【施術報告 股関節痛】施術例4 重たいものを移動させて痛めた右股関節痛

2021年05月11日

施術例4 重たいものを移動させて痛めた右股関節痛

40代男性 / 清掃業 / 春江町
・症状

右股関節の動作時痛

・経過と施術内容

当院来院前日に自宅にて冷蔵庫を移動させた後、夜に右股関節に痛みが出現してしまったが、
放っておいた結果朝には痛みが増しており、仕事にならないため当院に来院された。
以前にも2、3回ぎっくり腰になった事があり、また腰椎ヘルニアの既往もあるため、
腰痛が出ることも多いとのことであった。
初診時はRPを加え施術を行ったところ、かなり感触が良かったので、
その後もRPを中心に施術を続けることにした。
第5診までは順調に改善が見られたが、第6診では症状になかなか変化が現れなくなり、
夕方には痛みが出現してしまっていた。
第8診では施術後の変化が見られなかったので、骨盤矯正を勧めたところ症状が軽減した。
第9診では痛みがだいぶ軽減し、回復に向かっていた。
その後は順調に回復し、夕方の痛みも消失したため、第14診で施術を終了とした。

・考察

古代中国で生まれた鍼灸の方法は実に様々な種類があり、
経絡や経穴という人体に存在するエネルギーの経路やポイント、
また筋肉や皮膚に対して施術を行う。
RPもツボに対して操作を行い、人体の治癒力を引き出す道具であり、
本来の治癒力を最大限に生かす選択こそが、治療の幅となる。
これからも多くの学びを通して、患者様に適した施術を提案していきたい。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、申脈、環跳-承扶他、右臀部筋打ち・なぞり)、骨盤矯正

2461

【猫背改善】想像以上に大きい猫背による体へのダメージ

2021年05月6日

猫背による体へのダメージとは?

本来緩やかなS字カーブを描いているはずの背骨が失われ、丸まってしまうのが猫背の状態です。

猫背によって見た目の印象が悪くなったり、腰痛や肩こりに発展するのは、なんとなくイメージしやすいと思います。

しかし、自律神経が乱れるとか、内臓機能が低下するとか、太りやすくなるなどの悪影響は、本当かな?と感じる人も多いでしょう。

猫背だけでそんなに体の不調が起こったらたまらない!と言う人もいるかもしれませんが、これらは全て本当に猫背によって起こり得る不調です。

むしろ、細かく書き出したら、もっと色々あるくらいです。

なんで猫背はデメリットだらけなの?

なぜ猫背がこれほど体にデメリットをもたらすかというと、一つは前回も述べた通り、背骨が脳の指令を伝える重要な役割を担っているということ。

そしてもう一つが、猫背によって内臓が圧迫されてしまうという部分です。

実際に背中を丸めてみると分かりやすいのですが、猫背の状態では、肋骨と骨盤の間がぎゅっと狭くなります。

これにより、内臓や脊髄が圧迫され、体への思わぬ悪影響へと発展していくのです。

肋骨と骨盤の間には、胃や腎臓、肝臓などの重要な臓器が入っています。

これらの臓器が、肋骨と骨盤に挟まれて押しつぶされ、圧迫され続けているのが、猫背の状態なのです。

例えば日常生活の中で、スマホをほんの数分間見たり、本を数十分読んでいる際に、一時的に背中が丸まってしまうことは誰にでもあるでしょう。

その時間が短ければ、内臓が圧迫されている時間も一時的なもので済むため、それほど悪い影響はありません。

問題となるのは、この悪い姿勢を長時間キープしたり、毎日欠かさず連続で行ってしまうことです。

猫背が続けば続くほど。。。

猫背の時間が長時間連続で続けば続くほど、内臓は圧迫され続け、やがて立ち上がった時や体勢を変えた時にも、背中が丸まったままになり、内臓への圧迫はさらに継続されます。

