【施術報告 肩痛】施術例9 運転中に痛めた右肩部痛、以前から気にしていたO脚

2021年04月13日

施術例9 運転中に痛めた右肩部痛、以前から気にしていたO脚

50代男性 / 会社員 / 二之江町在住
・症状

右肩上部の運動時痛、O脚

・経過と施術内容

当院来院の2日前に長時間運転をしたところ、右肩の違和感が生じ、
肩を回した際に急な痛みが起こり負傷。
また普段からは骨盤が開いているような感じと、O脚が気になっているとのこと。
初診時はRPと首肩・骨盤の矯正を行い全体的にバランスを整えて、
肩部の筋緊張を緩めるようにした。
2日後の第2診時には首肩の痛みは感じなくなったが、急に痛くなる心配があるので、
骨盤矯正を続け首肩矯正は状態を見ながら継続することにした。
3診、4診と骨盤矯正を続けたところ、姿勢が良くなった感じがあり、
O脚にも改善が見られていることがわかった。
その後も部位ごとの矯正を加えながら全身を調整したところ、
第7診目には特に気になる点が無くなったとのことであった為、
一旦施術を終了し様子を見ることにした。

・考察

O脚は骨盤の傾斜が関わっており、
骨盤が傾いていることで脊柱にも歪みが生じてしまう。
骨盤矯正から脊柱を整えることで、筋肉が正常な位置に近づく為、
いきなり筋肉を緩めるより効果が出しやすくなる。
患者様の状態を認識し、より良い施術を追求していきたい。

・使用した主な技・ツボ

RP(地五会、大椎-合谷、腎兪-失眠他)、首・肩・骨盤矯正

2986

【施術報告 肩こり】施術例7 長時間の運転による肩周囲のこりと痺れ

2021年03月31日

施術例7 長時間の運転による肩周囲のこりと痺れ

20代女性 / 会社員 / 船堀在住
・症状

首から右背部にかけてのこりと肩周囲の痺れ、頭痛


・経過と施術内容

普段から長時間車を運転する事が多く仕事もデスクワークのため、頸背部の筋緊張が非常に強い状態であり、
頭痛も生じているとのこと。
また腕を上げた状態で寝る癖があり、肩周囲に痺れ感があったので、スパーリングテストを行うと陽性であった。
頸部の筋緊張により頸椎も歪んでしまい神経根が狭まっていると考えられたので、初診時はRPと手技で筋緊張を緩和し、
頸椎の調整を行ったところ痛みは半分以下に下がった。
2診目に来院された時には痛みは少し戻ってしまったが、痺れと頭痛は治まっていたとのこと。
3診目にはスパーリングテストは若干陽性ではあったが、ほぼ症状は改善していたので4診目で治療を終了した。

・考察

スパーリングテストとは、頸椎の神経根の状態をチェックするテスト法であるが、
頸椎のズレや筋緊張による圧迫等の改善を図ることで、症状の軽減が見られる。
このテスト法は交通事故時のむち打ちのチェックなどで使用されるが、
平常時でもどのような原因が隠れているかを調べるためには、
こういった整形外科的テスト法を適宜使用するべきである。

・使用した主な技、ツボ

RP(筋打ち・散鍼)、頸椎調整

854

【施術報告 肩こり】施術例6 骨盤の歪みからくる肩こり

2021年03月31日

施術例6 骨盤の歪みからくる肩こり

30代女性 / 会社員 / 江戸川区北葛西在住
・症状

片方に体重をかけると骨盤まわりに嫌な感じがする。
慢性的にこっていたが、最近首から肩上部にかけて張っている。
ひどいと後頭部や側頭部に頭痛あり。
体が歪んでいる気がするので矯正をしたい。
片方に体重かけると、かけた側の主に腰方形筋や多裂筋、臀部にズーンとした痛みやだるさ出現。
首から肩にかけては肩甲挙筋、僧帽筋の緊張が強い。
肩と骨盤は左側が右より下がっていた。


・経過と施術内容

肩甲骨や骨盤の歪みを改善するために首肩骨盤矯正を実施。
首肩は筋緊張が強かったため、矯正に合わせてメディカル整体も行う。
仕事で座っていることが多い坐骨も影響しているのではないかと考え、
活法の坐骨切りを取り入れた。
施術後、デスクワーク時の姿勢を確認。骨盤が後傾していたため仙骨を立てて座るよう指導。
一週間後、二回目の来院時には首から肩上部にかけての張りは軽減されていた。
椅子の座り方や足を組まないように心がけていたため、
前回の施術後から骨盤まわりの嫌な感じはなかった。
しかし、まだ骨盤の歪みはあったため引き続き首肩骨盤の矯正と前回同様の手技を実施。
三回目の来院時には、首肩の張りは気にならない程になっていた。
骨盤の左側への歪みも改善されていたようだが、
また歪みが起きないよう今後も骨盤矯正を行うよう説明。
本人曰く、以前に比べ両足のむくみが改善されているとのこと。

