交通事故施術について

2011年11月1日

当院の事故による施術とは?

交通事故によるむち打ちや肩痛、腰痛、膝などの打撲・捻挫などは全て対象となってきます。
自賠責保険にてお客様のご負担額は0円で受けることができてきます。

当院ではしっかりと手を使って施術してまいります。

必要に応じて、はり施術なども併用して施術していきますのでご相談ください。
尚、当院に来院される前に整形外科、外科などの病院で受付を受けていられる場合は、
念の為に、診断書などを当院にお持ち下さい。整骨院での施術にいつでも併用、切り替えることができます。

お気軽に当院へご相談下さい\(^0^)/

 

 

 

自賠責保険とは?(自動車損害賠償責任保険)

車・バイクなどを購入したら必ず加入しなければいけない自動車保険になります。

自動車保険は、大きく分けて自賠責保険と任意の自動車保険の2つになってきます。

自賠責保険は、車・バイクなどの所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険で、強制保険と呼ばれることもありますよ。

この自賠責保険とは、被害者の救済を第一に考えてとしており、対人賠償に限られます。

対人とは、死傷した相手側の運転者や同乗者、又は歩行者などを指してきます。

つまり、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われて、加害者のケガや自動車の破損には、賠償金は支払われてきません。

もし、事故を起こした加害者の方に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができるようになっていますので安心してください。

偶然に、事故にあった被害者が賠償金をもらうことができずに、泣き寝入りするのを未然に防いでいるのが自賠責保険といえてきますね。

 

気になる保険の支払い限度額は?

自賠責保険の支払い限度額は以下のようになっています。
・死亡・・・ 3,000万円
・ケガ・・・ 120万円
・後遺障害・・・程度に応じて 75万円~3,000万円。常に介護が必要な場合は 4,000万円

*金額は、加害車両1台につき、被害者1人につきの金額で、1件の事故での総額ではありませんよ。
このように、自賠責保険は限度額が存在し、対人賠償だけの支払いですから、これだけでは十分な補償とは言い切れませんね。これを補うには任意の自動車保険が必要になってきますよ。

なお自賠責保険では、他人を事故に巻き込んだ加害者に、過失がたとえなくても賠償責任が発生するのが一般的になってきます。これを”無過失責任”と呼びます。

簡単に説明すると、普通に車を運転していて、何のミスもない場合であっても相手がケガをした場合には、賠償する必要があるということになってきます。

もちろん、被害者に100%過失があったときは別になりますが、今までの事例では被害者に全ての過失があったと、認められた事故はごくまれになってきます。ですから、ほとんどの場合は、加害者が賠償責任を負うことになってしまうんですね。

 

また、院長が交通事故の書籍をkindle版ですが出していますので参考にしてみてくださいませ。

いざというときの損をしない交通事故

【施術報告 ぎっくり腰】サッカーを控えた小学生の急性腰痛

2011年10月30日

施術報告 小学生の急性腰痛

●症状

前屈みが痛くてほとんど出来ないが、明日サッカーの試合でなんとかして下さいとのことで、かなり無茶なお願いがありました。
かなり困難な頼みだと思いましたが、期待に応えたいという施術家としての一心で背骨や骨盤などの歪みをしっかりと整えたところ、痛みが殆ど消えたんです。ホッとしました(^0^)♪

 

急性な腰の痛みとは

日常的な生活上でけっこうな重いもの持ち上げたりする無理な動きをした時や腰を無理な体制などで不意な動きで捻った時などに痛みが出ることが多いくなってきますね。よくいわれるのがぎっくり腰と言われるものでして、腰の周りの筋肉の緊張状態が上がっており体を動かしたりすると痛いのが増したりしびれたりします。

ベッドで安静にすることで3日で痛みなどは改善したりして、特別な施術が無い状態だと半分くらいは2週間くらいで痛みがだんだん取れてくるのが一般的になってきます。

 

 

腰の評価と経過は?

急性の腰の痛みは沢山の人が罹ってしまうであろう腰痛です。特に急に激しいことをすると腰の痛みが出てきてしまって、痛くて歩くことなどの日常の生活による動作が難しくなってきてしまします。

この腰痛では基本的に2種類の症状がまずはみられてきます。腰の周わりの筋肉に緊張状態である急性な炎症を伴ってしまうものと炎症が無いけど腰の周わりの筋の緊張が上がっているものになってきますよ。

腰の周りの筋に炎症があるものは、年などにあまり関係がないことが多く、改善までに1~2ヶ月(入院される人が多い)くらい期間を要する人が多くなってくようです。歩行時やベッドからの起き上がり動作でも激痛があり入院時などはまったく動けない状態です。炎症が痛みの原因であって、抗炎症薬を服用しながら動ける所はなるべく努力して動くという施術を病院の方では受けていますね。

