麻痺(マヒ)、シビレについての話

2018年07月24日

麻痺、シビレについて皆様はどれくらい知っていますか?
 
多くの方がお悩みになっている麻痺ですが、原因には様々な要因があります。
麻痺は疾患が原因で発生するケースが多く、例えば
脳にある中枢神経に障害をきたす脳梗塞や脳出血、脳膿瘍
ウイルス性の脳炎などの病気や神経の圧迫が伴い起こるもの
(顔面神経麻痺や橈骨神経麻痺、手根管症候群、ヘルニア)
神経や筋自体の障害で生じる重症筋無力症、筋ジストロフィー、多発性硬化症、ALSなどの病気や
電解質異常で起こる周期性四肢麻痺などの内科的疾患など多数あります。
 
麻痺の定義としては
麻痺とは、一般的には、四肢などが完全に機能を喪失していることや、
感覚が鈍って、もしくは完全に失われた状態を指す。
 
医学用語としての麻痺は、中枢神経あるいは末梢神経の障害により、身体機能の一部が損なわれる状態をさす。
例えば運動しようとしても、四肢などに十分な力の入らない・四肢の感覚が鈍く感じる状態(不全麻痺)
またはまったく動かすことができない・感覚がまったく感じられない状態(完全麻痺)を指し
一般用語の不随に近い意味を持つ。麻痺には、運動神経が障害される運動麻痺と、感覚神経が障害される感覚麻痺(知覚麻痺)がある。
また中枢が障害される中枢性麻痺と末梢神経が障害される末梢性麻痺に分類される。(ウィキペディアより引用)
 
ただ麻痺と言っても、症状が出現する部位によって、片側の上肢もしくは下肢が動かせない「片麻痺」
両側の下肢が共に動かすことのできない「対麻痺」全身動かすことのできない「四肢麻痺」
片側の上肢もしくは下肢の一部分のみが動かせない「単麻痺」に分けられます。
 
麻痺の診断は部位や進行速度によって異なり、片麻痺の場合は脳の病気が疑われ
急に起こる場合は脳梗塞や脳出血の恐れがあり、ゆっくり起こる場合には脳腫瘍や慢性硬膜下血腫などを疑います。
診察には頭部CTやMRI検査を行い鑑別していきますが
対麻痺、四肢麻痺、単麻痺の場合には必要があれば筋電図検査や神経伝達検査、血液検査やMRI検査などで診断をします。
脳腫瘍やヘルニア、手根管症候群などの神経圧迫が原因の場合には腫瘍を摘出したり、神経の圧迫を解除できれば麻痺が治ることもありますが
重度の脳梗塞やALS、デュシェンヌ型筋ジストロフィーなど現時点で有効な施術法が見つかっていない麻痺も多数あります。
しかし、主治医の許可があって積極的なリハビリを行うことで、麻痺の進行を抑えたり、麻痺に伴う拘縮などの合併症を減らすことが可能で、可動域の改善も行えます。
病院に行った装具も作ったけどその後何をしたらいいのか分からない方も当院で麻痺施術を受けてみませんか?
当院でしっかり体が動くことを認知させる認知運動療法を行うことで改善が期待できます。
ただいまキャンペーン中なので少しでも効果を望んでいる方はぜひ、ご連絡お待ちしております。

腓骨神経麻痺(下垂足)の症状と施術法について

2018年07月24日

腓骨神経麻痺(下垂足)になると装具をつけたり、杖をついたりして何かと不便で辛いですよね。今回は症状、原因、一般的な診断方法、施術法をご紹介いたします。

 

●症状
膝から下の足(下腿といいます)の外側から足の甲と5番目の指以外の所の感覚が消失または減弱になり、しびれが生じたり触った感触が鈍い感じになります。
足くびと足の指が上に上がらなくなり(背屈といいます)、足が垂れ下がった状態に下垂足になります。

 

●原因
一番多い原因となるものは腓骨の頭あたりの外力による圧迫によるものです。足の怪我をして牽引施術が長引いたり、固定がきつすぎたりしたときや何かの組織が盛り上がって来たり、傷つけたりしたりすると起こります。

