[船堀で腰痛分離症でお悩みの方へ]

2021年06月17日

「腰椎分離症とは」

腰椎分離症はジャンプや腰をひねるなどを繰り返し行うことで腰にストレスがかかり、腰椎が疲労骨折を起こし分離してしまった状態です。

スポーツのしすぎや部活をやりすぎると起こり痛くて来院されるケースが多いです。

最初は腰が痛いと感じるだけですが、悪化してくると脚のしびれが出てしまうこともあるものです。

「原因」

腰の使いすぎ、背骨の関節・股関節の柔軟性の低下によりストレスがかかることです。

特にスポーツ活動でよく起こります。

腰へかかるストレスを減らすことが重要ですが、背骨や股関節の柔軟性の強化や身体を支える筋力を強化することが重要です。

「症状」

腰が痛くなるのはもちろんですが、お尻や太ももなど周辺の部位にも痛みが出る場合があります。

また、腰椎を後ろに反らせたときにも痛みが強く出ます。

「対策」

まず痛みが出たら、運動等は少し控えて炎症を緩和させます。

根本的な改善としては、“悪い姿勢“と”関節の柔軟性“のため、普段の生活から姿勢に意識を持って行ったり、定期的に腰を中心としたストレッチなどをすることが予防と対策になります。

しかし、すでに痛みが強い方は、炎症を抑えても再発する可能性があります。ですから、もともとの姿勢を正すなど、身体のバランスを整える必要があります。

●腰痛

丸山式ゴムハンマー整体®︎頑固な腰痛

ゴムハンマー整体®︎腰の痛みに置くバージョン

●反り腰改善

丸山式ゴムハンマー整体®︎反り腰改善ストレッチ&ゴムハンマー整体

「当院で提供するメニュー」

姿勢を正すための骨格矯正 

加えて、関節の柔軟性を上げるために、身体のバランスを整える整体

自宅でできる簡単なストレッチ、ゴムハンマー整体も指導いたします。

また、どうしても痛みが取れない場合は鍼治療なども提供しているので、お気軽にご連絡ください。

当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

 

[船堀で脊柱管狭窄症でお悩みの方へ]

2021年06月17日

「脊柱管狭窄症とは」

背骨が変形したり、背骨の間のクッションである“椎間板”が膨らんだりすることで、神経の通り道である“脊柱管”は狭くなります。そうなると、神経を圧迫することになり血流が悪くなります。これが脊柱管狭窄症です。

背中を伸ばそうとすると脚がしびれたり、歩いていても途中で休憩をしないと辛いという症状が特徴的です。

50代からみられ、60、70代に多く見られます。

「原因」

悪い姿勢や身体を支える筋力が低下することによって背骨が歪んだり、背骨の後ろにある靭帯が厚くなったり、背骨の関節に負担が長期間加わることによって、変形や肥厚したりします。

変形や肥厚することで、脊柱管が狭くなり、神経を圧迫し、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こしてしまいます。

日常生活に支障をきたすことも多いため早めに処置することが大切です。

「症状」

背筋を伸ばして立ったり歩いたりすると、太ももや膝から下にしびれや痛みが出て歩きづらくなります。

しかし、少し前かがみになったり、腰かけたりすると軽減されます。

症状が進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、尿漏れなども起こっていきます。

「対策」

普段から良い姿勢を意識していくのは必要です。例えば仕事中やテレビやスマホを見ているときに自分の姿勢の悪さに気づくことは重要です。

しかし、脊柱管狭窄症の症状が出ているときは自分でなんとかしようとせず、当院にご相談くださいませ。

しっかり病態を把握してから対策をしないとなかなか、よくならないからです。

必要であれば医療機関をお勧めいたします。

●腰痛

丸山式ゴムハンマー整体®︎頑固な腰痛

ゴムハンマー整体®︎腰の痛みに置くバージョン

●反り腰改善

丸山式ゴムハンマー整体®︎反り腰改善ストレッチ&ゴムハンマー整体

「当院が提供するメニュー」

“悪い姿勢” “筋力低下”この2つを重点的に当院では改善できます。

まず、“良い姿勢”を保つために、骨格矯正や整体などで身体のバランスを整えます。普段仕事やスマホなどでバランスが崩れている人は多いです。ですが、整体などでバランスを整えるだけで日ごろのパフォーマンス向上につながります。

続いて“筋力低下”。理想では、運動習慣を作って頂きたいですが、現代を生きる人にとっては時間を捻出するのが難しいのが現状です。当院ではEMSという電気刺激装置があります。パッドを身体に貼って電気をかけるだけで筋トレ効果を出せます。