圧迫状態が続くことで、血流も当然悪くなるので、婦人系の不調にも発展しやすくなります。

これが猫背の怖いところです。

危機感を持ちましょう

しかし、日常的に、猫背への危機感を持って過ごしていれば、「そろそろ姿勢を変えよう」「少し休憩を挟もう」「背筋を伸ばしてリフレッシュしよう」などと、背中を丸めない時間、つまり内臓を圧迫から解放する時間を設けることができるようになります。

これができるかできないかで、未来のあなたの体は大きく変わるのです。

決して大げさではなく、猫背の影響力はそれほど大きいものです。

内臓を圧迫から守るためにも、毎日の中で、肋骨と骨盤の距離を離す時間を増やしましょう。

猫背矯正に興味がある方

お得なキャンペーンで試してみたい方

●猫背改善ゴムハンマー整体

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善①腰ひねり編

ゴムハンマー整体®︎猫背改善②猫のポーズ

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善③肩甲骨周り編

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善④頭首肩編

【施術報告 腰痛】施術例25 フットサルによって痛めた腰臀部痛

2021年04月30日

施術例25 フットサルによって痛めた腰臀部痛

30代男性 / 会社員 / 墨田区太平在住
・症状

腰部から左臀部、左大腿部後面にかけての動作時痛

・経過と施術内容

当院来院の3日前に、フットサルをした際に負傷。
少しづつ痛みは軽減していたものの歩行時痛等があり、日常生活に支障があった為、
当院に来院された。
痛みの範囲は腰から左臀部、左大腿部後面に出ており、歩行時や立位、
座位へと動かした際に痛むとのことであった。
初診時はRPを行い、腰部を中心にパルスでの鍼治療を加えたところ、
痛みの軽減が見られた。
第2診は約2週間ほど間隔が空いてしまい、痛みが再度出現していた為、
前回同様パルス鍼治療を行い、間隔を空けないよう3日後に来院してもらったところ、
痛みはだいぶ軽減していたので、パルスは加えず鍼治療のみを行った。
さらに3日後の第4診ではほぼ痛みを感じていなかった為、
1週間様子を見たが特に問題もなかったので施術を終了とした。

・考察

今回のケースでは鍼治療にパルスを用いている。
鍼治療では刺入の深さや太さの調節で刺激や効果を変えるが、
それ以外にも様々な方法があり、パルスとは打った鍼に電気を流す治療である。
筋肉の運動量が足りていない場合に、鍼に電気を流す事で筋肉が収縮する為、
血流量を上げることができる。
運動させる事で筋緊張も緩みやすくなるので、効果が出やすい治療法である。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、申脈、腰腿点)、
鍼治療(腎兪、環元兪、志室パルス、左環跳、左委中、玉天)

3008

【施術報告 足の痛み】施術例10 バドミントンで痛めた右下腿部痛

2021年04月27日

施術例10 バドミントンで痛めた右下腿部痛

10代女性 / 学生 / 松江在住
・症状

右下腿部の圧痛と足関節背屈による伸展痛

・経過と施術内容

当院来院の2日前にバドミントンをした際に負傷。
当日はそれほど気にならなかったが、翌日から痛みが強くなり、
足を引きずるようになってきた為、当院に来院された。
触診を行うと下腿三頭筋の筋腱移行部に圧痛が出ており、
足関節の背屈でも痛みが出現している為、下腿三頭筋部の肉離れと考えられた。
そのため初診時にはキネシオテーピングにより、
筋運動の補助をするようにして様子を見ることにした。
翌日も続けて来院して頂いたところ、動かしやすくはなっていたが、
痛みはまだ残っていたため、鍼治療を行うと痛みの軽減が見られた。
第3診では足を引きずらずに歩けるようになっており、
再度鍼治療を加えたところ痛みが消失した。
それから第4診から第9診までは、痛みを感じることは無かったのでメンテナンスを行なった。
しかし第10診で左の足関節を捻って捻挫をしてしまったので、捻挫の治療も開始した。
腫脹と熱感があったため、アイシングを行い様子を見た。
翌日も来院してもらったが、朝に痛んで以降は落ち着いているとのことであった。
左足も順調に回復していったが、第15診で運動後に少し気になるとの訴えがあったため、
キネシオテーピングにて固定を行なったが、それ以降は問題もなかった為、
第17診で施術を終了とした。