これに対して炎症のない急性腰痛症の場合は、腰深部筋の細かな損傷による反射の亢進の結果で、スパズムが発生していると思われてます。このスパズムを少なくすることで痛み緩和が可能となってくるようです。基本的には3~4日で痛みのピークを迎え、その後何もしなくても腰痛の痛みは軽減していきます。

炎症を伴わない急性腰痛症場合では、腰周囲筋における一時的な筋スパズム亢進であり、整体・カイロ・鍼・マッサージなどで痛みがある程度少なくなっていくことがあります。

また、炎症が無いような場合も初めは受診して、3~4日くらい様子をみても腰に違和感(スパズムによる動かしにくさ)が残る場合は民間療法を使うこともお勧めします。

急性腰痛症は一般の人が間違った知識により初めの対処法を、よく間違えてしまう疾患でもありますね。

急性腰痛症を何度か経験している慢性腰痛の人が問題で、慢性腰痛の大半の人は腰の筋肉に硬結があります。硬結による反射→スパズム→筋硬化と進んでいます。腰周囲の筋肉の伸張性が低下しており、体を捻るような動作での筋の伸張刺激に耐えることができずに、細かな損傷が繰り返し起きていると考えられます。硬結への刺激と合わせてスパズムを少なくさせるのが必要になってきますよ。

【施術報告 首痛】運動会の組体操で首を痛めてしまった小学生の施術報告

2011年06月1日

小学校の運動会の練習の組体操で落ちてしまい首を痛めてしまった小学生が来院。
ものすごく痛みを訴えて全く首が動かせなかった症状を、首の矯正で動きがかなり良くなり痛みがかなり軽減していきました
1回の施術でかなり良くなったのですが、症状が強かったため、一応念のために通院してもらい、

3回の施術で完治しました!よくなってくれるとうれしいものですね♪

 

 

首の痛みについてのお話です

痛いし動けないし回せないし、手がしびれてしまうなど、首の痛みを改善してみたい方々へ。
考えられる原因は?

〇外傷により痛めたもの
頸椎捻挫、スキーによる転落、コンタクトスポーツによる打撃をうけたなどなど。

○使いすぎによるもの(オーバーユースともいいます)
バイオリン、ヴィオラ、ハーモニカ、バレーボール、バスケットボール、野球、テニス、ゴルフ、サッカーのヘディングなどなど。

 

〇生活習慣により痛めたもの
ストレートネック、首の過伸展、猫背姿勢、不良な姿勢(スラウチ的な姿勢)、PCによるデスクワークや、工場の軽作業、立ち仕事、職人などなど。

〇その他の原因により痛めたもの
寝違い、筋違い、原因のわかりにくいもの、毎日忙しい生活を送り続けているといきなり急に首が回らなくなる場合もよくありますので注意です。

症状は?

首に痛みが起こってしまう場合には、大半は安静時に痛みを感じることはあまりありません。動かす時に痛みが出るケースがかなり多くなっています。

どの動きをすることで、どの辺りがどのように痛むのか。絶対無理をしない範囲内で確認してみてくださいね。

急性的な痛みや症状が今も進行性に進んでいるケースは、じっとしていて首をほとんど動かさない状態でも痛みを感じてしますケースもありますよ。

施術内容は?

首が痛くなっている人は考えられる原因とし重心のかたよりによるずれなどがありますよ。

この重心バランスの左右の差は骨盤や背骨の歪みを作ってしまい、上半身へと歪みを及ぼしていき、最終的に首に弊害をもたらしてしまう残念な結果となってしまうことがありますね。

また、女性のお客さんの場合では、妊娠、出産などによって骨盤自体に歪みによるバランスの変化が起こってしまうと、それに伴った重心の変化で、首にまで痛みが出てしまうケースをお見かけしたりします。

このケースは、手にもシビレの症状や張り感がでてしまうこともありますので注意です。

整形外科、外科では『手根管症候群』(しゅこんかんしょうこうぐん)と診断されてしまうこともあるんですが、実際には骨盤の歪みを基盤としたものが意外と多くあり、頚椎からくる頚椎症などによる神経根の症状によるものなどです。

男、女にかかわらず、施術は、重心の狂いや体の歪みやズレを整えることが必要になっており、脚の長さや骨盤自体の歪みの調整や矯正が必要になってきます。

その上で、首の土台となるであろう肩甲帯周り(肩甲骨を中心とする部位一帯)への施術が必要になってきますよ。

1 40 41 42 43 44