送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

冬の運動の楽しみ方 | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2015 1月の記事一覧

冬の運動の楽しみ方

2015.01.17 | Category: セルフケア,健康情報

今とっても寒い時期で、明日は雪が積もるかも知れないですね。
このような寒い冬の時期はウォーキング、ジョキング(ランニング)などの運動をおすすめします。

しかし、暖かい部屋からいきなり寒い外に出るのはとても危険です。
暖かさで緩んでいた血管がキュッと縮み、血圧が急に上がります。
そのため心臓・脳への負担がかかり、最悪のケースでは脳卒中や心不全などを起こすことがあります。

 

冬に外で運動を楽しむには、体を寒さに慣らすことから始めましょう。

 

 

ポイントをご紹介します。

1.ウエアで体温調節を
暖かいウエアで屋内外の気温差を軽減しましょう。
また、体が温まったらすぐに脱げるよう、重ね着にすると良いです。

 

2.念入りに準備運動を
ウエアで気温差を軽減するだけでなく、最低でも10〜15分程度は準備運動を行い
、体を温め、筋肉をほぐしましょう。

ストレッチを入念にすることは勿論、ゴムハンマー整体も忘れずに。

 

これらをして安全で楽しい冬の運動を楽しみましょうね〜

パソコン腱鞘炎に気をつけましょう

2015.01.15 | Category: セルフケア,上半身の痛み,健康情報

腱鞘炎とは腱の周囲を覆っている腱の鞘(さや)の炎症です。
常に同じ部分の使いすぎや血行不良などにより、腱と腱鞘の間に摩擦が生じることで起こります。
最近では”パソコン腱鞘炎”と呼ばれるパソコン操作が原因の腱鞘炎が増えています。

・腱鞘炎のサインが出たら要注意
腱鞘炎は「痛み」という症状が出るまでに、かなり長い期間を要します。この潜伏期間に顔を出すシグナルを見逃さないようにしましょう。

潜伏期間:少し動かしにくい、違和感を覚える、関節部分が固く感じる、などは腱鞘炎の危険を知らせるサイン。

初期症状:ちょっとした時や瞬間的に痛みを覚えるものの休むと回復、痛みはあるがどこが痛いのかハッキリわからない、など。

中期症状:痛みを感じる部分が明確になる、その部位を使うと痛み出す、など。

重度の症状:常に痛みがあり、日常生活や仕事にもかなり支障をきたしてしまう。

※パソコン腱鞘炎は指や手首だけでなく、肘・肩等にも発症するケースがあります。

 

 

・パソコン腱鞘炎の予防法・悪化させないためには

腱鞘炎は一度発症してしまうと治癒するのに時間がかかってしまい再発も起こしやすいため、違和感をおぼえたら早めにケアすることが大切です。
1:姿勢を正しく。机とイスは肘の角度が90度になるくらいの高さに調節しましょう。
2:1時間に最低1度は休憩して手首、腕、肩、肩甲骨にかけてストレッチや軽い体操(手をグーパーしたり、腕や肩を回すなど)をする。
3:マウスは小ぶりな方が腕や肩への負担が抑えられる。
4:マウスを握る手は、力を入れず軽く添える程度に。キーボードは強くたたかず軽いタッチで。
5:パソコン用肘掛けやマウスクッションなどを使用して手首や肘への負担をならべく減らす。
6:考え事をするときや画面を黙読中などはマウスやキーボードから一旦手を離す習慣をつける。

以上のことを心がけてつらい腱鞘炎にならないようにしましょう(*゚ー゚)v

交通事故をされた方へ

2015.01.09 | Category: しびれ・麻痺,ストレッチ,セルフケア,上半身の痛み,下半身の痛み,交通事故施術・労災

当院は交通事故専門施術院として、むち打ち施術を得意としております。

 

他にも交通事故で腰や肩、腕のしびれ、足の痛み、足のしびれ、背中の痛みなど様々な痛みや張り、違和感を覚えている方の施術を行っております。

 

先日も自転車に乗っていて車に巻き込まれた方、タクシーに後ろから追突された方がみえました。

 

当品川接骨院グループでの事故お客様は1987年4月から通算2500人以上を超えており、皆様からの支持を得ております。

 

ただ電気やマッサージをするだけではなく、独自のバランス調整や整体をしておりますので、病院や他院ではよくならなかった症状も改善するケースが多く見られます。
また、状態を診てテーピングや置き針、場合によっては鍼などもしております。

 

提携している病院や弁護士、司法書士もおりますので様々な案件に対応できます。ご安心くださいませ。

 

施術をしながら早く改善して頂きたくストレッチや院長考案のゴムハンマー整体などのセルフケアもご案内しております。

 

是非一度お気軽にご相談下さい。

 

院長は交通事故で困っている方向けの「いざというときの損をしない交通事故治療」を出版しています。