EMSは、ベッドに寝て行うためリラックスした状態で出来ます。

当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

【施術報告 腰痛】施術例27 歩行時に痛む腰部痛と膝関節痛

2021年06月11日

【施術報告 腰痛】施術例27 歩行時に痛む腰部痛と膝関節痛

60代女性 / 主婦 / 松江在住
・症状

腰部の歩行時痛、右膝関節の階段下降時痛

・経過と施術内容

当院来院の1日前に自宅で前屈みになった際に、ギクッとしたような感じがあり、
それから前屈みの姿勢や、歩行時に腰に痛みを感じるようになったとのこと。
また以前から右膝の調子も悪く、正座が長時間できない状態であったが、
今回の腰の痛みをかばっているうちに、右膝の痛みも感じるようになってきたため、
当院に来院された。
初診時にはRPと骨盤矯正を加え、骨盤の動きを出し膝関節の運動療法も行った。
第2診では膝の痛みは軽減していたが、腰の症状はまだ残存していたため、骨盤矯正を再度加えた。
第3診、4診では脚長差等で骨盤の歪みは見られなかったので、骨盤矯正はせず手技のみで施術を行い、
第5診では若干の骨盤の歪みがあったため骨盤矯正を行なった。
第5診までで腰の前屈痛、歩行時痛はほぼ消失していたが、
第6診で荷物を持ったことで首肩周りを痛めてしまっていたので、
首肩の施術も追加し第9診まで行ったところ、
首肩の症状もほぼ消失してきたため、第12診まで様子を見て、問題が無かったため施術を終了とした。

・考察

膝関節周囲の筋肉は骨盤から大腿部・下腿部に付着している。
硬結部だけを緩めるのではなく、筋肉の起始停止部から緩める事で関節の可動性も上がり、
関連した症状の軽減を狙うことができる。
今回のケースでは関節自体よりは、周辺の筋肉を緩める事が、良い結果をもたらしてくれた。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、腰腿点、下腿部硬結点他)、骨盤矯正、ASTR、モビリゼーション

【施術報告 四十肩・五十肩】施術例4 五十肩に対する矯正施術

2021年06月4日

施術例4 五十肩に対する矯正施術

50代女性 / 主婦 / 江東区東砂在住
・症状

左の五十肩、腰痛、左足の痺れ

・経過と施術内容

自宅で物を取ろうと腕を上げた際に左肩を負傷。
また以前から腰痛と足に痺れがあり、整形外科では椎間板ヘルニアがあると言われている。
初診時は全体的に手技で筋緊張を緩め、次回からは矯正を取り入れて、
施術を行なっていく旨を伝え様子を見た。
第2診では前回施術後少し痛みを感じたが、その後緩和されてきたとの事で、
好転反応の説明をして骨盤矯正を行った。
それからは痛みの度合いに応じて、骨盤矯正を取り入れながら施術を継続した。
第6診では肩の痛みは残存しているが、動かしやすくなってきているとの事であった。
第10診では腰の状態も良くなっていたので、週1のペースで行っていくことを提案した。
第18診で骨盤矯正を行ったところ第19診では力が抜け、
頭を抑えないと起き上がれないような状態となってしまっていたので、
第20診で背骨矯正を行ったところ改善が見られた為、背骨矯正を追加し施術を継続した。
第23診では患者様がジムでランニングマシンを行った際に、左足の痛みと痺れが出現した為、
背骨矯正から骨盤矯正に切り替え、クッションによる骨盤矯正も取り入れたところ、
足の症状は軽減した。
第24診からは再度背骨矯正を行い、第31診では肩・腰共に症状はだいぶ改善していた為、
第32診で施術を終了とした。

・考察

五十肩は発症してから、完治までの期間が長い。
今回のケースでは肩の矯正は行っておらず、手技や背骨矯正等で五十肩の施術を行なっている。
肩甲骨の動きを出すことも重要であるが、今回の場合は関節自体の動きを出すことと、
背骨の歪みを整えることで、肩甲骨の可動域を広げることが出来た。
結果として大きな痛みを伴う事なく、施術を終了する事が出来たのだと考える。

・使用した主な技・ツボ

RP(地五会、大椎-合谷、承山、委中、腰腿点、腎兪-失眠)、

背骨・骨盤矯正、オウギ、肩甲骨返し

3170

【猫背改善】冷えや不眠、下半身太りまで…猫背によって起こる不調の数々

2021年05月29日

猫背によって起こる数々の不調とは?

