【施術報告 むち打ち・首の痛み】 施術例14 いつもより治りにくい寝違え

2021年03月2日

施術例14 いつもより治りにくい寝違え
 
 
 
 
30代男性 / 会社員 / 松江在住
 
 
・症状
左頸部の後屈・側屈・回旋痛
 
・経過と施術内容
当院来院の1週間ほど前に自宅で寝ていた際に負傷。
普段からもよく寝違えることが多く、いつもは2〜3日で治るが、今回は治りが悪かった為当院に来院された。
初診時に状態を確認したところ、特に左の頸部の筋緊張が強く、左側屈がしにくいといった状態であり、
また患側肩甲骨が上内方に入り込み、健側肩甲骨は下外方にやや歪んでいる状態であった。
初診時はRPと首・肩の矯正を取り入れ、肩甲骨を正常な位置に戻した上で、筋緊張を緩めることにしたところ、
首の可動域の改善と痛みの減少が見られた。
第2診では可動域は少し戻ってしまっていたが、痛みのレベルは下がっていた為、手技により肩甲骨を調整した。
初診から約1週間後の第3診ではほぼ問題がなかったので、施術を終了とした。
 
・考察
今回のケースでは普段は治りやすい寝違えが、今回は治りにくかったということであるが、
問題点としては肩甲骨の歪みが考えられる。
首の筋肉は肩甲骨や鎖骨、胸骨など体幹にも付着しており、それらが正常な位置からずれることで、
余計な力が加わり続けるので修復がされにくい。
そのために矯正を行い、骨や筋肉を本来の位置に戻すことが、体の治癒力を発揮させるために必要なのだ。
 
・使用した主な技、ツボ
首・肩矯正、RP(地五会、大椎-腕骨・合谷、束骨、京骨)
2435 
 

【施術報告 むち打ち・首の痛み】 施術例13 寝違えによる頸部痛と背部痛

2021年03月2日

施術例13 寝違えによる頸部痛と背部痛
 
 
 
 
30代女性 / 会社員 / 東小松川在住
 
 
・症状
右頸部から肩甲骨内縁・背部にかけての動作時痛
 
・経過と施術内容
来院1週間ほど前に自宅で寝違えて負傷。
それからしばらく我慢をしていたが右頸部のみだった痛みが徐々に下方に広がり、
肩甲骨内縁や背部まで痛むようになった為、怖くなって当院に来院された。
視診によると右肩甲骨が左肩甲骨に比べて上がっており、触診では右頸部から肩甲骨内縁にかけて、
筋緊張が非常に強くなっている事が把握できた。
初診時は首肩矯正とRPを行なったところ、痛みが半分程度に下がっていた。
第2診ではだいぶ動かせるようになっているとのことで、RPを継続しながら施術を続けた。
しかし第4診ではまた起床時に右頸部を痛めてしまい、患部を集中的かつ軽度にほぐすように手技を加えた。
第5診では前回治療後少し重くなったが、朝起床時には痛みが消失したとのことであった。
その後背部の痛みはほとんど無く、第8診には腰部の治療を行い土台としての骨盤の安定を図るようにした。
それからはメンテナンス中心となり、特に大きな痛みには悩まされていない。
 
・考察
寝違えは不自然な体勢で睡眠をとったことにより、血流不足等で過度な筋緊張が起きてしまうことである。
またそれ以外にも前日にスポーツ等で体を動かしすぎて、疲労が蓄積して翌日に持ち越した結果、
寝違えに発展してしまうこともある。
寝違えは安静にしていればやがて治るものではあるが、視界を得る為に首を動かした際に、
痛みを感じて長引くことがあるので、施術により早期の回復を図ることが望ましい。
 
・使用した主な技、ツボ
首肩矯正、RP(筋打ち、地五会、大椎、合谷、陽池、陽渓、束骨、京骨)
1503 
 

【施術報告 むち打ち・首の痛み】 施術例12 むち打ちの後遺症から来る頚部痛

2021年03月2日

施術例12 むち打ちの後遺症から来る頚部痛
 
 
 
 
30代女性 / 会社員 / 松江在住
 
 
・症状
頸部から左肩甲骨内側にかけての鈍痛
 
・経過と施術内容
当院来院日の当日に自宅にて寝違えて、頸部から左肩甲骨にかけての痛みを発症して来院された。
話を伺うと15年ほど前にスキーでむち打ちになり、それからたびたび頚部痛が出るようになっているとのことであった。
神経症状は無く筋緊張による背骨の歪みにより、痛みが出ていると考えられた。
初診時はRPを行い首や背部の筋緊張を、手技により丁寧に緩めた。
第2診では初診時より症状は軽減していたが、肩甲骨の動きが悪く筋緊張も強かったので、肩甲骨を中心に調整を加えた。
第3診では肩甲骨内縁の緊張が緩み、背部の痛みもかなり軽減したが、
頸部の痛みがやや残存していたので、そちらをメインにシフトして継続加療中。
 