 

特にその部分は神経が動きにくく、神経が骨と皮の間で隙間が少ないところなのでマヒが起こりやすいと言えます。

 

 

●診断方法
足が下がってしまった状態で元戻らなくなり、触ったり痺れた感覚があり、痛めたところを刺激すると痛みが広がります。
似た症状に坐骨神経痛や腰椎ヘルニアがあります。

 

 

●施術方法
なにか出来てしまい取り除く必要がある場合は手術をして取り除きます。
それ以外はリハビリをするのですが、改善しないケースも多く、当院での施術を受けて頂くことをお勧めします。
当院では認知運動療法を取り入れて、その症状に合わせ電気療法、温熱療法、鍼施術などを行います。

ダイナミックストレッチって??

2017年02月17日

今回は運動する前におススメな動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)をご紹介していきます。

 

 

ダイナミックストレッチって??

一連の動きの中で、筋肉を伸ばしていくストレッチです。
心拍数が上がり、体も温まるためスポーツや競技のシーンでウォーミングアップとして使われます。
一方の筋肉が縮まれば、反対の筋肉は伸びるというメカニズムを利用しています。
腕や足などをいろいろな方向に動かして、関節の可動域を広げていきます。

 

ダイナミックストレッチのポイント!

・”過度な”反動はつけない

・体が温まっていないときに急に動かさない(特に運動習慣があまりない方)

・左右どちらも行う

・正しいフォームで行う

必ずこのポイントを守ってストレッチを行うようにしましょう。

 

 

簡単なダイナミックストレッチのご紹介!

 

★肩のストレッチ

・肩甲骨のダイナミックストレッチ 

肘を曲げ、両手を肩に当てます。

そのまま肘を大きく回すように腕を回します。

肩甲骨の動きを意識するのがポイントです。

この動きを左右10~15回を目安に行いましょう。

 

★太もものストレッチ

・ハムストリングスのダイナミックストレッチ

歩きながら、タイミングをとり勢いよく片足を振り上げます。

振り上げた足のつま先、もしくは膝を足と反対側の手でタッチしましょう。

左右リズムよく行うことがポイントです。

足を外に振り上げるなど、上げる方向を変えてみるのも良いでしょう。

左右10回を目安に行いましょう。

無理なストレッチなどは大きなケガの原因に繋がりますので注意しましょう。

スタティックストレッチって?

2016年11月15日

今回はあまり運動をしない人や、身体が硬い人、身体を柔らかくしたい人に
おススメな静的ストレッチ(スタティックストレッチ)をご紹介していきます。

 

 

スタティックストレッチって??

反動を使わずにゆっくりと伸ばし、可動域を広げるストレッチです。
ストレッチの中で最も一般的といわれるストレッチがこのスタティックストレッチです。
無理なく筋肉を伸ばしその状態を数秒~数十秒キープします。それを数回繰り返していきます。
そうすると関節の可動域が段階的に広がっていきます。

 

スタティックストレッチのポイント!

・反動をつけない

・無理に痛みがでるところまで伸ばさない

・リラックスして行う

・呼吸をとめない

・正しいフォームで行う

必ずこのポイントを守ってストレッチを行うようにしましょう。

 

簡単なスタティックストレッチのご紹介!

★肩こりに効果があるストレッチ

・肩甲骨のストレッチ

伸ばしたい方の手のひらを顔に向けます。

反対の手の甲を伸ばしたい方の手の甲に合わせます。

その状態で伸ばしたい方の親指を反対の手で握ります。

親指を握ったまま伸ばしたい方の手のひらを前に向けます。

この時、手首をしっかりと反らして遊びを取ります。(手首に遊びがあると効果が半減します…)

その状態で反対方向に肩甲骨から腕までを持っていきます。(体幹を一緒に捻らないように注意!)

肩甲骨の間がしっかり伸びている感じがしたらGOOD!
 