猫背によって起こる体の不調について、一度まとめてみましょう。

【猫背によって起こる体への不調】

・慢性的な肩こりや腰痛

・首のこりや痛み

・頭痛、頭が重い

・浮腫みやすい

・体が冷えやすい、一年中冷えが辛い

・寝ても寝ても疲れがとれない

・眠れない、眠りが浅い

・不安や心配で眠れなくなる

・イライラする、ストレスが抜けない

・気持ちが沈みやすい

・老けて見られる

・太りやすい

・顔が丸い

・下半身太りが気になる

・ぽっこりお腹が気になる  など

この他にも、まだまだたくさんの不調が考えられます。

どれか一つでも当てはまれば、今すぐ猫背の改善に向けて動き出す理由になります。

 

もちろん、猫背を改善したら全ての体の不調が確実に取り除かれるというわけではありません。

ただ、これらの不調には、猫背が関係していることが大いに考えられます。

何年間も原因不明だった体調不良が、猫背を改善したことで良くなった、元気になれたという声は、決して少なくないのです。

他の猫背を治すメリットは?

猫背を治して見た目を良くしたい!という思いも大切です。

やはり、背中が丸まって歩いている人よりも、背筋を伸ばして歩いている人の方が、格好良く見えますよね。

若いうちから猫背の状態が当たり前になってしまうと、加齢とともに筋力が低下した時に、自分でも驚くほど背中や腰が丸まって、実年齢よりもぐっと老けて見えてしまうかもしれません。

そうならないためにも、数十年先の肌のことを考えて日焼け対策を行うように、未来の自分の姿勢をより良い状態にするための猫背対策を、どんどん取り入れていってほしいと思います。

 

その結果、思わぬ形で体がどんどん健康になり、それが見た目にも表れて、ますます若々しく見える要素が増えていきます。

猫背を放っとおくと?

反対に猫背を放置してしまうと、原因不明の不調が続き、気分も優れず、肌も荒れ、ダイエットもなかなか成功せず、それが見た目にも影響して、ますます老けて見えるという悪循環につながります。

猫背を改善して、見た目の老化も、体の内側の老化も、しっかりと食い止めていきましょう。

猫背矯正に興味がある方

お得なキャンペーンで試してみたい方

●猫背改善ゴムハンマー整体

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善①腰ひねり編

ゴムハンマー整体®︎猫背改善②猫のポーズ

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善③肩甲骨周り編

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善④頭首肩編

[船堀で産後の不調でお悩みの方へ]

2021年05月25日

「産後の不調とは」

●出産前のズボンが入らない

●出産後のぽっこりお腹

●冷え性やむくみ

など。産後におけるさまざまな不調にたいしては早めの対処が肝心です。

「産後に骨盤が歪む原因」

妊娠時期には「リラキシン」というホルモンが分泌されます。このホルモンは骨盤を支えている靭帯を緩ませる働きがあります。それは赤ちゃんが産道を通りやすくするためです。

このリラキシンは産後1~2か月まで分泌が続きます。

なので、骨盤がそのままの可能性がおおいにあります。

きちんと骨盤矯正をすることはとても大事になってきます。

「骨盤のゆがみによって生じる不調」

・腰痛や肩こり

・ぼっこりお腹

・出産前のズボンがはいらない

・下半身のむくみ

など。

これらは骨盤底筋群が緩むことによって生じます。

しかし、これらが緩むこと自体は悪いことではないので、身体の歪みをリセットするタイミングであると捉えましょう。

「当院が提供するメニュー」

骨盤のゆがみ以外にも産後の不調はたくさんあります。患者様の状態を把握するため、最初は丁寧にカウンセリングをさせて頂きます。

患者様の状態にあった施術や矯正をさせて頂きます。

尿漏れでお困りの方は→コチラ

当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

当院のオススメ!産後の不調のセルフケア

●背中の痛み

ゴムハンマー整体®︎背中の痛み

●腰痛

丸山式ゴムハンマー整体®︎頑固な腰痛

ゴムハンマー整体®︎腰の痛みに置くバージョン

●反り腰改善

丸山式ゴムハンマー整体®︎反り腰改善ストレッチ&ゴムハンマー整体

[船堀で外反母趾でお悩みの方へ]

2021年05月25日

「外反母趾とは」

「原因」

大きく分けて2つ

・先天性

もともとの足の形や骨格が外反母趾に繋がるケース。

先天性を疑う一つの指標として、親指が一番長くて小指にかけて短くなっているか。もしなっていたら疑ってもよいと言えます。

 

