【施術報告 腰痛】施術例25 フットサルによって痛めた腰臀部痛

2021年04月30日

施術例25 フットサルによって痛めた腰臀部痛

30代男性 / 会社員 / 墨田区太平在住
・症状

腰部から左臀部、左大腿部後面にかけての動作時痛

・経過と施術内容

当院来院の3日前に、フットサルをした際に負傷。
少しづつ痛みは軽減していたものの歩行時痛等があり、日常生活に支障があった為、
当院に来院された。
痛みの範囲は腰から左臀部、左大腿部後面に出ており、歩行時や立位、
座位へと動かした際に痛むとのことであった。
初診時はRPを行い、腰部を中心にパルスでの鍼治療を加えたところ、
痛みの軽減が見られた。
第2診は約2週間ほど間隔が空いてしまい、痛みが再度出現していた為、
前回同様パルス鍼治療を行い、間隔を空けないよう3日後に来院してもらったところ、
痛みはだいぶ軽減していたので、パルスは加えず鍼治療のみを行った。
さらに3日後の第4診ではほぼ痛みを感じていなかった為、
1週間様子を見たが特に問題もなかったので施術を終了とした。

・考察

今回のケースでは鍼治療にパルスを用いている。
鍼治療では刺入の深さや太さの調節で刺激や効果を変えるが、
それ以外にも様々な方法があり、パルスとは打った鍼に電気を流す治療である。
筋肉の運動量が足りていない場合に、鍼に電気を流す事で筋肉が収縮する為、
血流量を上げることができる。
運動させる事で筋緊張も緩みやすくなるので、効果が出やすい治療法である。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、申脈、腰腿点)、
鍼治療(腎兪、環元兪、志室パルス、左環跳、左委中、玉天)

3008

【施術報告 腰痛】施術例24 毎回同じところが痛む腰部痛

2021年04月23日

施術例24 毎回同じところが痛む腰部痛

40代男性 / 会社員 / 江戸川区船堀在住
・症状

長時間座位での右腰部痛

・経過と施術内容

当院来院の3日前にベットで長時間寝ていて、起き上がった際に右腰部を負傷。
以前から年に数回はぎっくり腰になる事があり、
その度に右の腰部の痛みを感じるとのことであった。
触診にて痛みの場所を確認するとL2部分と、仙腸関節付近に硬結と圧痛が確認できた。
初診時は左短下肢であった為、RPと骨盤矯正を行い様子を見た。
第2診では痛みは鈍く感じており、前回から10段階の痛みが3まで下がっていた。
それから少し来院間隔を空け、月に2回のペースでの来院を提案し、
第7診までは順調な経過をたどった。
しかし第8診では、無理をした結果ぎっくり腰のような痛みが出現してしまい、
改めて間隔を詰めて施術を行ったところ、第13診で痛みが落ち着いた。
その後はメンテナンスを兼ねて来院間隔を空け、
第21診で特に問題もなくなったので施術を終了とした。

・考察

痛みは危険や問題を知らせるシグナルであり、火災を伝える警報のようなものだが、
慢性化してしまうと各所に火が燃え移り、
警報の意味をなさない状態になってしまっている。
治療を行う事と痛みの出る原因や、習慣を考えて改善して行く事が、
慢性痛の改善に必要である。

・使用した主な技・ツボ

骨盤矯正、RP(承山、委中、腰腿点他)

2992

【施術報告 背中の痛み】施術例31 慢性的な背腰部痛と頭痛を伴う肩こり

2021年03月30日

施術例31 慢性的な背腰部痛と頭痛を伴う肩こり

30代女性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2020年4月
・症状
背部から腰部にかけての筋緊張と伸展痛、肩こりと頭痛
・経過と施術内容
以前から背中や腰の痛みで安眠できず、また首肩のこりが酷くて頭痛が出ていた。
ひどい時には吐き気を伴うこともあって、ストレスが溜まるということで当院に来院された。
触診では全身筋緊張が強く特に骨盤周辺が固い為、
それにより上半身にも影響を及ぼしている状態であった。
施術では全身の矯正を希望されていた為、初診時は全身矯正を中心に、
RPも加えながら筋緊張を緩めるようにした。
第2診来院時には状態はだいぶ改善していたが、
骨盤の動きを出したかったので骨盤矯正のみを行なった。
しかし第3診では再度背部の痛みが強くなってしまったので、
DRTによる背骨矯正を行なったところ症状の軽減が見られた。
それから第7診までは手技治療で改善していたが、第8診で治まっていた頭痛が再発したので、
頸部の筋緊張緩和により頭部の血流改善を促した。
そして第10診まで頭痛の治療を続けた結果、頭痛も消失した。
その後は特に重たい症状も出現しなかったため、
数回メンテナンスとして調整し施術を終了とした。
・考察
こちらの患者様は症状が強かった為、様々な矯正を取り入れている。
当院の矯正は瞬間的な力を加えるような矯正ではなく、
自然な揺れの中で自家矯正力により矯正する為負担が少ない。
体の歪みが強ければ筋緊張も強くなり、種々の症状が引き起こされてしまう。
根本治療を目指すのであれば、体を部分で切り分けるのではなく、
全体で見ることが必要だと思う。
・使用した主な技
全身(首、肩、DRT、骨盤)矯正、RP(地五会、大椎、腕骨、束骨、承山、委中他)
1730
 

