送る TEL LINE
閉じる
メールで送るメールで送る
LINEで送るLINEで送る

肩こり改善:肩こりになりやすい生活習慣 | 江戸川区 船堀駅から徒歩2分のはればれ鍼灸整骨院・整体院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > 2018 12月の記事一覧

肩こり改善:肩こりになりやすい生活習慣

2018.12.13 | Category: セルフケア,上半身の痛み,健康情報

これまで、腰痛や膝の痛みに対するセルフケアについてお話してきましたが、次は肩の痛みについてです。

 

こちらも慢性的な痛みに悩んでいる人がとても多いのではないでしょうか。

 

肩なんてこって当たり前!仕方がないもの!と、諦めてしまっている人もたくさんいると思います。

 

 

 

でも、肩こりや肩の痛みもセルフケアを続けることで改善させることができます。

 

あまり肩がこっているという自覚がない人も、セルフケアを行ってみたら肩がスッキリ軽くなったと感じる場合も多いので、ぜひ試してみてくださいね!

 

 

 

 

 

人間の頭は、全体重の約10分の1の重さがあると言われていて、その重い頭を支え続けている肩には、かなりの負担がかかっています。

 

体重が50キログラムの人で頭の重さが約5キログラム、つまり肩の上にボーリングの玉が乗っかっているようなものですから驚きですね。

 

 

 

常に負荷のかかり続けている肩の筋肉をそのままにしておくと、筋肉が硬くなって血管を圧迫し、血行が悪くなって肩こりや肩の痛みにつながります。

 

つまり肩こりは、誰でも当たり前に起こる不調だと言えます。

 

 

 

それを防ぐためには、セルフケアで肩の筋肉を鍛えたり、柔らかくするストレッチなどが必要です。

 

腰痛や膝の痛みと同じく、やはり肩も痛いからと言って動かさないでいると、ますます筋肉や関節が硬くなって症状の悪化につながってしまいます。

 

 

 

 

 

肩こりや肩の痛みに悩んでいる人は、まず自分の生活習慣を見直してみましょう。

 

 

 

普段、カバンを片方の肩ばかりにかけていませんか?

 

これは直接的な肩こりの原因になっている場合が多くあるので要注意です。

 

カバンを肩にかけずに手で持っている人でも、同じ方ばかりで持っていると同じように肩こりを引き起こす原因になります。

 

 

 

 

 

うつ伏せで寝るのを好む人にも、肩こりの症状が現れやすくなります。

 

また、自分に合った枕を使っていますか?

 

枕の高さが合っていないと、肩こりがいつまで経っても治りにくいままです。

 

枕を変えてみるだけで、肩の調子が良くなることは本当に多いので、一度自分に合った枕探しをしてみると良いかもしれません。

 

 

 

 

 

他にも、姿勢のゆがみや長時間のパソコン作業などが肩こりの大きな原因になっています。

 

これは対処法を含めてもっと詳しく説明していきましょう。