★腰痛予防のストレッチ

 
・中臀筋のストレッチ

立位で台の上に伸ばしたい方の足を乗せます。

伸ばしたい方の膝を外に倒していきます。(台に外くるぶし~から膝の外側を乗せる感じ)

その状態で垂直にお尻を下に落とせるところまでしっかり落としていきます。

お尻の筋肉がしっかり伸びている感じがしたらGOOD!

無理なストレッチなどは大きなケガの原因に繋がりますので注意しましょう。

ストレッチの種類

2016年11月5日

ストレッチには様々な種類があるのはご存じでしょうか?
ゆっくりとリラックスしてやるストレッチや反動をつけたり負荷をかけてやるストレッチ
などがあります。

今回はこの様々なストレッチを簡単にご紹介していきます。

 

ストレッチの種類

★静的ストレッチ(スタティックストレッチ

反動や弾みをつけずに、ゆっくりと筋肉を伸ばしていくストレッチです。
運動後のクールダウンなどに適しています。
一般的に行われるストレッチといえばこのことを指しすことが多いです。
PNFストレッチなどはこれに含まれます。
※PNFストレッチ
抵抗運動を組み合わせたストレッチで、スポーツ選手のコンディショニング方などとして使用されています。

スタティックストレッチの詳しい説明はこちら!

PNFストレッチの詳しい説明はこちら!

 

 

★動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ

動きの中で身体をいろいろな方向に回すことで、関節の可動域を広げるストレッチです。
運動前のウォーミングアップに適しています。
バリスティックストレッチなどはこれに含まれます。

※バリスティックストレッチ
反動を利用したストレッチです。最終的には関節の可動範囲いっぱいに動かしていくようにストレッチしていきます。

ダイナミックストレッチの詳しい説明はこちら!

バリスティックストレッチの詳しい説明はこちら!

ストレッチはやり方を間違えると大きなケガにつながります。
正しいやり方でその時の状況に合わせてストレッチを選ぶようにしましょう。

ストレッチをするメリットは?

2016年09月26日

ストレッチをやったことがないという人はほとんどいないと思います。

今回、ストレッチの中でも特に一般的な静的ストレッチ(スタティックストレッチ)を
するとどのようなメリットがあるのかをお話していきます。

では、正しい静的ストレッチをしている人はどの位いるのでしょうか?

 

 

実は、ほぼ半数の人が間違った静的ストレッチをしているという現実があります。

どのような間違いをしているのか…

 

・無理にストレッチをしている

・ストレッチをやりすぎている

・間違った方向でストレッチをしている

・反動をつけてストレッチをしている

・リラックスできていない

 

このような間違った静的ストレッチをしている人が多いのです。

 

 

正しい静的ストレッチについてはこちらでご紹介していますので読んでみてください。
スタティックストレッチって??

 

 

静的ストレッチをするとどんなメリットがあるの??

・関節の可動域が拡がる

筋肉の緊張が弛むことで動かせる範囲が拡がります。

・柔軟性が高まる

筋肉が自然な収縮をししなやかな動きができるようになります。

・ケガをしにくくなる

柔軟性や関節の可動域が拡がるのでケガをするリスクが減ります。

・疲労の回復を早める

血流やリンパの流れが良くなることで疲労や治癒能力が高まります。

・ストレスの解消になる

筋肉だけでなく脳への血流なども良くなるので精神的な緊張を解消し、リラックスするとともに気分も爽快になります。

・老化防止

筋肉に刺激が入り、血流が良くなることで老廃物が流れ、筋肉のはりを保つことが出来ます。

 

ストレッチを正しくするとこんなにも多くメリットがあります。

 

 

 

体が硬い人は冷え症になりやすかったり、太りやすかったり、疲れやすかったりしてしまうので今日から毎日一日3分でもいいので
始めてみませんか?
きっと2ヶ月後には別人の自分に会えるかもしれませんよ!?

運動前のストレッチって危険!?

2016年09月7日

あなたは運動前にストレッチをしていますか?

