【施術報告 腰痛】施術例29 産後から生じている腰痛

2021年07月27日

【施術報告 腰痛】施術例29 産後から生じている腰痛

30代女性 / 主婦 / 江戸川在住
・症状

仰向けで寝ると右腰部が痛む

・経過と施術内容

2ヶ月前に出産し産後から右腰に痛みを感じており、
骨盤の歪みや足の長さが違う感じがしていた。
当院来院の2日前に、仰向けで寝ていると痛みで眠れなくなってしまい、
当院に来院された。
脚長差を確認すると左短下肢となっており、それに伴う骨盤の歪みが確認できた。
初診時は骨盤矯正を行い数回にかけて、骨盤を整えていくよう治療計画を提案した。
約1週間後に来院して頂いた際には、状態が良くなっているとの事であったので、
継続して骨盤矯正を行った。
第3診で再度腰痛が出現したものの、施術を行うことで改善し、
それからは順調な経過であった。
第6診では腰部は気にならないが、下腿部にだるさが出ていると訴えがあったので、
下腿部の追加治療を行った。
その後、腰部から下腿部にかけての施術と、骨盤矯正を3回ほど続けたところ、
当初の主訴も気にならなくなった為、施術を終了とした。

・考察

女性と男性では骨盤の形が違う。
男性より女性の方が骨盤腔が広くなっているが、
それは妊娠中に子供が入るための広さであり、
出産時にはホルモンの影響等で、更に骨盤腔が広がる。
広がった骨盤が正常に戻らないと、今回のような腰痛を引き起こしてしまう。
今回は通常の骨盤矯正であったが、産後の骨盤矯正のコースも用意してあるので、
様々な悩みに対応していきたいと思う。

・使用した主な技・ツボ

RP(地五会、大椎-合谷、束骨、承山、委中、腰腿点他)、骨盤矯正

3110

【施術報告 膝痛】施術例15 合わない靴を履いて痛めた右膝関節痛

2021年07月16日

【施術報告 膝痛】施術例15 合わない靴を履いて痛めた右膝関節痛

40代女性 / 主婦 / 船堀在住
・症状

曲げ伸ばしで生じる右膝関節痛

・経過と施術内容

当院来院の5日前に、柔らかい靴を履いて公園に散歩に行った。
帰宅した際に違和感を感じたが、放っておいたところ痛みが出現し、
範囲も広がってきた為、歩く時間が長くならないよう船堀近くで検索して当院に来院された。
膝の曲げ伸ばしや長時間正座をしていると痛みを感じるとのことで、
初診時には骨盤矯正を行ってから、膝周囲の筋肉を手技で緩めたところ、
症状の改善が見られた。
第2診では膝の上辺りに違和感があり、角度によって痛みが出現するが、
全体的に痛みは軽くなっていた。
第3診では痛みの無い時間の方が長くなってきたが、
痛みは膝の上から下の方に感じるようになってきた。
それ以降は痛みから違和感程度になり順調に回復して、
第7診で違和感も消失した為、施術を終了とした。

・考察

今回のケースでは柔らかめの靴を履いたことにより、外側に体重が乗ってしまった為、
痛みが出現してしまっていた。
膝関節には半月板というクッションや、可動域を制限する靭帯が多く存在する。
しかし常に体重がかかる部位でもある為、関節腔が狭まりやすく痛みが出現しやすい。
また上下にある股関節、足関節の不調も膝に影響するので、
自分に合った靴を吟味して使用して頂きたい。

・使用した主な技・ツボ

骨盤矯正

膝痛の日頃のケアは?

運動後や前はストレッチやゴムハンマーなどで体を柔らかくするのを忘れずにしてくださいね。膝の痛みのケアになります。

膝痛セルフケア&改善ブログ一覧

船堀発祥の100均で出来るお手軽セルフケアゴムハンマー整体で膝痛改善↓
●膝の症状

丸山式ゴムハンマー整体®︎膝痛緩和

丸山式ゴムハンマー整体®︎膝内側の痛み、鵞足周辺

ゴムハンマー整体®︎膝のお皿の骨折後のリハビリ

ゴムハンマー整体®️膝の痛み

ゴムハンマー整体でわからないことがありましたら当院にお気軽にご相談ください。

船堀のはればれでは膝痛に対してどんなことをするの?