・考察

今回の骨盤まわりの嫌な感じや首肩の張りは、骨盤の歪みが深く関与していたと考えられる。
デスクワーク時の足を組んだりなどの姿勢が骨盤の歪みを生み、
下半身の緊張および血行不良を引き起こす。
その結果、骨盤まわりの嫌な感じや肩こりを助長し首から肩にかけての強い張りが出現した。
坐骨切りや骨盤矯正で両足のむくみも改善されたことが
歪みによる下半身の緊張と血行不良が原因だということを表している。

・使用した主な技、ツボ

肩甲骨の導引、坐骨切り

【施術報告 肩こり】施術例5 仕事のストレスと姿勢での肩こり

2021年03月31日

施術例5 仕事のストレスと姿勢での肩こり

30代女性 / ネイリスト / 江戸川区松江在住
・症状

友人が肩が辛く6年ぶりに来院し、楽になった話を受けて自分も以前行ったことがあり、
また行ってみようと友人と来院。
仕事柄屈むことが多く、肩背部に負担が常にかかる。
接客で常に気を使うこともあり精神的な負担も多い。


・経過と施術内容

緊張や歪みがかなり強く、体の歪みを整える矯正、筋肉の緊張を寛解するメディカルマッサージを行った。
筋緊張や歪みを解消する施術では納得できず、
更に深い原因があるのでは?と、足と手のツボの寛解をすると、
「体がスーッとした」と笑顔がでた。
仕事柄体を酷使するので定期的に通っている。

・考察

精神的な負担も体にかなり影響してこじれた状態であった。筋緊張や歪みを解消するのみでは難しい症例であった。
体を全体的に診ること、お客さんの話を聞いて奥にある本当の原因を推測しなければいけないと再認識した。

・使用した主な技、ツボ

平泳ぎ、太衝

【施術報告 肩こり】施術例4 原因不明の肩こり

2021年03月31日

施術例4 原因不明の肩こり

50代女性 / 保育士 / 江戸川区船堀在住
・症状

肩がずっと凝っていて、原因は分からないとのこと
リラクゼーションより効果があるかもと、通りすがりで気になっていて来院。

・経過と施術内容

状態をみると歪みがあり、歪みからもコリにつながっている可能性を説明し、
メディカル整体と矯正を施術。
施術後「すごく楽になった」と満足していただく。
以後、職業柄コリが生じやすく、定期的に通っており、
先日息子さんを紹介していただいた。

・考察

歪みとコリによる肩こりであった
長い間の歪みがコリを増強してしまったのであろう。

・使用した主な技、ツボ

坐骨切り、肩まわし

【施術報告 肩こり】施術例3 自転車で転倒した後に肩こり

2021年03月31日

施術例3 自転車で転倒した後に肩こり

30代女性 / OL / 江戸川区西小松川在住
・症状

1年前に自転車で転倒し首を捻ってから肩のこりを覚えるようになる。
友人の紹介で来院。

・経過と施術内容

首と肩の施術に加え、本人の要望で骨盤矯正も加える。
骨盤の歪みもかなりみられ、首や肩に影響を及ぼしている可能性も示唆する。
施術後症状が和らいだが、起き上がり時にふわふわするということで、
めまいの鍼も加えると収まった。
以後、定期的に通院し経過は良好。

・考察

転倒した際に強く首を捻り三半規管にも影響が及んだようである。
三半規管の症状も首や肩のコリが深く関与し、関係する場所に鍼をすることで改善することがよくある。

・使用した主な技、ツボ

平泳ぎ、水泉

【施術報告 肩こり】施術例2 長いデスクワークでの肩こり

2021年03月31日

施術例2 長いデスクワークでの肩こり

20代男性 / OL / 江戸川区松江在住
・症状

社会人になった頃から違和感を覚え常に誰かに肩を掴まれている感覚があり、 デスクワーク終了後に症状が憎悪する。ネットで調べ通いやすそうなので来院。


・経過と施術内容

メディカル整体と首肩矯正で施術。
首肩肩甲骨周りの筋緊張の寛解と肩甲骨と首の歪みを整えると症状が半減した。
施術回数を重ねるごとに症状が改善し、4回目でほぼ症状が消失
現在は月に1回のメンテナンスで通っている。