もちろんストレッチしていますよね?(笑)多くの人は運動前にストレッチなどの準備体操をしています。

今回は、気を付けた方が良い運動前のストレッチについてご紹介していきます。

 

 

ストレッチには大きく分けて2種類に分けられます。
ストレッチは使い方を間違えると大きな怪我につながりますので
目的や状況で正しく使えるようにしましょう。

★静的ストレッチ(スタティックストレッチ

一般的に想像されるストレッチです。一人で簡単に行うことができます。

★動的ストレッチ(ダイナミックストレッチ)

手足を動かし、動きの中で筋肉を伸ばしていくストレッチです。

 

どちらのストレッチが運動前に危険?有効?

実は運動前に行われているストレッチで有効的なのは動的ストレッチです。
ラジオ体操やブラジル体操はこの動的ストレッチの一つです。
この動的ストレッチをすることで筋肉の可動範囲を広げるだけでなく心拍数を上げたり、体温を上昇させたりと
交感神経を優位にし、戦闘態勢に入ることができることも出来ます。

 

逆に、運動前に静的ストレッチをすると身体がリラックスしてしまい副交感神経優位になりパフォーマンスが落ちたり、
けがをしやすくなったりしてしまいます。
とあるスポーツ科学専門家の研究では、静的ストレッチで15秒間筋肉を伸ばしただけでマイナス効果がみられました。
ただ、すべての状況で静的ストレッチがダメだという事ではありません。ストレッチをするタイミングなどでは
静的ストレッチも有効になります。

 

一番ベストな運動前のストレッチとは??

 

運動まで時間に余裕がある場合は、まず静的ストレッチを行い関節の可動域や筋肉の柔軟性を高め、
それから運動準備ということで動的ストレッチを行い、筋肉に刺激を入れます。

時間がなかったり、どちらか1つしか出来ない場合などは動的ストレッチだけを行うようにします。

運動をするタイミングや時間などをしっかりと考えながらストレッチを選べるようにしましょう。

よく転ぶ子は足が問題?

2016年07月30日

子供がよくつまづいたり転んだりというお話を聞きます。

 

子供がよく転んだり、変な歩き方をしている場合は足の問題が考えられます。

足裏で重要な役割を果たしているのが足裏の拇趾球、小趾球、踵が大事な部位です。

しっかりした足はこの3点を結んだ骨格がアーチ状になっていて、体重をしっかり支えるのと
地面からの衝撃を吸収してくれます。

 

このアーチは大体9歳くらいまでに出来上がり、
アーチが崩れてしまいぺったんこになると
転倒しやすかったり、ちょっとしたことでも足がすぐ疲れます。

 

扁平足とは

親指側〜踵のアーチが潰れてアーチがない状態で、
足裏が地面にしっかり着いてしまい衝撃が膝や腰に伝わりやすくなります。

外反母趾は

先天性もありますが、一部もしくは全てのアーチが崩れると酷くなります。

ハンマートウは

横アーチ(拇趾球〜小趾球)が崩れていることが多いです。
ここのアーチが崩れていると地面がしっかり蹴れないのでしびれや痛みが出ることがあります。

このような状態の改善をするには良い靴選びも重要となってきます。

 

股関節や足首が硬いことも考えられます。股関節や足首周りのストレッチを足首をしたり、よく回したりするのがオススメです。ゴムハンマーでトントンもいいです。

 

当院ではインソールを使って足の矯正(無料)をしたり、
長期的な足の補正のインソールを扱っていますのでお気軽にご相談下さいね〜

冷え性改善:冷えの話

2016年01月26日

今回は冷えのお話をします。

 

冷えは危険です。

体温が下がった状態にしておくと免疫力が下がります。
体温が一度下がるとなんと免疫力が4割近く低下します。
免疫力が落ちると様々な病気を引き起こします。
また内臓の働きを鈍くさせるので不妊や生理不順、
太りやすくなるなどが起こってきます。

体温は首回りや胸元、手首、足首から放熱されるので
首や手首、足首を温めていくことが大事です。

 

 

