送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

腰痛改善:腰が痛い方の腹筋の鍛え方 | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2013 1月の記事一覧

腰痛改善:腰が痛い方の腹筋の鍛え方

2013.01.31 | Category: ストレッチ,セルフケア,健康情報

腰痛でお困りの皆様朗報です!

 

腰が痛くて病院に行ったら筋力をつけてください。といわれたが逆に腰が悪化してしまったというお話をよく聞きます。

今回は腰を痛めずに腹筋を鍛えて腰の痛みを和らげる方法をお伝えします!

従来ある昔からの、恐らくみなさんが良く知っているであろう腹筋を鍛えるやり方である、

上半身を起こすものは腰をとても痛めやすいので、

腰が悪い方用に痛めずに鍛えるセルフケア方法をご紹介いたします。

 

 

いろいろ種類がありますので紹介していきますね♪

●首だけを上げる
仰向けになって立てれれば膝を立てて(その方が腰の負担が少なくなります)、両手を後頭部にあてます。
そしておへそを見ます。
これを繰り返し行い、自分のペースで少しずつ増やしてください。これが一番おススメですよ

●腹式呼吸
しっかりしたやり方をすれば腹筋が付けられるんです

●ストローで吐く!
息を思いきり吸い込んで、ストローをくわえて 慣れてきたらストローくわえるような形のすぼめ口でもOKです!
最初は10秒くらいで。慣れてきたらだんだん長い時間で吐いてください。なかなかきついですよ

まずはこの3つを挑戦してみてください!また今度他のものを紹介しますね♪

 

鍛えてばかりですと筋肉が縮んでしまうので適宜お腹のストレッチをしてみてくださいね♪

不妊症とは?傾向と対策

2013.01.30 | Category: ストレッチ,セルフケア,不妊施術,健康情報,冷え症

今、不妊で悩んでいる夫婦が非常に増えています。

仕事や職場の人間関係などのストレスを強く受けたり、悩んだりして自律神経の働きがうまくいかなかったり、ストレスホルモンが過剰に出続けて内臓が疲弊したしり、体内の循環がうまくいかず、冷えが原因でなる方が増えています。

 

 

ではどんな状態を不妊症というのでしょうか?

定期的な夫婦生活があるのに1年以内に妊娠出来ないと不妊症といいます。普通は90%以上は1年以内には妊娠するという根拠からこうなりました。

 

全く妊娠したことがなく出来ないもの…原発性不妊
妊娠したが2年以上経過しても妊娠出来ないもの…続発性不妊

 

不妊症の原因の5割は女性、3割が男性(5割といわれることもあります)、それ以外は原因不明です

 

 

●男性が原因の場合の理由

精子数が少ない運動率が低いのが殆どのケースです。この場合休息をとったり、当院の施術で体質改善をすると確率を上げることが可能です。

無精子症ということもあります。(大人になっておたふくかぜ(ムンプスウイルスの感染)になったりして)

 

 

●女性が原因の場合の理由

卵巣、子宮内にある血液の流れが悪く滞り、循環がうまく出来ていない。ホルモン分泌がうまく出来ないで、ちゃんとした卵子に成長しないことなどが殆どです。黄体機能低下のために子宮にある内膜のが悪い状態になり、子宮内膜に受精卵が着床しにくいということもあります。

生殖器が収まっている骨盤の歪みも影響し骨盤矯正も有効なことがこのことからも考えられますね。

 

他にも原因が色々あります。当院では妊活施術を専門的に行なっており、確率を上げることが出来ますので気になる方はご相談ください。

 

体質改善にはストレッチやゴムハンマー整体などのセルフケアが有効です。

冷え取り靴下を履くだけでも改善された方もいるので試してみてくださいね♪

膝痛改善:膝の痛みの対策・予防にセルフケア

2013.01.25 | Category: ストレッチ,スポーツ外傷・障害,セルフケア

膝が痛いのとっても辛いですよね。

膝の痛みで悩まれているかたは結構いるのではないでしょうか!?