【施術報告 背中の痛み】施術例29 スポーツ(ジム)でいためた背部腰部痛

2021年03月30日

施術例29 スポーツ(ジム)でいためた背部腰部痛

30代男性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2020年3月
・症状
起床時と運動初期の背部から腰部にかけての痛み
・経過と施術内容
当院に来院される2日程前に、ジムでトレーニングをして負傷。
しばらく様子を見ていたが立ってから動き始めるまで痛みが強く、
すぐに動けない状態となってしまった為、当院に来院された。
初診時での動作確認では前屈痛が強く出ており、左右の骨盤の前傾も強い状態であった為、
RPにより筋緊張を緩めてから、骨盤矯正を行い様子を見ることにした。
翌日も続けて来院して頂いたところ、痛みの残存は見られたが、
立位の痛みは軽減しているとのことであった。
第3診は1日空けて来院して頂いたところ、背中の痛みはほぼ消失しているとのことであった。
しかし第4診では左の臀部付近に痛みが出ており、股関節の動きが悪くなっているようだったので、
背部よりは股関節を中心に施術を行った。
その後は左の股関節の動きも改善され、痛みも少しずつ軽減していった為、
第7診で施術を終了とした。
・考察
健康のためにトレーニングは有効である。
特に腰痛持ちの方や肩こりをお持ちの方は、その部分の筋力が低下しているために、
動きを支えられずに痛みを引き起こしてしまうケースもある。
また適度な筋力トレーニングは筋力増強効果と、それによる血流量の増加が期待でき、
痛み・疲労の改善が見込める。
しかし何事もやりすぎは毒なので、自分のできる範囲をしっかり把握して運動を行って頂きたい。
・使用した主な技
RP(承山、委中、申脈、腰腿点他)、骨盤矯正
1688
 

【施術報告 背中の痛み】施術例28 内部組織と関わる肩背部痛

2021年03月30日

施術例28 内部組織と関わる肩背部痛

40代女性 / 主婦 / 船堀在住
・来院
2020年3月
・症状
右肩から背部にかけての重だるさと動作時痛
・経過と施術内容
当院来院2日前の朝、起き上がった際に背中に重たい感覚があり、
首を動かすと右肩に鋭い痛みが生じた。
少し様子を見てみたが特に変化がなかった為、当院に来院された。
触診すると肩甲骨の歪みが大きく、右肩甲骨の下外側変位が見られた。
問診では右側の乳腺の問題で病院に通院しているとのことであった。
初診時はあまり刺激を加えないようにし、
RPと手技で首から背中にかけて筋緊張を緩めるようにしたところ、
痛みは来院時より半分ほどに減少した為、次回は矯正を行うよう提案した。
翌日来院して頂いた時には少し痛みが戻っていたものの、
状態はおおむね良好であったので前日の予定通り、首の矯正を加えて様子を見ることにした。
さらに翌日も来院して頂くと重さは無くなったが、まだ動きに制限が残っていたので、
肩甲骨の動きをつけるよう調整したところ、動きにもかなり改善が見られた。
1日空けて第4診では背中の状態は良好であったが、自宅にて朝から体操をした際に、
腰を痛めてしまったとの事だったので、腰中心の施術を行なった。
さらに翌日も来院して頂いたが、右股関節の歩行時痛があり、再度腰部を含め施術を行なった。
それからしばらく感覚が空き、約2週間後に来院された際には、
背中も腰も不調は出ていなかったので施術を終了とした。
・考察
乳腺に限らず内部の組織の影響が筋肉に現れたり、
筋肉の緊張が神経・血管を介して内部の組織の不調に関わることもある。
足つぼや経絡でも内臓の状態が現れるポイントがあるが、そこに反応があるからといって、
実際に内部組織に異常があるわけではない。
しかしその部分の疲労や不調は確かにあり、
放っておけばいずれ目に見える形で出現する可能性がある。
またそのツボやポイントを緩める事で、内臓の調子が整う事も事実である。
様々な手技が身体を修復するのではなく、
人体の持つ治癒力を補助する事が一番の治療なのだと思う。
・使用した主な技
RP(地五会、大椎、合谷、束骨他)、首矯正、肩甲骨調整
1686
 

