送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

産後骨盤矯正:出産後にお尻が大きくなった | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2013 10月の記事一覧

産後骨盤矯正:出産後にお尻が大きくなった

2013.10.25 | Category: セルフケア,産後骨盤矯正等骨格矯正

出産後お尻が大きくなる方、結構いらっしゃいますね。

今回はお尻が大きくなった方、または心配な方のエクササイズをご紹介します。
立った状態でどちらかの足を後ろへ動かし膝を曲げて、その足の足首をつかんで
それをお尻に思いっきりつけます。
少し前傾姿勢になりますが、背中が丸くなりすぎないように気を付けてください。
この状態を20秒~40秒くらい維持して頂き、終わったらもう片方もやってください。

これを5セットやってみてください。
慣れてきたら背中をできるだけ伸ばしてみて下さい。

骨盤が開いてお尻が大きくなるのですが、ご紹介したエクササイズは骨盤を閉じて
お尻や腰の筋肉に負荷をかけて刺激してくれるので、ヒップアップ効果が期待できます。

 

また骨盤が歪んだ状態でエクササイズをすると偏った筋肉のつき方になりますので骨盤矯正などで歪みを取り除いてからをお勧めいたします。

 

このエクササイズをしてお尻周りの筋肉を鍛えるのですが、やりすぎると筋肉が固まってきますのでストレッチやゴムハンマーなどでほぐしながら行ってくださいね。

産後骨盤矯正:出産後になぜ太る?

2013.10.23 | Category: ダイエット,産後骨盤矯正等骨格矯正

出産後に太ってしまう。。。多くのママさんからのお悩みを聞きます。。。

 

 

 

出産後に太る原因は?

多数ありますが、一番多いのが。。。

 

●女性ホルモン(エストロゲン)の活性化

女性ホルモン(エストロゲン)の活性化です。
これが多くなると食欲が増してしまい、ついつい食べ過ぎて体重が増えてしまいます。

エストロゲンは妊娠中におなかにいる子供に栄養を与えるために活性化するものでありどうしても必要です。これが分泌すると体脂肪を貯めよう、蓄えようとする働きが起こりどうしても脂肪が蓄積されてしまいます。この脂肪は出産したら減るのか?と言ったらそうではなく何もしなければ減ってくれません。。。そのため、その後にしっかりダイエットすることが必要となってしまうのです。
体を動かして脂肪を燃焼するしかありませんので、体を動かすことと、体を動かしやすくする状態に持っていかないといけないのです。産後の骨盤をはじめ姿勢は歪んでいることが多く、まずは整えてあげて動きをスムーズにしてあげることが重要になってきます。当院の骨盤矯正や全身矯正は体の動きを最適化出来るように考えて考案しております。興味がある方はご相談ください。

 

 

次に他の原因をご紹介していきます。

 

 

●骨盤の歪み

妊娠が成立すると、赤ちゃんが産道を滞りなく円滑に出てこれるように骨盤周りの靭帯が緩んで、骨盤が開きます。出産後に少しずつ戻ってくるのですが骨盤の周りがゆがんでいたり、筋肉が弱っていたりするとなかなか戻らなかったりそのままになってしまいます。その状態で過ごしていると左右の筋力バランスや生活の仕方で骨盤の歪みが助長されてしまいます。生まれてきた子供の育児でさらに抱っこや横座りなどで加速してしまうことが少なくありません。そうなると骨盤周りの強力な筋肉がしっかりと機能できない状態が続き、代謝機能が落ちて痩せにくい状態に陥ってしまいます。

 

 

●基礎代謝の低下
妊娠や出産する際に女性の体は大きく変わります。お腹が大きくなると腹筋が伸張されて骨盤が開きお腹の筋肉や骨盤の筋肉の機能が大きく落ちます。それだけでも代謝が悪くなるのですが、その上にホルモンのバランスで体脂肪が増えたり体が冷えやすくなったり、血液の流れが悪くなったりと悪条件が重なります。

 

 

●食生活の変化
妊娠や出産の際に食べ物の好みの変化や育児の忙しさで買い物にも行けず、規則的にバランスの良い食事を摂ることが難しくなり、ついつい手軽なもので済ませてしまいがちで痩せにくくなります。

 

ダイエットを始めるまできついですが、食べ過ぎないように気を付けてくださいね~。

また、当院の骨盤矯正でダイエットのきっかけを作ってみませんか?