送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

膝痛改善:膝の痛みがある人が運動の時に注意すること | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 下半身の痛みの記事一覧

膝痛改善:膝の痛みがある人が運動の時に注意すること

2018.11.27 | Category: ストレッチ,セルフケア,下半身の痛み

膝に痛みや不調がある人が、スポーツなどの運動を行う時に注意してほしい点がいくつかあります。

 

 

 

 

●ジョギング

 

走るという行為は、基本的には膝に負担がかかりやすい運動です。

 

ジョギングを行う際は、スピードを落として行うようにしてください。

 

ゆっくりめに走れば膝への負担も減らすことができますが、あまり長距離を走りすぎるのも膝のことを考えるとおすすめできません。

 

ジョギングはスピードを落とし、週に3日程度、走る距離も短めにして続けましょう。

 

 

 

 

●水泳

 

アクアビクスの良さも紹介しましたが、膝に不安を抱える人が避けたい泳ぎ方があります。

 

それは平泳ぎです。

 

カエル足をつくって強くキックする行為は、膝をねじって痛みなどの症状を悪化させる恐れがあります。

 

バタフライも運動強度が高すぎるので、しっかり泳ぎたい人はクロールや背泳ぎにしましょう。

※患者さんでバタフライすると調子が良いという方がいらっしゃいました。バタフライが得意な方で調子がよくなる方は無理をしない程度にやってみてください。

 

 

 

●山登り

 

近年登山ブームが続いていますが、山は険しいが多く、膝にはかなり大きな負担がかかります。

 

特に山道を下るのは、健康な膝の人でも膝に負荷のかかる行為です。

 

高低差が少ない山を選んだり、ロープウェイなどをうまく使えば山登りもできますが、膝に痛みのあるうちは、軽めのハイキングにとどめておくのが安心でしょう。

 

 

 

 

●ゴルフ

 

ゴルフは走ったりジャンプしたりすることが少ないスポーツです。

 

適度に歩いて足腰を鍛えるという面でも膝に優しいスポーツです。

 

ただし、アップダウンのきついコースでは膝への負担が大きくなりますので、ななるべく平坦なコースを選んだり、移動にカートを使うようにしましょう。

 

 

 

 

●ヨガ

 

ヨガは筋肉の緊張をほぐしたり、膝の関節を柔らかくするため、膝に不調のある人にも向いていると言えます。

 

呼吸を整え、精神面でリラックスできるというメリットもあります。

 

ただし、ポーズによっては膝の関節を深く曲げるものがあるので、痛みがある場合は無理のない範囲で行いましょう。

 

 

 

 

●テニス

 

最近人気のあるスポーツの一つがテニス。

 

テニスはとても運動量の多いスポーツで、ボールを拾うために猛ダッシュしたり急に止まったりと、膝への負担もかなりのものです。

 

膝の痛みがある人にはあまりおすすめできるスポーツではありません。

 

それでもテニスを行う際はハードコートを避け、芝生や弾力性のあるコートを選んで、膝への衝撃を和らげましょう。

 

 

 

 

 

膝が痛くても、無理せずできる運動はたくさんあります。

 

運動することで、筋力をアップさせて痛みの解消にもつながりますので、上手にスポーツとも付き合っていけると良いと思います!

もちろん運動後や前はストレッチやゴムハンマーなどで体を柔らかくするのを忘れずにしてくださいね。

膝痛改善:注目されているアクアビクス

2018.11.11 | Category: スポーツ外傷・障害,セルフケア,下半身の痛み

アクアビクスとは、水中で行うエアロビクス(有酸素運動)のことです。

 

水中ウォーキングもアクアビクスの一つで、腰痛持ちの人におすすめな運動方法としても紹介しましたが、膝の痛みに悩む人にも適している運動だと言えます。

 

 

 

最近アクアビクスの魅力は、健康を考える人を中心に大変注目されています。

 

一見激しい運動に見えないアクアビクスですが、水の抵抗・浮力・水圧・水温など、陸上にはない条件が多く揃っており、少しの運動でもエネルギー消費が大きくなります。

 

水中での有酸素運動は浮力によって体への負担が少なく故障が出にくい点や、水の抵抗を利用して運動量を調整できるのも魅力です。

 

例えば、水中でのジャンプは陸上で行う場合と比べて、膝への負担が10分の1程度で済むと言われています。

 

 

 

膝の痛みに悩む人がアクアビクスを行う場合、必ず温水プールで行うようにしてください。

 

冷たい水で行うと、膝を冷やして逆に膝の痛みを悪化させてしまう可能性があります。

 

温水プールでは温熱療法の効果も同時に期待できるので、膝に優しいセルフケアを行うことができます。

 

 

 

 

 

水中ウォーキング以外に、膝の痛みに悩む人に勧めたいアクアビクスを紹介していきます!