・考察
むち打ちといえば交通事故によるイメージが多いかもしれないが、スポーツでも当然起こりうる。
むち打ちは強い衝撃により頸椎がムチのようにしなることで、頸椎周囲の靭帯や筋肉が損傷したり、
脊髄や神経にダメージが残ってしまう状態だが、スキー等のスピードが出るスポーツやラグビー、
サッカー等のコンタクトスポーツでもそのような衝撃を受ける。
今回のケースでは15年前の負傷がずっと尾を引いているわけだが、そのようなことにならないためにも、
ケアの重要性をお伝えしていきたい。
 
・使用した主な技、ツボ
RP、肩甲骨調整
1681 
 

【施術報告 腰痛】 施術例3 狭窄症の影響による急性腰痛

2021年03月2日

施術例3 狭窄症の影響による急性腰痛
 
 
70代女性 / 無職 / 一之江在住
 
 
・症状
腰の痛み・お尻の付け根の痛み・太ももの痛み・歩行困難
 
・経過と施術内容
朝、起床時足をふと伸ばした際に疼痛が出て、左側の左臀部と両足の付け根が特に屈むとつらい
 
付け根は狭窄症の影響でずっと辛いとのこと、昨日から足に力が入りずらく、歩くのがつらい。
6回目でほぼ急性の腰痛は消失、7回目以降は狭窄症の改善に定期的に通っている。
 
・使用した主な技
腰のファセット、脊髄後枝の寛解、坐骨上げ、骨盤はがし
股関節テクニック(オステオパシー)
 
・考察
もともと狭窄症があり、慢性的な腰痛に悩まされており、一時はバスで病院までいき、ブロック注射をしていたが、だんだん効かなくなり、すぐ戻るのでやめたとのこと。
狭窄症の影響で難治性の急性腰痛であったが、施術する度に改善していき、今回の痛みは多裂筋の硬さがかなり影響していた。
 

【施術報告 腰痛】 施術例2 地震で飛び起きて腰痛

2021年03月2日

施術例2 地震で飛び起きて腰痛
 
 
50代女性 / 主婦 / 江戸川区一之江在住
 
 
・症状
左腰の痛み・張り感・膝の痛み
 
・経過と施術内容
左の腰を掃除中に捻り痛め、更に地震で驚き飛び起きたことで悪化し来院。
前後屈、座っている状態、歩行時に痛みが増す。
施術し前後屈や座る際の痛みが消失する。
主婦で腰に負担がかかることが多いため、間を空けずに通っていただく必要性を説明し、
4回の施術でほぼ痛みが消失する。
あの痛みをもう二度と起こしたくない為メンテナンスの為に現在は週1回で通院している。
 

【施術報告 背中の痛み】 施術例4 寝違えてから時間が経ちこじれた背中の痛み

2021年03月2日

施術例4 寝違えてから時間が経ちこじれた背中の痛み
 
 
60代女性 / 会社員 / 一之江在住
 
 
・来院
2016年10月
 
・症状
寝違えて左肩甲間部に疼痛。
時間の経過とともに症状が憎悪する。
胸椎の2番、3番付近のキワに安静時痛著明。夜間時痛著明。
左腕が一週間前から後面に疼痛があり痺れもある。
背中や腕を動かすと楽になり、温めると痛みが悪化する。
首を左回旋、後屈で背部に疼痛。以前にも当院にかかったことがあり来院。
 
・経過と施術内容
背部を中心に全体的に筋緊張が強く、
痛みの程度や触診から肉離れを起こしている可能性が高く、
整体を施した後に筋硬結部に鍼をし、症状が6割程度になる。
5回目ほぼ症状が消失し筋緊張もみられなくなり終了となる。
 
・考察
寝違えてから我慢強い方でシップなどで半月ほど様子をみていたためか、
受傷直後に来院するケースより改善が困難であったが、
5回でほぼ消失し生活に支障をきたさなくなり安堵した。
 
・使用した主な技
脊柱の透し、肩の開き閉じ、T2(1)
 