船堀駅から近い当院では筋肉の緊張や硬さには整体。骨盤のズレや歪みで膝に悪影響を及ぼしている場合は骨盤矯正、捻挫のくせや下腿が貼りすぎたり履物によりズレてしまった場合は距骨矯正、痛みには鍼やハイボルトといった電気をご提案しております。筋力低下にはEMSをオススメするケースもございます。

その方の筋力や生活背景によって膝痛の症状も千差万別であったりしますので、お話を聴いてから最適なお身体を良くするご提案をさせて頂いております。

当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

産後の不調の膝の痛みをさらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

【施術報告 頭痛】施術例12 1ヶ月前から頻繁に生じる頭痛

2021年06月25日

【施術報告 頭痛】施術例12 1ヶ月前から頻繁に生じる頭痛

30代女性 / 会社員 / 東小松川在住
・症状

後頭部の頭痛、腰部後屈痛

・経過と施術内容

当院来院の1ヶ月ほど前から頭痛があり、特に後頭部の痛みが頻繁に出現していた。
また当院来院の2〜3日前には腰痛が生じた為、当院に来院された。
普段からヒールを履くので骨盤の歪みも気になるとのことであり、
実際に触診を行うと頚部・腰部共に筋緊張が強く現れていた。
初診時はRPと骨盤矯正を行ったところ、腰の重たい感じが軽くなった気がするとのことであった。
第2診では首はそこまで気にならないが、腰は反らすと痛みが生じていたので、
再度骨盤矯正を加え、インソールによる矯正も行なった。
第3診も同様の施術を続け、第4診では腰の状態も改善していた為、
骨盤矯正は行わず手技での筋肉調整で様子を見ることにした。
第7診までは手技のみであったが状態は一定して安定しており、
第8診ではメンテナンスを兼ねて骨盤矯正を行ったところ、第9診では特に調子が良くなっていた。
第10診では調子も良かった為、施術を終了とし様子を見て頂くことになった。

・考察

筋緊張性の頭痛は筋緊張により、血管や神経が圧迫されることによる、循環不良によって生じる。
中でも後頭部には後頭神経という神経が通っていて、その部位が圧迫される事で痛みや不快感が生じる。
深部の筋緊張緩和には、鍼治療で原因となるポイントを刺激する事も効果的であるし、
脊椎の動きや姿勢を整える事で、筋肉の負担を減らしていく事でも効果が期待できる。

・使用した主な技・ツボ

RP(頚部底回し、束骨、承山、委中、腰腿点他)、骨盤矯正、インソール矯正

3234

【施術報告 腰痛】施術例28 産前からの歪みに対する全身矯正

2021年06月18日

【施術報告 腰痛】施術例28 産前からの歪みに対する全身矯正

30代女性 / 会社員 / 松江在住
・症状

全身の歪み、腰痛

・経過と施術内容

妊娠以前から骨盤が歪んでいると言われており、出産後に骨盤矯正を他院で受けたが、
骨盤が硬く動かしづらいと言われた経験があり、
今回当院には全身の歪みを整えたいとのことで来院された。
診察をしてみると左の肩甲骨と骨盤が下がっており、左の下肢は短縮している状態であった。
初診時から首肩、骨盤の全体的な矯正を行い、週一回のペースでの来院を提案し、
施術を継続していくことを伝えた。
第2診でも同様の施術を行い、癖を気をつけるように指導を加えた。
第3診では重たいものを持った事で、背中の緊張と腰痛が出現したが、
矯正に加え運動療法等を行い、第4診では状態は改善した。
第5診では再度腰痛が出現したが大きく体の歪みは出ておらず、
痛みも前回ほどではないとのことであった為、矯正を行い姿勢指導を行ってから、
施術を終了とした。

・考察

骨盤の歪みは背骨を介して、肩甲骨や頚椎の歪みとして現れる。
その為、今回のケースのように全体の矯正を行った方が、効果が出現しやすい。
体は部品で切り取れるわけではなく全体で一つである為、
総合的に施術を行うことが望ましい。