 

 

 

【水中スクワット】

  • 水深がおへそあたりのプールに入り、つま先をまっすぐ前に向けて、足を軽く開いて立つ。この時膝は曲げずに伸ばす。
  • 上体を真っすぐに保ったまま、膝を曲げて腰を落とす。水の圧力に負けてしまいそうな時は、膝やつま先を外側に向けながら上体を落とすとやりやすい。
  • ゆっくりと20~30回繰り返す。

 

 

 

陸上で行うスクワットで、どうしても膝への負担が気になるという人は、ぜひ水中でのスクワットを試してみてください。

 

膝への負担はほとんど感じることなく、簡単にスクワットができると思います。

 

 

 

 

 

【バタ足運動】

  • プールのふちに腕を伸ばしてつかまり、顔を水につけ、膝を伸ばして軽くバタ足をする。あまり強くバタ足すると、腰に負担がかかることがあるので注意する。
  • 息が続くまでバタ足を続け、苦しくなったらいったん立ってから呼吸する。
  • 5~10回ほど繰り返す。

 

 

 

顔を水につけるのが苦手な人は浮き輪を使い、足が底につかない深さのところで、膝を伸ばしたまま水中でバタ足運動をしてみましょう。

 

また、ビート板を使ってみるのも良いでしょう。

 

 

 

 

 

アクアビクスは短時間でも運動効果が高い分、疲れやすくもなります。

 

無理はせずに短い時間から始めて、慣れてきたら徐々に時間や運動量を増やすようにしましょう。

膝痛改善:階段の上り下りでは体重の○倍もの負担が!?

2018.10.16 | Category: セルフケア,下半身の痛み,健康情報

膝が痛い人にとって、最も辛い行為とも言えるのが階段の上り下りだと思います。

 

階段を上ったり下りたりする動作は、膝への負担がとても大きくかかります。

 

階段の上り下りでの膝の痛みは、お年寄りの方だけでなく若い方にも意外と多い症状です。

 

 

 

平坦な道を普通に歩くだけでも、膝には自分の体の2~3倍の負担がかかると言われていますが、これが階段の上り下りとなると体重の4~6倍もの負担になります。

 

膝が曲がった状態の時に体重が膝にかかると、痛みが強く出てしまいやすくなるので、痛い方の膝はあまり曲げないようにしながら階段を上り下りするのがコツです。

 

 

 

さらに、特に階段で注意したいのは下りの時です。

 

下りる時は体重のほとんどが膝にかかってくるので、膝への負担も最も大きくなります。

 

 

 

 

 

膝が痛い時の階段の下り方は、痛い方の足を先に1段下ろします。

 

その後痛くない方の足を1段下ろして両足をそろえながら下りていきます。

 

 

 

反対に、階段を上る時は痛くない方の足から1段上げます。

 

次に痛い方の足を1段上げて、両足をそろえながら上ります。

 

 

 

つまり、膝が痛い方の足は常に「下」にあるということになります。

 

こうすることで、痛い足は膝が伸びたままで、階段の上り下りができます。

 

 

 

 

 

手すりがある場合は、必ず手すりを使いましょう。

 

手すりにつかまるだけで、膝への負担をかなり軽減することができます。

 

手すりに体重をかけるようにしながら、階段を上り下りします。

 

 

 

手すりがない場合には、杖の使用も効果的です。

 

杖は、痛くない側の手に持つようにします。

 

そして痛い方の足と連動させるようにして杖を使います。

 

 

 

 

 

最初に、歩く時や階段の上り下りの際には自分の体重の何倍もの負担が膝にかかると説明しました。

 

つまり、自分の体重が重ければ重いほど、膝への負担も大きくなってくるわけです。

 

