[船堀で膝の痛みでお悩みの方へ]

2021年05月25日

「膝の痛みとは」

高齢者の5人に1人は膝の痛みに悩まされています。

膝は日常生活を送る上では欠かせない部位です。膝の痛みは相当強いストレスを与えることになります。

「原因」

多種にわたって原因となるものはありますが、

主に4つほどあげられます。

・変形性膝関節症

年齢とともに関節の軟骨の弾力が失われ、すり減りが始まり関節が変形して痛みが引き起こされます。

・関節リウマチ

発症する年齢も幅広く、若い人もなりうる可能性があります。関節が腫れて痛みを感じる症状です。

・半月板損傷

半月板は膝のクッションの役割を担っていて、衝撃を吸収してくれます。なので、半月板を損傷すると、痛みや引っ掛かりを感じます。

・膝関節靭帯損傷

急激に膝に強い力が加わり、膝の靭帯が損傷してしまう外傷です。

「対策」

もし、膝の痛みがあれば医療機関に受診するのは1つあります。

また予防としては、運動不足にならないよう毎日運動するというのが考えられます。

もし、発症してしまったら、膝に負担のかかるようなことは控えましょう。

「当院が提供するメニュー」

重症な場合は医療機関と連携をとり、よりよい選択まで導きます。

そのため、丁寧にカウンセリングをさせて頂きます。

根本は治せないかもしれませんが、辛い痛みを取り除くことはできます。鍼治療や電気療法に加え、整体で身体のバランスを整えることができます。お気軽にご相談ください。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

当院のオススメ!膝の痛みのセルフケア

●膝の症状

丸山式ゴムハンマー整体®︎膝痛緩和

丸山式ゴムハンマー整体®︎膝内側の痛み、鵞足周辺

ゴムハンマー整体®︎膝のお皿の骨折後のリハビリ

ゴムハンマー整体®️膝の痛み

[船堀で股関節痛でお悩みの方へ]

2021年05月25日

「股関節痛とは」

関節が炎症を起こし痛みを発症するのが股関節痛

スポーツマンに発症しやすいと言われています。また50〜70代の女性にも多くひどいと変形性股関節症になり手術することになることも。

「原因」

骨盤と太ももの骨がくっついて股関節が形成されるのだが、その骨と骨の間の軟骨がすり減ってしまうと、骨同士が接触してしまいます。そのことにより痛みや炎症が起こってしまうのです。

「症状」

比較的女性に多く、特に高齢の方で悩まれている方が多いです。

最初は、少しの痛みと違和感だが、慢性化してくると痛みが強くなり、重症だと歩くだけで違和感を覚える程度まで悪化してしまいます。

また、婦人科系の病気が関係していることも考えられます。

長期間痛みや違和感があれば、一度医療機関にご相談してください。

「対策」

一度すり減った軟骨が元に戻ることは難しいです。

なので、痛みなどを感じたらなるべく負担の軽い行動を心掛けてください。

また、筋力低下を防ぐためのエクササイズも有効です。軽い運動でもいいので、取り組んでみてください。

「当院が提供するメニュー」

骨盤のゆがみや姿勢の悪さなどの根本の原因をチェックして、それに応じて矯正をしていきます。

また、つらい痛みをとるために、電気療法や鍼治療なども提供しています。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

当院のオススメ!股関節の痛みのセルフケア

●股関節の痛み

丸山式ゴムハンマー整体®︎股関節前側の痛み

丸山式ゴムハンマー整体®︎ホルモンバランスの乱れによる股からお尻の痛み

ゴムハンマー整体®︎お尻の痛みに置くバージョン

ゴムハンマー整体®︎股関節可動域アップ

ゴムハンマー整体®︎股関節可動域アップ2胸骨

[船堀でぎっくり腰でお悩みの方へ]

