっくりとした時間をつくれてストレスが和らぐ効果が高い行為です。

1人で、友達と、愛犬と一緒になど、自分が楽しくできればどんなスタイルでも構いません。

散歩を習慣づけるだけで、ストレスが軽減され、腰の痛みも楽になっていくかもしれません。

ぜひ、自分のストレスと一度向き合い、そのストレスを少しでも解消できる方法を考えてみて下さい。

心因性の腰痛の場合は、ストレス解消が痛みの解消の近道になります!!

腰痛対策:腰の調子が悪い人へ

2016.05.26 | Category: ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み,下半身の痛み

腰痛、辛いですね。。。

日本人の8割以上が腰痛になったことがあると言われるくらい、

腰痛は多くの方が悩まされています。

 

腰は上半身と下半身をつないでいる位置にありますので、負担がかかりやすいということも言えます。

 

 

腰の調子が悪い方やまたすぐなりやすい方はこれからお話しすることを参考にしてみてください。

 

そのような方がやってはいけないことをお話します。

 

 

・頭を洗う時に前にかがむこと
…低いお風呂のイスは避け、シャワーを固定したり、
シャワーをもって前かがみのない姿勢で洗いましょう

 

 

・キッチンでの立ちっぱなし
…これも腰にかなり負担がかかります。
小さな台を利用して足を交互にのせて股関節の緊張を緩めましょう。
そうすることで背中の筋肉も伸ばされます。

 

 

・デスクワークなどでの座りっぱなし

…また立ちっぱなしも負担がかかりますが、座りっぱなしも負担がかかります。

お尻や足の筋肉が硬くなり、腰はお尻や足の動きとも連動していますので硬くなり動きが悪くなると、腰の動きも制限されて腰に負担がかかります。

 

 

・重いものを持ち上げる
…これもうっかりするとぎっくり腰になってしまうので
腰を屈めるのではなく、膝を落としてものを持ち上げましょう。

精神的な腰の痛み

2016.03.24 | Category: 上半身の痛み

最近ではストレスなどの精神的なものが腰の痛みと関連いることが判明しています。

身体の痛みをコントロールしているのが、脳にある側坐核という所で、

普通は痛み刺激があると脳の側坐核が抑えようと働きかけます。

それがストレス等の精神的なもので働きが悪くなると制御することがしきれなくなり、

痛みを数段感じてしまいます。

原因が全く分からない、画像診断などでも不明なものは脳の影響が考えられます。

●少しでも軽くさせるやり方をご紹介します

イス等に座り、足を肩幅くらいに開いて息を吐いてまま10秒ほど前屈みして戻ります。

次に首の後ろに指を組んで息を吐きながら10秒ほど後屈して戻ります。

これを5セット1分間くらいやってみましょう♪

腰の痛み

2016.03.14 | Category: 上半身の痛み

日本人の三分の一以上がなやんでいると言われる腰痛。

腰が痛い人の解消法をご紹介します。

●腰を反ると痛い

仰向けの状態で膝を抱えましょう。
これを30秒間5回やってみましょう。
腰を丸めることでいつも反って縮んでいる筋肉の緊張をとることが出来ます。
さいごに少し反って前と後ろの筋肉のバランスをとりましょう。

●腰をかがむ、前屈すると痛い

体全体を反る体制を適度にやりましょう。
片膝を抱えるストレッチを交互に30秒5回程度行いましょう。

●立つと腰が痛い

座った状態で足を開いて、上半身を前に倒します。
右や左にも倒すと更に効果的です。
これも30秒5回程度行いましょう。

●腰を捻ると痛い

まずは痛くない方に捻りましょう。
何回かやってみて痛みが和らいできたら痛い方向に
少しずつ捻って行きましょう。

くれぐれも無理はしないで下さいね〜

肩こり改善:肩こりについて

2015.05.25 | Category: セルフケア,上半身の痛み

今回はみなさんがご存知の肩こりについて述べていきます。

肩こりとは肩回りの筋肉が緊張し、血管が締め付けられ血行不全となり十分な酸素が届かないと乳酸が発生し神経を刺激し起こると言われます。

首の後ろから背中あたりに症状を覚えることが圧倒的に多いです。

 

原因は筋肉によるものが挙げられます、筋肉が疲れてくると肩こりになります。皆さん一度くらいはあるのではないでしょうか?例えば旅行で重い鞄を持ったときとか。。。

主に肩甲骨の動きが悪くなると言われており、それを覆う僧帽筋という筋肉の血行不良から引き起こされると言われます。

 

また、デスクワークなどで腕の疲れが出て腕の動きが悪くなっても起こります。

次に背骨です。背骨の動きが悪くなり衝撃が吸収されないと頭の重さが肩にダイレクトにかかり肩こりに。

座りっぱなしでお尻のコリや太もものコリも肩こりに関係してきます。

 