・考察

スポーツをしている場合などは固定を強くし過ぎると、
プレイに支障が出てしまうことも考えられるが、
キネシオテープであれば適度な可動性を保ちつつ、
固定ができるので症状の回復度合によって施術の選択肢が広がる。

・使用した主な技・ツボ

鍼治療(承山)、キネシオテーピング

3098

【施術報告 腰痛】施術例24 毎回同じところが痛む腰部痛

2021年04月23日

施術例24 毎回同じところが痛む腰部痛

40代男性 / 会社員 / 江戸川区船堀在住
・症状

長時間座位での右腰部痛

・経過と施術内容

当院来院の3日前にベットで長時間寝ていて、起き上がった際に右腰部を負傷。
以前から年に数回はぎっくり腰になる事があり、
その度に右の腰部の痛みを感じるとのことであった。
触診にて痛みの場所を確認するとL2部分と、仙腸関節付近に硬結と圧痛が確認できた。
初診時は左短下肢であった為、RPと骨盤矯正を行い様子を見た。
第2診では痛みは鈍く感じており、前回から10段階の痛みが3まで下がっていた。
それから少し来院間隔を空け、月に2回のペースでの来院を提案し、
第7診までは順調な経過をたどった。
しかし第8診では、無理をした結果ぎっくり腰のような痛みが出現してしまい、
改めて間隔を詰めて施術を行ったところ、第13診で痛みが落ち着いた。
その後はメンテナンスを兼ねて来院間隔を空け、
第21診で特に問題もなくなったので施術を終了とした。

・考察

痛みは危険や問題を知らせるシグナルであり、火災を伝える警報のようなものだが、
慢性化してしまうと各所に火が燃え移り、
警報の意味をなさない状態になってしまっている。
治療を行う事と痛みの出る原因や、習慣を考えて改善して行く事が、
慢性痛の改善に必要である。

・使用した主な技・ツボ

骨盤矯正、RP(承山、委中、腰腿点他)

2992

【猫背改善】実際の背骨は真っすぐではない!

2021年04月23日

背骨って真っすぐじゃないの???

そもそも猫背って、実際はどのような状態か、しっかり理解できていますか?

正しい姿勢としてよく「ピンと真っすぐ伸びた背筋」と表現されますが、実は背中の骨は1本の棒のように、完全に真っすぐではありません。

背骨は、上から7個の頸椎(けいつい)、12個の胸椎(きょうつい)、5つの腰椎(ようつい)の合計24個の骨で構成されています。

(さらにその先の仙骨(せんこつ)や尾骨(びこつ)を背骨に含めて考える場合もあります。)

この24個のブロック状の骨がくっついて、背骨は緩やかなS字カーブを描いて存在しています。

なんでS字カーブなの?

なぜS字カーブを描いているのかというと、体を様々な衝撃から守るためです。

筋骨格にかかる衝撃や負担を、背骨のS字カーブが分散させて軽減してくれています。

ストレートネックも、これと同様です。

首の骨のS字カーブが失われることで、様々な衝撃や負担が首やその周辺にかかるようになり、全身の不調へとつながっていきます。

この背骨のS字カーブは、正しい姿勢でこそ、その効果を最大限に発揮させることができます。

つまり、背筋を伸ばした時、実際背骨は緩やかS字カーブを描いているのです。

この背骨のS字カーブを守ることが、健康を支えるカギとなります。

背骨の他の役割とは?