・後天性

これは、生活習慣が原因でなってしまうケース。

具体的には歩き方の癖。足をあげず、すり足で歩く方や運動不足の方は、足の筋肉が弱り偏平足になりやすい傾向があります。

偏平足は外反母趾を招く原因の1つと言われています。

ハイヒールや足に合わない靴などを使っていると、足先へ過度な負担がかかるため、外反母趾へのリスクが上昇します。

「症状」

足の親指が小指の方へ「くの字」になっているのが特徴です。

進行すると、骨が神経を圧迫して痺れを招くことも考えられます。

「対策」

痛みを抑えたいのであれば、靴との摩擦を軽減するために、外反母趾専用サポーターなどはおすすめです。

もし、腫れが目立つようであれば、無理に動かさず、患部を冷やしてください。

また、ハイヒールや歩きすぎた場合は、足のエクササイズをやりましょう。

たとえば、お風呂上りに、足の指を使ってじゃんけんストレッチをしてみてください。凝り固まった筋肉がほぐすことがとても効果的です。

「当院が提供するメニュー」

外反母趾の方の特徴として、足のアーチ低下や姿勢の悪さが目立ちます。

そのため、姿勢をアプローチするための骨格矯正や骨盤矯正、整体などを提供しております。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

 

当院のオススメ!外反母趾の不調のセルフケア

●足の症状

ゴムハンマー整体®️足のスネ

ゴムハンマー整体®︎ふくらはぎ

丸山式ゴムハンマー整体®︎足裏のコリ

[船堀で打撲でお悩みの方へ]

2021年05月25日

「打撲とは」

何かにぶつけたときに起こりうつケガとなります。

時間の経過とともに痛みを増すという特徴もあります。

スポーツ中はもちろん、高齢の方は足腰が弱ってきて転倒してしまうというのも考えられます。

「症状」

一般的には2つの症状が伴います。

・痛み

・腫れ

加えて、患部の皮膚の色が変色することもあります。

それは内出血をしてしまうことに原因があります。

「対策」

ケガしてから一番は最近は諸説ありますが、冷やすことです。

患部の血管を収縮させて腫れを最小限にとどめることで、症状の重症化を防ぐことに繋がります。

また、無理に動かすことはやめましょう。

「当院が提供するメニュー」

打撲はよく放置されがちですが、発症から迅速な対応が重要です。

打撲をしてから72時間はアイシングをします。

また、壊れた組織の修復を促すように周りの筋肉にアプローチいたします。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

[船堀で肉離れでお悩みの方へ]

2021年05月25日

「肉離れとは」

スポーツ中に起こるだけでなく、年齢とともに筋肉の柔軟性が失われていくとふとした瞬間に起こる可能性があります。

「原因」

筋肉の伸び縮みが同時に起こった際に断裂して痛みや腫れが生じるのが肉離れです。

断裂した際には「ブチっ」と音がします

筋肉の柔軟性が失われる原因としては、運動不足

加えて、水分不足や冷えです。

体内の水が不足すると、血中濃度があがって血行が悪くなります。そうすると、冷えが生じてきて筋肉の柔軟性が失われていきます。

「症状」

大きく3つに分類されます

・伸ばすと痛い

・力を入れたときに痛い

・押すと痛い

「対策」

急性期にはまず冷やすことです。

また、治るにはかなり時間がかかりますが、焦らないことが大事です。リハビリとしては軽めのウォーキングやストレッチからはじまり、徐々にもとに戻していきます。

「当院が提供するメニュー」

急性期はもちろん、リハビリ期でも適切な対応をします。

痛みを取り除くメニューもありますので、お気軽にご連絡ください。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

[船堀で捻挫、腱炎、腱鞘炎でお悩みの方へ]

2021年05月25日

「捻挫、腱炎、腱鞘炎とは」

捻挫というとスポーツマンに起こりやすい怪我だと思う方が多いのではないでしょうか。

実は、これらの症状は年齢や性別関係なく発症する可能性があるのです。

「原因」

・捻挫

関節に強い力が加わると、痛みや腫れが起こるケガです。

・腱炎、腱鞘炎

骨と筋肉をつなぐ腱と、そのまわりにある腱鞘がこすれあうことによって炎症が起こってしまいます。

それによって痛みが引き起こされます。

デスクワークなど指の使いすぎによる影響が大きいです。

「症状」

・捻挫

痛みや腫れが起こります。

・腱炎、腱鞘炎

炎症の起きた部位を動かしたり、押すと痛みを感じる

「対策」

もしおこってしまったら、アイシングです。そして、なるべく過度に使わないようにしてください。

予防としては、使いすぎないように休憩をはさむことです。

もし、難しそうであれば手首周辺を温めるなどをして血行促進させることは効果的です。

「当院が提供するメニュー」

急性期であればまず冷やします。

急性期を過ぎれば、患者さんの状態に応じて多種にわたるアプローチの中からベストな施術をさせて頂きます。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

当院のオススメ!捻挫、腱炎、腱鞘炎の不調のセルフケア

丸山式ゴムハンマー整体®︎膝内側の痛み、鵞足周辺

丸山式ゴムハンマー整体®︎前脛骨筋腱の腱鞘炎

1 2 3 4 5 6 34