次は内臓です。内臓の病気があると肩がこることがあります。心臓(心筋梗塞、狭心症など)、胃腸(ストレス性胃腸炎、胃潰瘍など)、肝臓(肝硬変など)などが有名です。

ちなみに高血圧の方も肩が朝からパンパンに凝ります。

 

次にメンタルです。要するに心の問題や捉え方です。悩み過ぎたり、怒りっぽかったりすると肩こりにつながります。
肩こりが整体や姿勢の改善、食生活の改善、運動など、何をしても全く治らない場合はうつや悪性腫瘍が考えられます。

 

 

セルフケアのコツ
・こっている場所をぐいぐいやるよりも、手や肘周りのツボを刺激してあげると負担が少ないです。
・肩を真上にグーッと上げて3秒キープ、一気に脱力します。
・手を同側の肩に付けて肘を真横にしてぐるぐる回します。

 

セルフケアで肩こりを改善してみましょう!ゴムハンマーでトントンもいいですよ。

 

もしそれでも改善しないときはご相談くださいね(‘-‘*)

パソコン腱鞘炎に気をつけましょう

2015.01.15 | Category: セルフケア,上半身の痛み,健康情報

腱鞘炎とは腱の周囲を覆っている腱の鞘(さや)の炎症です。
常に同じ部分の使いすぎや血行不良などにより、腱と腱鞘の間に摩擦が生じることで起こります。
最近では”パソコン腱鞘炎”と呼ばれるパソコン操作が原因の腱鞘炎が増えています。

・腱鞘炎のサインが出たら要注意
腱鞘炎は「痛み」という症状が出るまでに、かなり長い期間を要します。この潜伏期間に顔を出すシグナルを見逃さないようにしましょう。

潜伏期間:少し動かしにくい、違和感を覚える、関節部分が固く感じる、などは腱鞘炎の危険を知らせるサイン。

初期症状:ちょっとした時や瞬間的に痛みを覚えるものの休むと回復、痛みはあるがどこが痛いのかハッキリわからない、など。

中期症状:痛みを感じる部分が明確になる、その部位を使うと痛み出す、など。

重度の症状:常に痛みがあり、日常生活や仕事にもかなり支障をきたしてしまう。

※パソコン腱鞘炎は指や手首だけでなく、肘・肩等にも発症するケースがあります。

 

 

・パソコン腱鞘炎の予防法・悪化させないためには

腱鞘炎は一度発症してしまうと治癒するのに時間がかかってしまい再発も起こしやすいため、違和感をおぼえたら早めにケアすることが大切です。
1:姿勢を正しく。机とイスは肘の角度が90度になるくらいの高さに調節しましょう。
2:1時間に最低1度は休憩して手首、腕、肩、肩甲骨にかけてストレッチや軽い体操(手をグーパーしたり、腕や肩を回すなど)をする。
3:マウスは小ぶりな方が腕や肩への負担が抑えられる。
4:マウスを握る手は、力を入れず軽く添える程度に。キーボードは強くたたかず軽いタッチで。
5:パソコン用肘掛けやマウスクッションなどを使用して手首や肘への負担をならべく減らす。
6:考え事をするときや画面を黙読中などはマウスやキーボードから一旦手を離す習慣をつける。

以上のことを心がけてつらい腱鞘炎にならないようにしましょう(*゚ー゚)v

交通事故をされた方へ

2015.01.09 | Category: しびれ・麻痺,ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み,下半身の痛み,交通事故施術・労災

当院は交通事故専門施術院として、むち打ち施術を得意としております。

 

他にも交通事故で腰や肩、腕のしびれ、足の痛み、足のしびれ、背中の痛みなど様々な痛みや張り、違和感を覚えている方の施術を行っております。

 

先日も自転車に乗っていて車に巻き込まれた方、タクシーに後ろから追突された方がみえました。

 

当品川接骨院グループでの事故お客様は1987年4月から通算2500人以上を超えており、皆様からの支持を得ております。

 

ただ電気やマッサージをするだけではなく、独自のバランス調整や整体をしておりますので、病院や他院ではよくならなかった症状も改善するケースが多く見られます。
また、状態を診てテーピングや置き針、場合によっては鍼などもしております。

 

提携している病院や弁護士、司法書士もおりますので様々な案件に対応できます。ご安心くださいませ。

 

施術をしながら早く改善して頂きたくストレッチや院長考案のゴムハンマー整体などのセルフケアもご案内しております。

 

是非一度お気軽にご相談下さい。

 

院長は交通事故で困っている方向けの「いざというときの損をしない交通事故治療」を出版しています。