・使用した主な技・ツボ

RP(地五会、大椎、合谷、束骨、背部散鍼、他)、首・肩・骨盤矯正

3142

【施術報告 腰痛】施術例27 歩行時に痛む腰部痛と膝関節痛

2021年06月11日

【施術報告 腰痛】施術例27 歩行時に痛む腰部痛と膝関節痛

60代女性 / 主婦 / 松江在住
・症状

腰部の歩行時痛、右膝関節の階段下降時痛

・経過と施術内容

当院来院の1日前に自宅で前屈みになった際に、ギクッとしたような感じがあり、
それから前屈みの姿勢や、歩行時に腰に痛みを感じるようになったとのこと。
また以前から右膝の調子も悪く、正座が長時間できない状態であったが、
今回の腰の痛みをかばっているうちに、右膝の痛みも感じるようになってきたため、
当院に来院された。
初診時にはRPと骨盤矯正を加え、骨盤の動きを出し膝関節の運動療法も行った。
第2診では膝の痛みは軽減していたが、腰の症状はまだ残存していたため、骨盤矯正を再度加えた。
第3診、4診では脚長差等で骨盤の歪みは見られなかったので、骨盤矯正はせず手技のみで施術を行い、
第5診では若干の骨盤の歪みがあったため骨盤矯正を行なった。
第5診までで腰の前屈痛、歩行時痛はほぼ消失していたが、
第6診で荷物を持ったことで首肩周りを痛めてしまっていたので、
首肩の施術も追加し第9診まで行ったところ、
首肩の症状もほぼ消失してきたため、第12診まで様子を見て、問題が無かったため施術を終了とした。

・考察

膝関節周囲の筋肉は骨盤から大腿部・下腿部に付着している。
硬結部だけを緩めるのではなく、筋肉の起始停止部から緩める事で関節の可動性も上がり、
関連した症状の軽減を狙うことができる。
今回のケースでは関節自体よりは、周辺の筋肉を緩める事が、良い結果をもたらしてくれた。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、腰腿点、下腿部硬結点他)、骨盤矯正、ASTR、モビリゼーション

膝痛の日頃のケアは?

ストレッチやゴムハンマーなどで体を柔らかくするのを忘れずにしてくださいね。膝の痛みのケアになります。

膝痛セルフケア&改善ブログ一覧

船堀発祥の100均で出来るお手軽セルフケアゴムハンマー整体で膝痛改善↓
●膝の症状

丸山式ゴムハンマー整体®︎膝痛緩和

丸山式ゴムハンマー整体®︎膝内側の痛み、鵞足周辺

ゴムハンマー整体®︎膝のお皿の骨折後のリハビリ

ゴムハンマー整体®️膝の痛み

ゴムハンマー整体でわからないことがありましたら当院にお気軽にご相談ください。

船堀のはればれでは膝痛に対してどんなことをするの?

船堀駅から近い当院では筋肉の緊張や硬さには整体。骨盤のズレや歪みで膝に悪影響を及ぼしている場合は骨盤矯正、捻挫のくせや下腿が貼りすぎたり履物によりズレてしまった場合は距骨矯正、痛みには鍼やハイボルトといった電気をご提案しております。筋力低下にはEMSをオススメするケースもございます。