2021年05月25日

「ぎっくり腰とは」

重いものを持ち上げるときなど、突然激しい痛みが腰に生じるのがぎっくり腰です。

突然おこるので、対策のしようがないと思われる方も多いかもしれませんが、実は日々の意識でできるかもしれません。

「原因」

ぎっくり腰になる人の共通点としては、身体全体の筋肉が硬いことです。

日ごろから使われていない筋肉は凝り固まっていきます。

運動不足やストレスによって筋肉の緊張が助長されると、ぎっくり腰の可能性が高まります。

加えて日々の姿勢です。

姿勢が悪いとやはり筋肉が凝り固まってしまいます。

「対策」

原因と考えられる、

運動不足の解消

正しい姿勢というのは、すごく意識されるとよいでしょう。

とはいえ、なってしまったものはしょうがないでしょう。

そこで、当院が提供するぎっくり腰治療をご紹介いたします。

「当院が提供するメニュー」

まず、炎症の起こった筋肉には電気療法で痛みをとります。

だいぶ痛みが治まったら、整体で筋肉をほぐしていきます。

また、骨格矯正で根本となる姿勢を正すアプローチもできます。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

[船堀で腰痛でお悩みの方へ]

2021年05月25日

「腰痛とは」

平成28年の国民生活基礎調査によると、訴える身体の不調ランキング、男性では1位、女性では2位というのが、腰痛です。

とても多くの方が悩まされています。

これだけ悩ます腰痛について詳しく書いていきます。

腰痛も様々なものがあり、ジンジンする腰痛しびれを伴う腰痛繰り返す腰痛ズキっとする腰痛ジワジワ痛い腰痛鈍い痛みの腰痛など。

「原因」

腰は上半身と下半身の間にあり力の中継役を担っています。

そのため、普段から常に可動しています。この負担が積もり積もって、症状に現れます。

そのほかに大きく2つほど原因として考えられるものがあります。

・日々の習慣(姿勢の悪さ、運動不足など)

・病気と一緒に起こる(腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など)

もし、立てないくらいの症状の強さであれば、往診も承っております。

「対策」

運動習慣が1つ大事だと言えます。20分程度のウォーキングでも構いません。その際、正しい姿勢を取れているか確認しながらウォーキングしましょう。

また、食事管理も意識しましょう。カルシウムやミネラルなどはとても重要な栄養素となります。小魚や乳製品を積極的にとりましょう。

下記のものは院長考案のセルフケア動画となりますので参考にしてみてください。

●腰痛

丸山式ゴムハンマー整体®︎頑固な腰痛

ゴムハンマー整体®︎腰の痛みに置くバージョン

●反り腰改善

丸山式ゴムハンマー整体®︎反り腰改善ストレッチ&ゴムハンマー整体

「当院が提供するメニュー」

骨格矯正に加えて、腰の辛さを抑えるために整体や鍼治療など豊富なアプローチができます。

また、姿勢の矯正のためのテーピングなども提供しているのでお気軽にご相談ください。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

[船堀で四十肩・五十肩でお悩みの方へ]

2021年05月25日

「四十肩・五十肩とは」

正式名称は、肩関節周囲炎といいます。40代以降に発症する方が多いため、四十肩・五十肩といわれるようになりました。

なので、年齢のせいだから ではなく、治療すればしっかり治ります。そのままにしているとストレスとなり身体各種の症状を引き起こしかねません。

ぜひ、悩まずご相談ください。

「原因」

肩関節周囲炎というものなので、筋肉の疲労からくる肩こりとは少し違います。なので、肩こりに行うマッサージなどを過度にやると逆効果になる可能性があります。

「症状」

急性期と慢性期の2つで特徴が異なります。

急性期では、痛みが発症してから数日間、ジンジン痛んだり、時にはしびれも伴うことがあります。

慢性期では、急性期ほど痛みが目立つわけではありませんが、鈍い痛みへとなり、肩を動かせる範囲が徐々に小さくなっていきます。

「対策」

急性期はムリに動かさず、安静を心掛けてください。

洋服も軽めのものを着たり、バッグに荷物を入れすぎるのも控えましょう。

慢性期は固くなった筋肉をほぐしていきましょう。

ストレッチなどはとても効果的です。

「当院が提供するメニュー」

肩関節周囲炎といっても、肩関節の周りにはたくさんの筋肉があります。その中でどの筋肉が原因なのか、しっかりと丁寧に見つけていきます。

痛みを取るために鍼治療であったり、電気療法も効果的です。

また、人によってはもともとの身体のバランスが悪い方もいますので、骨格矯正も対応できます。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

 