 

特に激しいスポーツをしているわけでもなく日常生活で膝に痛みが出てくる場合があります。
このような症状では変形性膝関節症の事もありますが、

ほとんど場合は膝周りの筋力の低下や筋肉の疲労からくる関節のゆがみです。

膝の関節は靭帯の構造上どうしても上の骨(大たい骨)に対して下の骨(脛骨)が外に回旋しやすい傾向にあります。それに加えて、筋力の低下や疲労でゆがみやすくなってしまいます。
このズレやゆがみによって関節がうまくなめらかに動かずに痛みがでてきてしまいます。

 

 

この膝の痛みの対策はももの筋肉を強くすることが第一です。太ももの筋力を強化するセルフケアをご紹介します。

 

太もも強化体操

椅子に深く腰をかけた状態で膝の位置が変わらないように気をつけながら、片方の足のつま先を天井にむけて膝を伸ばします。
膝が地面と平行になったら、大体7秒程度静止させます。その後ゆっくり膝を降ろします。同様に反対側の足も行います。
これを左右10回ずつ朝夜2回行いましょう。

 

また、膝の痛みは歩き方を少し気を付けるだけで予防できます。
大体の人は歩いているとき、つま先が真っ直ぐではなく、内や外を向いていたりします。
この内向きや外向きをなくすだけでものすごく膝への負担が軽減され痛めにくくなります。
なるべく歩くときはつま先を真っ直ぐ出すのを心がけましょう!
ついでに、膝蓋骨(膝のお皿)のつま先と同じ向きにそろえると尚いいでしょう。

 

以上のことを気を付けて生活するだけでひざの痛みが軽減しやすくなったり痛めにくくなるので試してみてください。

またストレッチやゴムハンマー整体で筋肉をほぐすことも大事ですので併用してみてくださいね。

肩こりの解消法、肩こりストレッチ

2013.01.23 | Category: 上半身の痛み

江戸川区船堀のはればれ鍼灸整骨院・整体院です

 

 

肩こりつらいですよね~

私もサラリーマンの時に長時間座りっぱなしで、肩こりがひどくて辛い思いをしたものです。今でも一日中勉強をしたりしていると凝ることがあります。

 

今回は筋肉のコリをやわらげる肩こりのストレッチのお話をします

 

ストレッチを職場でもトイレに立った時間や休み時間に、隙間の時間にでもしてあげると、肩まわりの肩甲骨や首が楽になりますよ。ストレッチの無理は禁物です!毎日少しだけでもいいので、継続することが大事ですよ!

 

 

 

ポイント&注意点

勢いはつけないでください。つけると筋肉を傷める可能性がありますので、じわーっとゆっくりしましょう。

なれてくると筋肉の動きがだんだんわかってきますので、それを意識すると、さらに効果がアップします!

絶対に無理はしないでください! マイペースで、毎日やり続けることが大切です!

しびれや鋭い痛み、熱感や熱があるときは逆に悪くなることがあるケースも考えられます。その時は医師・専門家またははればれスタッフのアドバイスをよく聞いて症状に合ったストレッチをしてください。

 

 

偏頭痛の方は、コリからくる頭痛とは違い悪くなる場合があるので行わないでください。

コリからくる緊張性頭痛の方や首痛にも適用です♪

痛みや違和感をストレッチをすることによって強くなってしまったときはすぐに中止し、専門家の所に受診しましょう。

 

 

首のストレッチを紹介します

1、首を左にゆっくりと倒してゆき、次に右にゆっくりと倒してゆきこれを何回かします。

2、首をゆっくり前にゆっくりと倒してゆき、次にゆっくりと後ろに倒します。

3、首をゆっくりぐるぐる~っと回してみましょう。 逆もやってみてください。

 

次に肩のストレッチを紹介します

1、まず片方の腕を伸ばして下さい。そしてその腕を逆の腕で胸側に引き寄せてください。 反対もやってみてください。

2、片腕を上げてください、反対の手で上げた方ののひじを把持します

3、上げた腕を少し曲げて頭の方に引きつけます。 反対もやってみてください。

4、体を前かがみにして倒します、前方に両腕を伸ばします。

5、今度は体を前かがみにして倒して後方に両腕を伸ばします。

 

それぞれ以上のセルフケアを数回やってみてくださいね♪ゴムハンマー整体®︎も合わせて行うとより効果的です♪