その方の筋力や生活背景によって膝痛の症状も千差万別であったりしますので、お話を聴いてから最適なお身体を良くするご提案をさせて頂いております。

当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

産後の不調の膝の痛みをさらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

【施術報告 四十肩・五十肩】施術例4 五十肩に対する矯正施術

2021年06月4日

施術例4 五十肩に対する矯正施術

50代女性 / 主婦 / 江東区東砂在住
・症状

左の五十肩、腰痛、左足の痺れ

・経過と施術内容

自宅で物を取ろうと腕を上げた際に左肩を負傷。
また以前から腰痛と足に痺れがあり、整形外科では椎間板ヘルニアがあると言われている。
初診時は全体的に手技で筋緊張を緩め、次回からは矯正を取り入れて、
施術を行なっていく旨を伝え様子を見た。
第2診では前回施術後少し痛みを感じたが、その後緩和されてきたとの事で、
好転反応の説明をして骨盤矯正を行った。
それからは痛みの度合いに応じて、骨盤矯正を取り入れながら施術を継続した。
第6診では肩の痛みは残存しているが、動かしやすくなってきているとの事であった。
第10診では腰の状態も良くなっていたので、週1のペースで行っていくことを提案した。
第18診で骨盤矯正を行ったところ第19診では力が抜け、
頭を抑えないと起き上がれないような状態となってしまっていたので、
第20診で背骨矯正を行ったところ改善が見られた為、背骨矯正を追加し施術を継続した。
第23診では患者様がジムでランニングマシンを行った際に、左足の痛みと痺れが出現した為、
背骨矯正から骨盤矯正に切り替え、クッションによる骨盤矯正も取り入れたところ、
足の症状は軽減した。
第24診からは再度背骨矯正を行い、第31診では肩・腰共に症状はだいぶ改善していた為、
第32診で施術を終了とした。

・考察

五十肩は発症してから、完治までの期間が長い。
今回のケースでは肩の矯正は行っておらず、手技や背骨矯正等で五十肩の施術を行なっている。
肩甲骨の動きを出すことも重要であるが、今回の場合は関節自体の動きを出すことと、
背骨の歪みを整えることで、肩甲骨の可動域を広げることが出来た。
結果として大きな痛みを伴う事なく、施術を終了する事が出来たのだと考える。

・使用した主な技・ツボ

RP(地五会、大椎-合谷、承山、委中、腰腿点、腎兪-失眠)、

背骨・骨盤矯正、オウギ、肩甲骨返し

3170

【施術報告 足の痛み】施術例11 スポーツクラブで痛めた右小趾痛

2021年05月25日

施術例11 スポーツクラブで痛めた右小趾痛

50代女性 / 主婦 / 船堀在住
・症状

右小趾の歩行時痛、靴下を履く際の痛み、腫脹

・経過と施術内容

当院来院の2週間前にスポーツクラブで運動していて負傷。
皮下出血と腫脹があったので、整形外科にてX線を取ったが骨折は無かった。
しかしその後も腫脹が良くならず、歩行時痛も残存していた為、当院に来院された。
初診時は患部周囲の関節及び、筋肉を緩めキネシオテーピングを行い、
軽度の圧迫固定を加えた。
3日後に第2診となったが痛みと腫れは引いていなかったので、再度同様の施術を行う。
さらに3日後の第3診で痛みと腫れが顕著に引き始め、第4診では痛みがだいぶ引いており、
動きも改善していた。
それ以降は同様の施術を続け徐々に回復が見られたが、
第16診で靴を履いたら少し赤みが出てしまったとの事であった。
しかしそれより悪化する事はなく、第21診で症状は消失した為、施術を終了とした。

・考察

今回のケースでは外傷が長引いている状態であり、
正しい処置を行わなければ順調な経過をたどる事はない。
キネシオテープにより筋力の補助を行いながら、日常生活を送って頂く事で、
負担の軽減を図る事ができる。
その結果、自己治癒力の発現を促す事ができるのだと考える。

・使用した主な技・ツボ

キネシオテーピング

3175

【施術報告 腰痛】施術例26 仙腸関節の歪みによる腰部痛

2021年05月18日

施術例26 仙腸関節の歪みによる腰部痛

20代女性 / 保育士 / 中葛西在住
・症状

仰向けになった際の腰部痛(左仙腸関節)

・経過と施術内容

当院来院の4日前に自宅にて仰向けに寝た際に負傷。
以前にも尾骨の痛みを感じて、整形外科にてX線を撮ってもらったところ、
尾骨が歪み炎症を起こしていると言われたことがある。
その際、当院で施術を行ない症状が軽減した経緯があった為、再度来院された。
今回は尾骨の痛みは無く腰部、特に左の仙腸関節に痛みがあり、
徒手検査ではニュートンテスト陽性であったため、仙腸関節の問題を考え、
初診時はRPと骨盤矯正を行い様子を見ることにした。
2週間ほど空いて再度来院された時にも、左腰に痛みが出ていたため、
翌日も来院して頂き、鍼治療を加えたところ腰の痛みが軽減した。
また様子を見て1週間後、第4診となったがそれほど悪化はしていないとのことであった。
第5診、第6診でも状態は改善しつつあったが、床に座る動作が辛いということであったので、
さらに鍼治療を加えた。
第7診では特に症状も無かったので、施術を終了とした。