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

当院のオススメ!四十肩・五十肩のセルフケア

●肩痛

ゴムハンマー整体®︎四十肩・五十肩

ゴムハンマー整体®︎五十肩

【施術報告 足の痛み】施術例11 スポーツクラブで痛めた右小趾痛

2021年05月25日

施術例11 スポーツクラブで痛めた右小趾痛

50代女性 / 主婦 / 船堀在住
・症状

右小趾の歩行時痛、靴下を履く際の痛み、腫脹

・経過と施術内容

当院来院の2週間前にスポーツクラブで運動していて負傷。
皮下出血と腫脹があったので、整形外科にてX線を取ったが骨折は無かった。
しかしその後も腫脹が良くならず、歩行時痛も残存していた為、当院に来院された。
初診時は患部周囲の関節及び、筋肉を緩めキネシオテーピングを行い、
軽度の圧迫固定を加えた。
3日後に第2診となったが痛みと腫れは引いていなかったので、再度同様の施術を行う。
さらに3日後の第3診で痛みと腫れが顕著に引き始め、第4診では痛みがだいぶ引いており、
動きも改善していた。
それ以降は同様の施術を続け徐々に回復が見られたが、
第16診で靴を履いたら少し赤みが出てしまったとの事であった。
しかしそれより悪化する事はなく、第21診で症状は消失した為、施術を終了とした。

・考察

今回のケースでは外傷が長引いている状態であり、
正しい処置を行わなければ順調な経過をたどる事はない。
キネシオテープにより筋力の補助を行いながら、日常生活を送って頂く事で、
負担の軽減を図る事ができる。
その結果、自己治癒力の発現を促す事ができるのだと考える。

・使用した主な技・ツボ

キネシオテーピング

3175

[船堀で肩こりでお悩みの方へ]

2021年05月25日

「肩コリとは?」

日常生活のなかで肩こりを感じる瞬間ありませんか。

そのまま放置して慢性化してしまうと、いろんな症状を引き起こす“種”ともなりうるのが肩こりの注意すべき点です。

「原因」

テレワークやスマホ、ゲームなど長時間同じ姿勢を取ってしまうものは肩こりの原因としての可能性は高いです。

長時間のおなじ姿勢は、血行不良を引き起こし、筋肉に疲労物質がたまり、肩がこるのです。

また、高血圧や低血圧などの症状と一緒に起こるのも特徴です。

もし、現在肩こりが慢性化されているのであれば一度関連症状を疑った方がいいかもしれません。

「対策」

長時間の同じ姿勢を避けるために、適度に休憩をとりましょう。タイマーを設定したり、お昼ごはんの前だけゲームをするなどのルールを作ったりです。

仕事中に疲れを感じたら、肩回しなど肩甲骨あたりをほぐしましょう。

また、20分ウォーキングなどの軽めの運動を行うことも対策としては非常に効果を発揮します。

「当院が提供するメニュー」

根本となるのが姿勢の悪さ。それを正す、骨盤矯正や整体。

加えて、肩周辺の筋肉の緊張を解く、鍼治療。

その他、電気療法など、原因をしっかり確認したうえでアプローチしていきます。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

当院のオススメ!肩こりのセルフケア

●肩こり

ゴムハンマー整体®︎デスクワークで腕から来る肩こり

ゴムハンマー整体®️肩こりに肩甲骨外縁

[船堀でストレートネックでお悩みの方へ]

2021年05月25日

「ストレートネックとは?」

最近よく聞く、“ストレートネック”

これは“首が真っすぐになった状態”を指します。

本来首というのは緩やかなアーチを描いているものです。そんな首が真っすぐになりそれを放っておくと、手足のしびれや目眩などが起こる可能性が高くなります。

「原因」

デスクワークやスキマ時間のスマホタイムなどの影響で、悪い姿勢を長時間続けてしまう方が多いのではないでしょうか。

本来、ヒトの首は自然にアーチを描いています。

しかし長時間の悪い姿勢により自然なアーチが失われ、ストレートネックになってしまう可能性があります。

「症状」

実はストレートネックの怖いところは、全身のしびれや痛みを引き起こし、日々の生活に悪影響を及ぼす可能性があるところなのです。

代表的な症状としては

・首や肩コリ、手足のしびれ

・イライラや不眠

首に通う“頸髄”という神経が圧迫されて、コリやしびれ、自律神経障害による不眠などを引き起こすことがあります。

 