【施術報告 背中の痛み】 施術例3 急に立ち上がった際の背中の痛み

2021年03月2日

施術例3 急に立ち上がった際の背中の痛み
 
30代女性 / 主婦 / 宇喜田町在住
 
・来院
2016年9月
 
・症状
来院2時間前に
しゃがんだ状態から立ち上がる際に左背中に痛みが走った。
深呼吸や肩を動かすと辛い。背中を反るのも辛い。
 
・経過と施術内容
2回目
初回の施術後痛みがかなり和らいだが、子供を抱っこした際に再受傷してしまい来院。
痛みが前回よりも悪化してしまい、深呼吸時やうつ伏せになる際に鋭い痛みが走る。
 
3回目
施術後更に痛みが和らぎ日常生活が普通に送れるようになる。
 
・使用した主な技
脊髄後枝、脊柱の透し
 

【施術報告 背中の痛み】 施術例2 朝起きた時に走る背中の痛み

2021年03月2日

施術例2 朝起きた時に走る背中の痛み
 
 
50代女性 / 主婦 / 江戸川区東小松川在住
 
 
・来院
2016年7月
 
・症状
朝起きると背中に痛みが走り、屈んだり、呼吸をしても痛みがでる。
湿布をしても痛みが治まらず以前モートン病で改善した当院に受診。
 
・経過と施術内容
1回目の施術で痛みが半減し、以後症状が強いため続けて施術し4回目でほぼ痛みや違和感が消失した。
 
・考察
受傷後すぐに来院したため、痛みがスムーズに和らいでいった。 いわゆるぎっくり背中である。背中の痛みは神経に触りやすいので激痛になりやすく辛い思いをする方が多い。 痛みがとれた時の笑顔を見るのはいつみてもいい。
 
・使用した主な技
脊柱の透し
 

【施術報告 むち打ち・首の痛み】施術例11 矯正により改善した頸部痛

2021年03月2日

施術例11 矯正により改善した頸部痛
 
 
60代女性 / 清掃業 / 船堀在住
 
・症状
左頸部から、肩甲骨にかけての痛み
 
・経過と施術内容
来院日の前日にテニスをしており、その際に頸部を負傷したとの事。
1週間ほど前、自宅にて朝起床した際に首の痛みに気付いたが、思い当たる原因は無いとの事。
左の頸部から肩甲骨にかけての安静時痛と、側臥位での違和感を訴えていた為、
ジャクソンテストを行ったところ、左腕に痺れが出現し頸椎の狭窄があると考えられた。
初診時にはRPによるツボ治療と首の矯正を加えたところ、痛みは半分ほどに下がり痺れもやや軽減していた。
それから2診、3診と同様の治療で順調に改善したので3診で治癒とした。
 
・考察
頸部は頭部を支える役目があり、頭部は5〜6㎏ほどの重さがある。
それに重力が加わる為、特に思い当たる原因が無くとも、普段の負担が十分頸椎を狭める原因になりうる。
今回のケースでは頸部のテスト法で陽性反応が出現したことから、頸椎の間隔を拡げることが状態改善に繋がると考え、
実際に首の矯正を加えたことで、早期の治癒を迎えることができた。
 
・使用した主な技、ツボ
RP、首矯正
848 
 

【施術報告 むち打ち・首の痛み】施術例10 テニスで痛めた頸部痛

2021年03月2日

施術例10 テニスで痛めた頸部痛
 
30代女性 / 主婦 / 船堀在住
 
・症状
頸部の左右回旋痛と後頭部の頭痛
 
・経過と施術内容
来院日の前日にテニスをしており、その際に頸部を負傷したとの事。
動作確認をしたところ、左右の回旋動作で痛みが生じており、上下の動きには問題は無かった。
元々肩こりがあり、それによる頭痛もあるとの事であった。
来院初日はRPによるツボ施術と、筋打ちを取り入れ様子を見たところ、最初の痛みは半分ほどに減っていた。
その後も日をまたがず、同様に施術を続け、5診目には最初の頃の痛みは2/10ほどまでに下がっていた。
それからは症状もだいぶ落ち着き、約一週間後の9診目には首肩の症状の消失が見られたので治療を終了した。
 
・考察
今回のケースでは元々から肩こりがあり、その筋緊張が強いままテニスをプレイしてしまった事により、
急性の炎症症状が出てしまっていたが、急性炎症は最初の処置を間違えなければ、比較的早期に治癒する事が出来る。
こちらの患者様は負傷後すぐに来院して頂いたので、二週間かからずに完治をしている。
スポーツによる急性の負傷であれば、間を空けずすぐに医療機関を利用して頂きたい。
 
・使用した主な技、ツボ
RP(筋打ち、なぞり)、頸部筋肉調整
531 
 
1 2 3