【施術報告 背中の痛み】施術例22 赤子を抱き上げて痛めた背部痛

2021年03月30日

施術例22 赤子を抱き上げて痛めた背部痛

30代女性 / 主婦 / 船堀在住
・来院
2019年12月
・症状
腰から背中にかけての鈍痛・動作時痛、立位不可
・経過と施術内容
来院一日前に赤ちゃんを抱き上げた際に負傷。特に背部の中心が痛むとのこと。
屈む動作や子供を抱き上げる動作が痛みにより制限されており、
まっすぐ立つこともできない状態であった。
また普段は腰痛は無いが年に一回はギックリ腰が発症し、
腰も左右でバランスが違う気がするとのことで、骨盤矯正を希望していた。
実際に腰部を触診してみると脊柱起立筋の緊張が強く、動きも全く見られない状態であり、
左側腸骨の後傾による左短下肢も確認できたので、初診時には骨盤矯正とRPを行ない様子を見た。
第2診は翌日に来院して頂き状態を確認したところ、
症状は消失しており子供を抱く際にも支障が出ていなかったので、
腰部の緊張緩和のためのメンテナンスに移行し、継続加療中。
・考察
子供の抱っこは非常に負担のかかる動作である。子供の抱っこは非常に負担のかかる動作である。
現にこちらの患者様も骨盤の歪みによる脚長差のズレや、腰部脊柱起立筋の過度な筋緊張で、
日常生活への弊害が出現していた。
また産後の骨盤矯正などもよく耳にされると思うが、
産後の骨盤はホルモンにより靭帯が緩くなっており、
開きや左右のズレが大きくなって、
出産前の状態と比べると負担がかかりやすい状態となっている。
当院では産後の骨盤矯正と、日々のトレーニング専門のコースも用意しているので、
是非ご相談頂きたい。
・使用した主な技
骨盤矯正、RP(承山、委中、申脈、腰腿点他)
1844
 

【施術報告 背中の痛み】施術例20 デスクワークによって痛む背部痛

2021年03月30日

施術例20 デスクワークによって痛む背部痛

20代男性 / 会社員 / 瑞江在住
・来院
2019年12月
・症状
首から腰部にかけての鈍痛と背部の反るような違和感、左回旋痛
・経過と施術内容
来院10日程前に自宅にて無理な体勢をとった際に負傷。
話を伺うと普段の仕事では10時間以上連続でPC作業を行なっており、
半年前にもギックリ腰のような症状があったとのこと。
触診を行うと脊柱起立筋の緊張が強く、それにより背骨も引っ張られ歪んでいる状態であった。
歪みが強かった為、少しづつ矯正を加えていくことを伝えた。
初診時には肩の矯正を行い、背部の症状の軽減が見られたので様子を見ることにした。
2診目の来院時は前回肩矯正を行なったことにより、背部の状態は多少軽減していたが、
頸部の重さが残っていたので、首矯正を加えたところ首の症状も改善した。
状態が安定していたので3診目、4診目も同様の施術を行なった。
5診目には骨盤矯正を加えた結果、初診時に比べるとだいぶ楽になっているとのことであった。
それからまた無理をして状態が少し悪化したが、10診目に全身矯正を加えた以外は、
通常の施術により順調に症状は改善していたので、
13診目に最後に全身矯正で調整して完治とした。
・考察
今回の背部痛では普段の労働環境による影響が非常に強く、平常時から背部の筋緊張が強い為、
首から腰にかけて背骨が歪んでしまっていた。
そのため一気に全身矯正によって整えると、反動が強く出る可能性があった為、
要所要所で必要な矯正を行いながら回復を促していったところ、
大きな反動も出ず順調に回復できた。
体の回復のステージをしっかり把握して、必要な施術を提案できる事が重要なのだと感じた。
・使用した主な技
首・肩・骨盤矯正 
1704
 