 

 

肥満が原因で膝の痛みに悩んでいる人はたくさんいます。

 

たった1キロや2キロでも、膝への負担に換算するとかなり大きな数字になってきてしまいます。

 

膝の痛みの改善には、ダイエットや体重管理なども有効なのです。

 

 

 

膝が痛くてあまり歩かなかったり、動かないようにすることでどんどん太ってしまい、そのせいでさらに負担を増やしてしまっては、いつまで経っても膝の痛みは治りません。

 

やはり、安静にばかりしていては、膝の痛みは良くなりそうにありませんね。

膝に負担の少ないスクワットのやり方

2018.06.20 | Category: セルフケア,下半身の痛み

膝の痛みの大きな原因に太ももの筋肉の衰えがありますが、太ももを鍛える時に最も有効な運動の一つがスクワットです。

 

スクワットで太ももの前側の筋肉(大腿直筋)をしっかり鍛えると、驚くほど膝の痛みが和らぐ場合があります。

これは大腿直筋が太ももの前側の筋肉の中で唯一、骨盤と膝の下の筋肉を結び付けている重要な筋肉だからです。

 

しかし、スクワットは今まで紹介した運動よりも膝に大きな負担がかかりやすいトレーニング方法です。

無理してスクワットを行うと、膝の痛みを悪化させてしまうこともあるので、十分に注意してくださいね!

 

 

 

今回は、膝に負担の少ないスクワットのやり方を紹介します。

 

【膝に負担の少ないスクワットその1】

① 手を腰に当てて立ち、片足を2歩分程度前に出す。アキレス腱を伸ばす運動の時のような体勢で、どちらの足も膝は軽く曲げる。

② 体を地面に対して垂直に保ちながら、前に出した方の足の太ももが床と平行になるまで、膝をゆっくりと曲げながら体重を真下に落としていく。この時、膝がつま先より前に出ないようにする。

③ 曲げた膝をゆっくりと伸ばして体勢をもとに戻していく。

④ この動きを10回繰り返し、反対の足も同じように行う。

 

この体勢で行うスクワットは、真っすぐ立って行うスクワットよりも膝に負担がかかりにくいので、膝の痛みに悩む人のスクワット方法としておすすめです。

少ない回数でも、大腿直筋を効率よく鍛えられます。

 

最初のうちは体重を落とす時の角度を軽めにしたり、回数を減らしたりして調整してください。

 

【膝に負担の少ないスクワットその2】

① 足を肩幅程度開いて真っすぐ立つ。

② お尻を後ろに突き出すようにしながら膝をゆっくりと曲げる。この時、膝だけではなく股関節も曲げるイメージで、曲げた膝がつま先よりも前に出ないようにして行う。

③ 曲げた膝をゆっくりともとに戻す。

④ 10~20回程度繰り返す。

 

こちらはいわゆる一般的なスクワットのスタイルですが、膝に負担をかけないコツがいくつかあります。

 

膝だけでなく股関節も使って腰を下ろすように、膝と股関節を曲げること、椅子に座るようなイメージでお尻は真下ではなく後ろに落としましょう。

曲げる角度はあまり深くなくて構いません。

太ももに効いている感覚があればOKです。

 

 

間違ったスクワットは激しく膝を痛める危険がありますが、正しく行えば太ももを効率良く鍛え、膝の痛みの解消につながります。

無理のないように、膝に負担の少ないスクワットのやり方をマスターしましょう!

膝の痛みを改善

2016.06.09 | Category: 下半身の痛み

いまは季節の変わり目ですね、
このような時期は膝が痛くなる方も多いです。
膝の痛みも様々な症状があり、タイプがあります。

●膝の内側が痛くなる人、座り仕事が多い人
・正座をします。その状態を15秒維持します。
※痛くて正座出来ないケースはバスタオルを折り曲げたり座布団を膝裏に挟みましょう。
・その後に膝を15秒伸ばしましょう。
これを10回2セットを行ってみてください。

※膝の軟骨は関節液をキープしています、この関節液は軟骨の栄養成分を含んでいます。
膝の屈伸をすることでこの液体が隅々に行きわたって軟骨に栄養が行き届きます。
痛みがあり、それをかばって動かさないと痛みの部分が硬くなり動かなくなって
余計悪化してしないますので痛くない範囲でのストレッチが大事です。

●立つ姿勢が多い人
・電話帳、漫画など厚い本を床に置いて、そこに片方の足を乗せましょう。
20分に1回くらいの間隔で足を替えてみましょう。

立っていることが多く、常に同じところが圧迫されてしまうことで、
軟骨やその細胞に負担がかかってしまい痛みが出てしまいます。
圧迫される場所をかえて軟骨の圧迫される場所を使いましょう!