そして、ストレートネックというのは簡単には治りません。

なぜなら、ストレートネックを招いた原因は“日頃の癖”だからです。

ですので、ほんのちょっとの意識では難しいです。

「日常からできる対策」

意識では難しいのであれば、てっとりばやい対策が“環境を変える”ことです。

ストレートネック症状の対策でポイントは

・視点の位置

・こまめな休憩

の2点です。

 

デスクワークの方はパソコンの位置を変えましょう。下にあると目線が落ちてしまい姿勢が悪くなってしまうので、目線が上がるような位置に設定しましょう。

加えて長時間同じ姿勢は危険です。キッチンにあるタイマーやスマホのアプリなどを使って作業時間を設定しましょう。

「当院が提供するメニュー」

一番大事なのは環境整備ですが、とはいっても、身体がきつい人にとってはそのきつさを取るのが大優先です。

当院では首・肩の整体や根本的な骨盤や骨の歪みに対してアプローチできます。

そのほかにも、“猫背矯正”や鍼治療など多くのアプローチがあるので、患者さんに合った施術を提供いたします。

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

当院のオススメ!ストレートネックのセルフケア

●ストレートネック改善

丸山式ゴムハンマー整体®︎ストレートネック改善ストレッチ&ゴムハンマー整体

[船堀で頭痛でお悩みの方へ]

2021年05月25日

頭痛でお悩みの方へ

「よくある症状」

・ギューッと締め付けられるような痛み

・ズキズキとした痛み 

・吐き気も併せてもよおす 

・においや音、光に敏感になる

どんな「頭痛」にお悩みですか?

頭痛といえど、種類は一つではありません。「ギューッと締め付けられる」「頭が重い」「ズキンズキンと波打つ」などなど。

国際的な分類ではなんと14もの分類があるのです。

一般的に言われる「頭痛持ち」

これは14つのうちの1つである「慢性頭痛」と言われます。

「慢性頭痛」の代表的な例として3つほどあります。あなたの「頭痛」はどれに当てはまるのか。そして原因は何なのか。対処方法も合わせて見ていきましょう。

[症状別]

「ギューッと締め付けられる 緊張型頭痛」
・特徴

ギューッと締め付けられるような圧迫感を伴う痛みやだる重さ

慢性頭痛の中で最も多い症状

・原因

首から肩にかけての筋肉のコリや緊張

姿勢の悪さや身体の歪みによって筋肉が疲労し、それにより発症してしまうのも1つの要因

・対処方法

温める

ー温めることによって、血の流れが促進されます。それによって症状が和らいでいきます。

湯舟で半身浴や入浴後のストレッチをすることで、身体をポカポカになります。

 

姿勢を正す

―姿勢が悪いと姿勢を正そうと筋肉が頑張りすぎちゃいます。そのことによって本来かかる以上の負担を強いることになります。このことによって筋肉に疲労が蓄積して頭痛を引き起こしてしまいます。

デスクワーク中などはタイマーなどを設定して、定期的に身体を動かしましょう。

「ズキズキとした痛み 偏頭痛」
特徴

波打つような痛みが頭の片側に現れる

主に女性の方に発症が多い。

吐き気も出てきたり、光や音、ニオイなどに敏感になる方も

 

原因

ズキンズキンとした感覚は、頭の血管が拡張することにより神経を圧迫しているのが原因だと考えられています

睡眠不足や仮眠なども一つの要因

気圧の変化により身体のむくみが生じます。それを治そうと脳が血管を拡張させることで起こりやすくなります。

*女性に多い原因

―偏頭痛は女性ホルモンであるエストロゲンの分泌と関わっています。そのため、月経前後や排卵期に起こりやすくなります。

 

対処方法

「温めない」

―緊張型頭痛とは逆で、温めないことが大事です。温めると血の流れがよくなります。血の流れがよくなると血管が拡張します。偏頭痛の原因は「血管の拡張」です。マッサージや入浴などはなるべく控えて、痛む部位に冷たいタオルをあてるなど冷やしみてください。

 