また、背骨は体を支える役割以外にも、脳からの指令を体に伝えるという非常に重要な役割も担っています。

背骨は、中枢神経である脊髄(せきずい)の通り道になっているので、猫背によって背骨が曲がってしまうと、この役割にも大きな支障が出て、体にはこんなところにまで?と驚くような悪影響まで与えてしまいます。

正しい姿勢で、背骨が緩やかなS字カーブを描くと、背骨とつながっている首の骨も、同じように緩やかなS字カーブを描きやすくなります。

背骨と首の骨はつながっているので、その関係性は非常に深いです。

猫背の人の場合、背中の骨が丸くなることで、首の骨のS字カーブも失われやすくなりますし、反対に、ストレートネックによって背骨にも悪い影響が出やすくなります。

背骨と首の骨は、ともに緩やかなS字カーブを描いているので、セットで考えると良いでしょう。

背筋を真っすぐにすることは、背骨を正しいS字カーブの状態に整えることです。

この本来の緩やかなS字カーブを取り戻すことで、体へのあらゆる負担の軽減につながっていきます。

もちろん、ストレートネックの解決にも役立ちますので、ぜひ「首の骨」だけでなく、「背骨」に範囲を広げて考えてみましょう。

猫背矯正に興味がある方

お得なキャンペーンで試してみたい方

●猫背改善ゴムハンマー整体

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善①腰ひねり編

ゴムハンマー整体®︎猫背改善②猫のポーズ

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善③肩甲骨周り編

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善④頭首肩編

【施術報告】目次

2021年04月13日

はればれ鍼灸整骨院では、よくある体の痛み・不調~慢性度の高い不調まで
さまざまな施術例がございます。
 
これまでの施術の、症状、経過、施術の内容、考察を掲載しております。
あなたの不調や痛みの施術報告があるかもしれません。
是非、ご覧ください。
 
「身体の上から下までの施術例を順番に掲載しております」

頭〜顔面

首肩

腕から下

胸・背中

腰・坐骨神経・股関節

足のしびれや痛み

骨盤矯正

鍼灸

【施術報告 肩痛】施術例9 運転中に痛めた右肩部痛、以前から気にしていたO脚

2021年04月13日

施術例9 運転中に痛めた右肩部痛、以前から気にしていたO脚

50代男性 / 会社員 / 二之江町在住
・症状

右肩上部の運動時痛、O脚

・経過と施術内容

当院来院の2日前に長時間運転をしたところ、右肩の違和感が生じ、
肩を回した際に急な痛みが起こり負傷。
また普段からは骨盤が開いているような感じと、O脚が気になっているとのこと。
初診時はRPと首肩・骨盤の矯正を行い全体的にバランスを整えて、
肩部の筋緊張を緩めるようにした。
2日後の第2診時には首肩の痛みは感じなくなったが、急に痛くなる心配があるので、
骨盤矯正を続け首肩矯正は状態を見ながら継続することにした。
3診、4診と骨盤矯正を続けたところ、姿勢が良くなった感じがあり、
O脚にも改善が見られていることがわかった。
その後も部位ごとの矯正を加えながら全身を調整したところ、
第7診目には特に気になる点が無くなったとのことであった為、
一旦施術を終了し様子を見ることにした。

・考察

O脚は骨盤の傾斜が関わっており、
骨盤が傾いていることで脊柱にも歪みが生じてしまう。
骨盤矯正から脊柱を整えることで、筋肉が正常な位置に近づく為、
いきなり筋肉を緩めるより効果が出しやすくなる。
患者様の状態を認識し、より良い施術を追求していきたい。