【施術報告 背中の痛み】施術例19 サッカーにて痛めた腰背部痛

2021年03月30日

施術例19 サッカーにて痛めた腰背部痛

30代男性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2019年11月
・症状
腰背部の鈍痛と背屈痛
・経過と施術内容
来院の一週間程前にサッカーでヘディングをした際に腰背部を負傷。
負傷時は痛みと息苦しい感じが強く、一週間程経っても痛みが軽減しなかった為、
当院に来院された。
初診時には炎症がやや残っていた為、あまり強い刺激は加えずRPによる患部の筋打ちや、
体表面の循環を良くする治療を行ったところ、来院時の痛みは半分以下に軽減していた。
2日後の2診目には痛みが少し戻ってしまっていたが、
初診時と同様の施術を加え仕事での姿勢指導をした。
さらに3診、4診と続け5診目には状態もだいぶ安定したので、
6診目には異常は見られなかったので治癒とした。
・考察
トレーニングによる筋肉痛は数日で治るが、
スポーツによる負傷はしっかりと処置を行わなければ残ってしまう。
今回のケースもそのような状態であったが、
筋緊張を丁寧に緩め普段の体の使い方を提案した事で、
疲労が残りにくくなり回復が早まった。
普段の体の使い方の良し悪しでその後の回復度が大きく変わり、
果ては病気になりやすいか否かにもつながってくるのである。
・使用した主な技
RP(筋打ち、なぞり、底回し)、肩甲骨調整 
727
 

【施術報告 腰痛】施術例23 育児中に痛めた腰痛

2021年03月29日

施術例23 育児中に痛めた腰痛

30代女性 / 会社員 / 船堀在住
・症状
朝起床時の腰痛、寝返り等の回旋痛、膝の重だるさ
 
・経過と施術内容
当院来院前日に子供の世話をしていて前かがみになった際に、腰部を痛めた為当院に来院された。
話を伺うと妊娠中から腰や膝の重だるさを感じており、出産して育児をするようになってからは、
より顕著に感じるようになった。
現在では朝の起床時に痛みが強く、起き上がるのに時間がかかるとのことであった。
初診時には骨盤矯正とRPを加え、腸腰筋を緩めるように手技を行ったところ、
来院時の痛みが10段階中1〜2まで減少していた。
約1週間後に第2診となったが、日常生活ではあまり痛みを感じなくなっており、
朝起床時の痛みのみが残存している状態であったので、
改めて腸腰筋を中心に緩めたところ、第3診では朝起床時の痛みもかなり軽減し、
約2週間ほど空いた第4診でも、悪化していないようだったので施術を終了とした。
・考察
腰椎前面から骨盤内を通り、大腿骨内側に付着している筋肉で腸腰筋という筋肉がある。
正確には腸骨筋と大腰筋という筋肉が合わさったものであるが、
今回のケースのように上半身を起き上がらせる為に使用される筋肉である。
本来は股関節屈曲という動作に用いられているが、腰痛の原因となっている場合が多く、
深部にあるのでアプローチがしにくい筋肉でもある。
また代謝の良い筋肉でもあるので、こちらが活動できていないような人は、
全身の代謝も悪くなりがちである。
腿上げなどのトレーニングや、股関節を後ろに伸ばすなどのストレッチを行い、
腸腰筋の活動性を下げないように心がけて頂きたい。
・使用した主な技
骨盤矯正、RP(承山、委中、申脈、腰腿点)
2434

【施術報告 腰痛】施術例22 ウォーキングによって痛めた腰部痛

2021年03月29日

施術例22 ウォーキングによって痛めた腰部痛

30代女性 / 会社員 / 船橋市夏見在住
・症状
背部から腰部にかけての長時間歩行時痛、右股関節の違和感
 
・経過と施術内容
当院来院の1週間前にダイエットの為ウォーキングを始めたところ、
20分ほど歩いた時点で股関節に違和感が生じた。
しかしそのまま歩き続けたせいか、バランスを崩して腰背部を負傷してしまい当院に来院された。
初診時の動作確認では腰の右側屈で痛みがあり、
同じ姿勢でいると辛くなってしまうということだった。
また以前は頭痛外来に通っていて右側の慢性的な偏頭痛もある為、
根本的に治したいと思っているとのことであった。
初診時にはRPと首・骨盤の矯正を行い患部の筋肉を緩めたところ、
足の運びが良くなったと言っていた。
翌日以降も続けて来院して頂くと頭痛もだいぶ楽になっていたが、
腰の痛みはやや残存している状態であった為、
腹筋のトレーニングを提案して、セルフケアも行なって頂くようにした。
その後セルフケアの継続によって、当初の症状は消失した為施術を終了とした。
・考察
ダイエットのために運動を行う方は多いと思うが、体が歪んでいる状態で動きの大きい運動や、
軽度でも長時間の運動を行うと、怪我や痛みの原因になる。
体のバランスが整った状態で運動をすること、また運動をした後のメンテナンスや、
セルフケアをして疲労を残さないことが、健康な身体づくりの要である。
・使用した主な技
首・骨盤矯正、RP(地五会、大椎、腕骨、束骨、承山、委中、腰腿点他)
769
1 2 3 4 5 6