生活習慣を見つめよう

―睡眠不足も原因の1つと考えられます。規則正しい睡眠リズム、睡眠時間を確保することが大事です。休日だからといって、寝すぎたりしていませんか。

「男性注意! 群発頭痛」
特徴

慢性頭痛の中で最も痛い

若者から中年にかけての男性に多く発症すると言われています。

毎日同じ時間に起こる

症状の期間が長い

原因

偏頭痛のような「血管の拡張」が原因という話もありますが、はっきりとした原因はわかっていません。

対処方法

お酒、たばこを控えましょう

―原因は定かではありませんが、飲酒によるアルコール摂取や喫煙が群発頭痛を誘発する

と言われています。飲酒の頻度などぜひ見直しましょう。

[はればれ整骨院・鍼灸が提供する「頭痛」への施術]

当院では、「頭痛」にお困りの方に対して大きく4つの治療を提供しています。

・鍼

鍼は経穴(ツボ)と言われる血液の滞りやすい場所に刺激を与えることによって、不調の改
善が期待できます。

また即効性が高いので、急な痛みにも対応することができます。

・整体

頭痛の予防としては筋肉の疲労を蓄積させないことです。そのため凝り固まった筋肉に対してアプローチする整体はオススメです。特に当院の整体の魅力は種類の多さ。患者さんにあった方法で確実にアプローチします。

・矯正

姿勢の悪さは筋肉を過度に疲れさせてしまいます。それにより頭痛を誘発することが考えられます。当院ではそのような姿勢の悪さを根本からアプローチ致します。身体のバランスを整えることは頭痛の原因の除去だけでなく、身体全体の体調を改善することに繋がります。

・電気

―身体は電気的な性質を持っています。それと似た電流を与えると身体の動きを高めたり、回復をさせる働きがあります。

当院では、「ハイボルト療法」をご用意しています。

ハイボルトは人の手が届かない深い部分に刺激を与えることができます。そのため、高い治療効果が期待できます。

 

 

●当院のメニュー

料金・アクセス

お得なキャンペーン

さらに根本的に改善、再発防止、予防をご希望の方は、ゴムハンマー整体、EMS、パーソナルトレーニング、メンタルケア、栄養アドバイスなどがございます。

当院のオススメ!頭痛のセルフケア

●頭痛

ゴムハンマー整体®︎ 頭編(自律神経、眼精疲労)

【施術報告 腰痛】施術例26 仙腸関節の歪みによる腰部痛

2021年05月18日

施術例26 仙腸関節の歪みによる腰部痛

20代女性 / 保育士 / 中葛西在住
・症状

仰向けになった際の腰部痛(左仙腸関節)

・経過と施術内容

当院来院の4日前に自宅にて仰向けに寝た際に負傷。
以前にも尾骨の痛みを感じて、整形外科にてX線を撮ってもらったところ、
尾骨が歪み炎症を起こしていると言われたことがある。
その際、当院で施術を行ない症状が軽減した経緯があった為、再度来院された。
今回は尾骨の痛みは無く腰部、特に左の仙腸関節に痛みがあり、
徒手検査ではニュートンテスト陽性であったため、仙腸関節の問題を考え、
初診時はRPと骨盤矯正を行い様子を見ることにした。
2週間ほど空いて再度来院された時にも、左腰に痛みが出ていたため、
翌日も来院して頂き、鍼治療を加えたところ腰の痛みが軽減した。
また様子を見て1週間後、第4診となったがそれほど悪化はしていないとのことであった。
第5診、第6診でも状態は改善しつつあったが、床に座る動作が辛いということであったので、
さらに鍼治療を加えた。
第7診では特に症状も無かったので、施術を終了とした。

・考察

仙腸関節の状態を確かめるために、ニュートンテストという整形外科的テスト法がある。
今回のケースでもニュートンテスト陽性であったが、
当然それだけでは体の状態は見極められない。
しかし仙腸関節が原因となっているケースは非常に多く、
実際に仙腸関節を整えることで今回の痛みも改善している。
体が発している様々な情報を、見逃さずに施術を行うことが大事なのだ。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、申脈、腰腿点)、骨盤矯正、鍼治療(中都、腰仙)
3091

1 2 3 4 5 6 7 34