・考察

仙腸関節の状態を確かめるために、ニュートンテストという整形外科的テスト法がある。
今回のケースでもニュートンテスト陽性であったが、
当然それだけでは体の状態は見極められない。
しかし仙腸関節が原因となっているケースは非常に多く、
実際に仙腸関節を整えることで今回の痛みも改善している。
体が発している様々な情報を、見逃さずに施術を行うことが大事なのだ。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、申脈、腰腿点)、骨盤矯正、鍼治療(中都、腰仙)
3091

腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛について
骨盤矯正について
鍼灸について
[船堀で腰痛でお悩みの方へ]

【施術報告 股関節痛】施術例4 重たいものを移動させて痛めた右股関節痛

2021年05月11日

施術例4 重たいものを移動させて痛めた右股関節痛

40代男性 / 清掃業 / 春江町
・症状

右股関節の動作時痛

・経過と施術内容

当院来院前日に自宅にて冷蔵庫を移動させた後、夜に右股関節に痛みが出現してしまったが、
放っておいた結果朝には痛みが増しており、仕事にならないため当院に来院された。
以前にも2、3回ぎっくり腰になった事があり、また腰椎ヘルニアの既往もあるため、
腰痛が出ることも多いとのことであった。
初診時はRPを加え施術を行ったところ、かなり感触が良かったので、
その後もRPを中心に施術を続けることにした。
第5診までは順調に改善が見られたが、第6診では症状になかなか変化が現れなくなり、
夕方には痛みが出現してしまっていた。
第8診では施術後の変化が見られなかったので、骨盤矯正を勧めたところ症状が軽減した。
第9診では痛みがだいぶ軽減し、回復に向かっていた。
その後は順調に回復し、夕方の痛みも消失したため、第14診で施術を終了とした。

・考察

古代中国で生まれた鍼灸の方法は実に様々な種類があり、
経絡や経穴という人体に存在するエネルギーの経路やポイント、
また筋肉や皮膚に対して施術を行う。
RPもツボに対して操作を行い、人体の治癒力を引き出す道具であり、
本来の治癒力を最大限に生かす選択こそが、治療の幅となる。
これからも多くの学びを通して、患者様に適した施術を提案していきたい。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、申脈、環跳-承扶他、右臀部筋打ち・なぞり)、骨盤矯正

2461

[船堀で股関節痛でお悩みの方へ]

【施術報告 腰痛】施術例25 フットサルによって痛めた腰臀部痛

2021年04月30日

施術例25 フットサルによって痛めた腰臀部痛

30代男性 / 会社員 / 墨田区太平在住
・症状

腰部から左臀部、左大腿部後面にかけての動作時痛

・経過と施術内容

当院来院の3日前に、フットサルをした際に負傷。
少しづつ痛みは軽減していたものの歩行時痛等があり、日常生活に支障があった為、
当院に来院された。
痛みの範囲は腰から左臀部、左大腿部後面に出ており、歩行時や立位、
座位へと動かした際に痛むとのことであった。
初診時はRPを行い、腰部を中心にパルスでの鍼治療を加えたところ、
痛みの軽減が見られた。
第2診は約2週間ほど間隔が空いてしまい、痛みが再度出現していた為、
前回同様パルス鍼治療を行い、間隔を空けないよう3日後に来院してもらったところ、
痛みはだいぶ軽減していたので、パルスは加えず鍼治療のみを行った。
さらに3日後の第4診ではほぼ痛みを感じていなかった為、
1週間様子を見たが特に問題もなかったので施術を終了とした。

・考察

今回のケースでは鍼治療にパルスを用いている。
鍼治療では刺入の深さや太さの調節で刺激や効果を変えるが、
それ以外にも様々な方法があり、パルスとは打った鍼に電気を流す治療である。
筋肉の運動量が足りていない場合に、鍼に電気を流す事で筋肉が収縮する為、
血流量を上げることができる。
運動させる事で筋緊張も緩みやすくなるので、効果が出やすい治療法である。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、申脈、腰腿点)、
鍼治療(腎兪、環元兪、志室パルス、左環跳、左委中、玉天)

3008

腰痛・ぎっくり腰・坐骨神経痛について
1 2 3 4 5 18