●体のコリや運動をする際
・椅子に浅めにすわり両足を肩幅より広めに開きます
・手を膝上において、両手に体重をかけて前かがみになります。
・息を吐いたまま肩を入れて、太腿を外に押して15秒維持します。
これを交互に15回、2セットやりましょう。

これで太腿はもちろん、骨盤周りや背中周りの硬さをほぐすことができます。
足回りだけではなく、カラダの硬さを解消し、筋肉の動きを良くすることで
膝の痛みの根本的な改善をしますのでこまめにやることをお勧めします。

膝の痛みの筋肉トレーニング
・足を肩の幅くらいに開き、腰を少し落として15秒維持します。
太腿の前の筋肉が硬くなるよう負荷をかけましょう。
毎日15回を2セットやるのが良いです。
筋肉をのばしたり筋トレをすると膝の痛みが和らいできます。

変形性膝関節症について

2015.07.28 | Category: 下半身の痛み

40歳を過ぎると痛みを起こしやすい膝、炎症と痛みが伴うもので多くが変形性膝関節症と言われています。

女性に多く原因は大きく2つあるといわれており、加齢と肥満です。
年齢とともに膝の関節にあるヒアルロン酸が減るせいと、
日本人の骨格はO脚が多いと言われひざの内側に負担がかかりやすく痛くなるといわれています。
これが持続的に続くことにより関節の軟骨が次第にすり減ることで、骨同士がこすれ合い、関節の動きにスムーズさがなくなっていく疾患です。
病院でヒアルロン酸を打つとよくなるケースもありますが筋力不足や歪み、筋肉のアンバランスな硬さによるものはなかなか改善しないこともよくあります。

そのような時は当院にご相談下さい。

●膝の痛み解消・予防法
・足挙げ…座った状態で片足ずつ上げるものでお尻の筋肉を鍛えます。踵から上げるように意識するとさらに効果的。

・内転筋トレーニング…椅子に座り、踵を上げてつま先のみで地面に接地し、小さいバランスボールがあれば理想的ですが、なければ柔らかいクッションなどでももで5秒間キープで挟みます。これを15回朝晩でやってみてください。

・イスからの立ち方…背をのばした状態で腰も丸めずに起こして立ち上がると膝への負担が軽減されます。

・足底板…従来の足底板は足や歩き方の状態をみて安定させるものが主流だが、当院の扱っている足底板はバランスインソールという名称で足裏の三点支持を活性させることでアーチ機能をしっかりと動かして、姿勢の安定を保ちながら筋力を鍛えることが出来る今までにない画期的な足底板です。
膝の痛みにも有効で多くの膝痛のお客様に支持を頂いております。

膝の痛みを治すなら当院へ

2014.11.12 | Category: 下半身の痛み

今まで出来ていた当たり前の動作ができなくなってしまい、
好きだったウォーキングやゴルフが遠ざかってしまった。
膝の痛みは日常生活には大きな支障になりストレスとなります。
膝の痛みは年を重ねればよくあることとあきらめてしまう方もいますが、
原因を探し出した正しい施術で、もう一度元気に動ける状態を取り戻せたら、
挑戦したいことややりたいことはまだまだいっぱいあるはずです。当院は(骨と筋肉のスペシャリスト)として、
関節など運動器のケガ施術に長けております。疲れると出てくる痛み、
検査ではわからない痛みなど、一人ひとりの症状と丁寧に向き合うオーダーメードの施術
(股関節、膝、足首の歪みやアライメントなどを診ます)で、つらかった膝の痛みを完治へと導いております。