・考察

社会人になり生活が変わり本来の肩甲骨の動きが出ていない状態であった。
ストレッチや生活指導をアドバイスし経過は良好である。

・使用した主な技

肩まわし、肩のこり抜き

【施術報告 胸の痛み】施術例3 スポーツ(バスケットボール)によって痛めた胸部背部痛

2021年03月31日

施術例3 スポーツ(バスケットボール)によって痛めた胸部背部痛

20代男性 / 会社員 / 船堀在住

 

・症状

右胸の自発痛と朝起床時の痛み、右背部の鈍痛

・経過と施術内容

当院来院の1週間ほど前、バスケットボール中に人とぶつかって、バランスを崩して倒れて負傷。
右胸はぶつかった痛みが強く出ており、背部は倒れた際に痛めてしまったとのことである。
初診時はRPによるツボ治療を中心に筋緊張を緩め、手技により関節の調整を行なった。
第2診でも大きな変化は見られなかったが、同様の治療を続けることにして第3診に臨んだ。
朝起床時の痛みはまだ変化が見られないが、痛みの範囲が少し狭まっているということで、
前回までと施術内容を少し変え、手技で筋肉を緩めることを中心にした。
第4診では痛みがだいぶ楽になったということで様子を見ていたが、
その後も痛みが出ないようだったので施術を終了した。

・考察

今回は怪我や外傷で胸や背中を痛めているが、負傷から少し来院が空いている。
通常急性の外傷であれば、無理に動かしたりほぐしたりせず、炎症が引くようアイシングをして、
痛みが引いてきたら、軽めの手技や運動で負傷部位の回復を促す。
2〜3日もしてある程度落ち着いたら、今度は血液循環を良くして修復を促すべく、
温めたり筋肉をしっかり緩め動かしていく。
痛みのステージごとにすべき事を考える事が大事である。

・使用した主な技

RP(委中、承山、申脈、腰腿点他)、筋打ち
1557

【施術報告 胸の痛み】施術例2 長期に咳をした胸の痛み

2021年03月31日

施術例2 長期に咳をした胸の痛み

20代男性 / 会社員 / 江戸川区東小松川在住
・症状

右胸部の痛み
体調を崩し、長く咳をし続けたため右肋骨に痛みが出現。
右T5~T8にかけて出現し、調子に波がある。
右肩屈曲、右側臥位、咳、笑うと辛い。呼吸は問題ない。背部叩打痛(-)
整形外科にてレントゲン撮影したが異常なし。

・経過と施術内容

初回来院時、胸郭に関わる筋群の肋間筋、腹斜筋、前鋸筋、大胸筋の緊張を取るように施術。
合わせて胸椎のJRC療法とRPで後谿、地機、豊隆を刺激。
施術後痛みが緩和され、呼吸がしやすくなったとのこと。
翌日来院された際は痛みは軽減されていたが、背中を伸ばすとまだ痛みがある。
再び緊張がみられたため、脊柱起立筋などを含めながら施術。
その後、来院ごとに痛みは軽減し、5回目にはほぼ痛みは出ていなかった。

・考察

今回の肋骨の痛みは骨折からくるものではなく、
咳のしすぎで肋間筋などの筋群が緊張したために出現した症状であった。
普段なかなか自分でケアできるような筋肉ではない上、
デスクワークの際の姿勢が悪いことも相まってより強い痛みになったのではないかと考えられる。
セルフストレッチを心がけていただくよう指導した。

【施術報告 胸の痛み】施術例1 転倒後の胸の痛み

2021年03月31日

施術例1 転倒後の胸の痛み

20代女性 / 会社員 / 江戸川区松江在住
・症状

右胸部の痛み

・経過と施術内容

呼吸すると、胸が苦しく痛いということで骨折の可能性があるかもしれないと
整形外科に受診し、骨に異常がないということで、湿布を出してもらったが、
全く痛みが変わらず来院。
背骨の歪みがみられ整体と背骨矯正を提案、整体では背中と胸周りの筋肉をほぐし、
胸肋関節と肋椎関節の可動を上げるJRC療法をする。
胸椎の歪みがひどく、矯正にて改善すると、痛みが殆どなくなり、身体の癖も
ひどくなかったので1回で終了となる。

1 2 3 4 5 16