●冷え取り解消法

・足の指を5秒間曲げます、そのあと数秒脱力します。これを15回くらいやってみてください。
・下腿(ふくらはぎ)をつま先側から体幹側に揉んでいきます。リンパや血液の流れを良くするようにやってみてください。

・深呼吸

・ゴムハンマー整体で膝下をトントン叩きましょう。ポカポカしてきます。

・ほぐしたらストレッチをすると血流が良くなります。

・入浴、カイロ、お灸などで温めるというやり方もあります。

 

お酒を飲むと一時的に体は温まりますが、そのあと筋肉や内臓を疲労させ身体が硬くなり血流が悪くなるので、飲み過ぎは気をつけましょう。

 

似ていて間違えやすい病気は慢性動脈閉塞という
血液が末端に流れにくいものもあります。
これは爪や毛が伸びにくい、筋肉が落ちてしまうなどあります。

 

 

●冷え取り改善テスト

ここからはテストを行います。

Q

1、足湯はどのくらいつかる?

2、全身浴はどのようにつかる?

3、以下のうち陽性食品と陰性食品はどれ?

(砂糖、にんじん、紅茶、トマト、日本酒)

 

 

A

1、1回の目安は15分くらいです。

2、3分入って出ての繰り返し。

3、陽性食品はにんじん、紅茶、日本酒。陰性食品は砂糖、トマト。

 

いかがでしたでしょうか?参考にして役立てて下さいませ。

筋膜の話2(筋膜の硬さ解消法)

2015年12月12日

筋膜の硬さ解消法

筋膜はほぼ全身を覆っている組織ですので、筋肉のような部分的なストレッチなどで伸ばすというよりも広範囲で緩めていくことが大事です。

 

 

●背中の筋膜解消法

肩幅程度に足を開いて机やテーブルに手をつきます。

そのままゆっくりと手を前方に滑らしてください。

そのまま40秒程度維持してくださいを3セットやりましょう。

ご飯を食べるテーブルの高さ程度が最適で身体が直角(90°)くらいになるのがベストです。

※変に前屈みにならないように、へっぴり腰にならないように気をつけましょう。

 

 

 

●肩こりの筋膜解消法

片足(右足)を一歩前に出して反対の手(左手)を机に置きます。

机に置いた反対の手、右手(腕)を真上にピーンと伸ばし20秒維持します。

その際に後ろにある足(左足)が曲がらないように(特に膝)しっかり伸ばしましょう。

ピーンと伸ばしている右腕の方に頭と体幹を向ける(捻り)、

伸張感が出て心地よいという所で20秒維持します。

更に右手の指先を見上げるようにすると効果アップ!

そして左肘を机に着けて20秒維持。その左肘を

先ほど右腕の方に向けた体幹の内側までひねり込みます。

(これはキツいですが効きますよ?)

これを5回、1日のうちにやりましょう。

 

 

 

●顔のリフトアップ筋膜解消法

両腕を伸ばした状態で肩の位置まで上げましょう。

次に手を突き出し、肩甲骨を前に押し出すようにして20秒維持。

今度は逆に肩甲骨を後ろに引き寄せきって、次に肘を90°直角にして

20秒維持します。

この時に肘が肩の高さより下に行きがちので肩の高さにキープしていてください。

その状態から両腕を上げて行って(肘は90°直角を維持しています)

20秒維持

次に口と目をぱかっと大きく開けて10秒維持。

両手を前側にすぼめて行きます。この時顔の中心に全てが集まる

イメージで、それを10秒維持。

1日5回やりましょう。

 

 

●カラダの横側に効く筋膜解消法

左手を頭に載せます、右手を背中に回して、両方の肘を直角に曲げてください。そのまま両方の手を時計回りにグーッと40秒伸ばしましょう。

反対は反時計回りでやりましょう。

次に左足を右足の前でクロスしてカラダを右に40秒倒します。

逆もやりましょう。

以上のことをしっかりやるとコリや痛みを解消できてすっきりしますよ〜

1 2 3 4 5