また膝の歪み(O脚、X脚)も根本的に改善する施術やインソールや坐骨調整シートを使用した姿勢指導、ボディメイキングもしておりますのでお気軽にご相談ください♪

あまりにも辛い方はハリもおこなったりしますよ〜

産後の腰痛2

2013.12.04 | Category: 下半身の痛み,産後骨盤矯正等骨格矯正

基本的に出産後の骨盤の歪みは約半年くらいで元に戻るのですが、
出産後の歪み方がひどくて、
骨盤がもとに戻らないで歪みっぱなしで起こることです。

産後1か月くらいは骨盤に負担をかけない生活をすることが大切です。
(基本安静です)

骨盤は妊娠中に開いてきて胎児の成長とともに腰が反ってきて腰痛になる方も多いです。
負担のかかる姿勢をなるべくとらないようにしたり、股関節をよく動かしたりして
腰の負担を少しでも無くしていくように気を付けてくださいね~

産後ケア&骨盤矯正:産後恥骨に痛みがある

2013.11.12 | Category: ストレッチ,セルフケア,下半身の痛み,産後骨盤矯正等骨格矯正

産後の恥骨の痛みつらいですよね。痛みを抱えた患者さんがよくお見えになります。

 

まず恥骨は骨盤の一部で下部にあります。恥骨の触り方は手のひらの下をお臍に置いて指を真っ直ぐにし指先にコツッとした骨があります。恥骨は関節として左右の骨盤の骨がくっついたものをいいます。

 

 

原因の一つに骨盤が開いていることが考えられます。
恥骨に痛みが出ている場合、恥骨の結合している部分が少し離れていたりずれていることが多くみられます。

 

これは出産の際に赤ちゃんが出やすくなるように
靭帯や筋肉を柔らかくするリラキシンというホルモンが分泌されることが影響しています。それにより骨盤の骨が動き骨盤が開いて出産出来るのです。恥骨周辺も大きく影響を受けて恥骨の痛みが出やすくなってしまいます。

 

昔のように交通機関が発達しておらず、すべて歩くだけの生活だと、下半身や骨盤周辺の筋肉がしっかりしていたので自然と治っていたのですが、現代は車や電車で移動することがほとんどとなっており、かなり筋力が衰えているので治りにくくなっています。

 

骨盤を矯正して締めてあげて、その状態をキープするためにトコちゃんベルトなどで維持してあげれば、
産後時間が経過してくるとこのホルモンがだんだん出なくなってくるので良くなりますよ~

 

セルフケアとしては内腿のストレッチをしてみてください。痛い場合は中止してください。ストレッチができない場合はゴムハンマーを使い内腿から膝の内側までちょうどいい強さでトントンしてみてください。

 

それでも痛いケースは恥骨の調整をしたり、膝のツボに鍼をすると痛みが和らぐケースが多いですので、ご相談ください。

マラソンによるランナー膝

2013.08.01 | Category: スポーツ外傷・障害,セルフケア,下半身の痛み

全国的にマラソンブームが続いていますね。手軽に始められるのが大きな魅力です。
しかしきちんとケアをしないで走ってしまうとケガにつながってしまうこともあります。

ビギナーに多いのがランナー膝です。
原因は、筋力があまりないのに長時間、長く走るので筋肉、靭帯、関節や周りの組織に負担がかかってしまうことです。

放置しておくと慢性的になり、重い症状となり治りにくくなってしまいます。
早めに予防してなるべく休ませてあげることが大事です!

予防には走る前には数分のウォーキングをしてウォーミングアップし、走り終わった後は膝を10分程度アイシングしてあげるといいです。
膝の負担のかかりにくい靴選びも重要です。

 

 

次にランナー膝の予防になる太ももの筋トレをご紹介します♪

太ももの前側を鍛えるには、立位の姿勢で正面を向いて、片足を上げます。
次に膝をまっすぐ伸ばして6、7秒止めます。
反対の足も同じようにやり、5セットくらいやりましょう。

 

後ろ側を鍛えるにはこれも立位で正面を向いて、肩幅の位置で立ちます。
両方の腕を胸の位置の高さで組んで、片足を半歩後ろにずらしてからスローで直角に曲げます。

この時に後ろに動かした膝が反対の足より前にでないように注意。
半歩後ろに動かした足首は伸ばさないのもポイント。
反対の足も10回くらいずつやってみてくださいね~