・使用した主な技・ツボ

RP(地五会、大椎-合谷、腎兪-失眠他)、首・肩・骨盤矯正

2986

【猫背改善】現代人に猫背の人が増えた理由②

2021年04月4日

現代人に猫背の人が増えた理由とは?その2

もう一つ、現代人の猫背の増加と深く関わっているのが、スマートフォンの普及です。

これにより、特に若い世代に、猫背の人が急増したと考えられています。

スマートフォンをいじる時は、顔や頭が肩より前に出て、前傾姿勢になりがちです。

これにより、首の骨のカーブが失われてしまう「ストレートネック」という言葉は、聞いたことがある人も多いでしょう。

ストレートネックは、首痛や肩こりの大きな原因になることで知られていますが、放っておくと猫背の原因にも発展してしまいます。

スマートフォンの使用によるストレートネックの人の急増は、猫背の人の急増にもつながっているのです。

姿勢の心配をしながらスマートフォンの画面に熱中している時は、正直あまりいないと思います。

自分で好きな時に好きなだけスマートフォンをいじれる環境であれば、1時間や2時間は、平気で熱中してしまうものです。

最近流行りのネット配信動画などを見ていれば、3時間、4時間など、いくらでも小さなスマートフォンの画面を見続けていられるという人も多いでしょう。

実際にやってみましょう

実際にやってみると分かりますが、家で何気なくスマートフォンをいじってみてください。

30分後、あなたの姿勢はどうなっていますか?

背中が丸まっていませんか?

早い人だと、ほんの5分や10分ほどで、背中がどんどん丸まり始めてしまいます。

この状態に気付かず、1時間や2時間過ごす習慣が毎日続けば、猫背のリスクが高くなることは、簡単に想像できるでしょう。

このようにして、若い世代でも、猫背の人はどんどん増えていきます。

自分の背中が徐々に丸まってきていることに、気付いていない人も大勢います。

自宅がいることが多い今、ゲームなども。。。

スマートフォンだけでなく、ゲームなどに熱中する場合も同様です。

やはり、長時間やればやるほど、背中は知らず知らずのうちにどんどん丸くなっていってしまうのです。

小学生くらいの子供でも、猫背の人の数が増えてきているというから驚きです。

学校で先生が「姿勢を正してください」と声をかけても、どうしても背中が丸まってしまう児童がいる、その割合は年々増えてきているというニュースを目にしました。

もちろん、1日や2日で完全に猫背になってしまうわけではありません。

猫背は、毎日の習慣による結果です。

それが育ち盛りの子供や若い世代でも出てしまうというのは、本当にどうにかしなくてはならない問題だと感じています。

まずは、やはり1人1人が猫背への意識を高めることが、今後はさらに求められていくことでしょう。

猫背矯正に興味がある方

お得なキャンペーンで試してみたい方

●猫背改善ゴムハンマー整体

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善①腰ひねり編

ゴムハンマー整体®︎猫背改善②猫のポーズ

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善③肩甲骨周り編

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善④頭首肩編

【猫背改善】現代人に猫背の人が増えた理由①

2021年04月3日

現代人に猫背の人が増えた理由とは?その1

なぜ現代人に猫背の人が増えているのか?

これには、やはり生活スタイルの変化が大きな原因として挙げられます。

まず、加齢とともに背中が丸まってしまうのは、ある程度は仕方のないことでもあります。

これは姿勢の問題に限らず、若い頃と比べると、体には様々な変化が起きますよね。

生きている以上、全てのことを若い頃と同じように!何年経っても全く変わらずにあり続ける!というのは、現実的なことではありません。

 

同い年でも個人差が激しい猫背!

しかし、同じ年齢の人でも、猫背の度合いには差があります。

また、最近では、若い世代の人にも、猫背の人がどんどん増えてきています。

この個人差には、やはり毎日どのような生活を送っているか、どのくらい姿勢について意識しながら行動しているかが、大きなカギとなってきます。

猫背になりやすい人とは?

猫背になりやすい生活スタイルとして真っ先に挙げられるのが、パソコン作業やデスクワークなどです。

十数年前と比較しても、やはり生活の中でデジタル要素が占める割合は明らかに増加し続けています。

これに伴い、パソコンを使った仕事や作業などが増え、日常的に座りっぱなしの生活を送る人の数が増えたことで、猫背の人も増加し続けていると考えられます。

仕事で1日中パソコンと向き合い、家に帰ってからもパソコンで作業をしたり、休日の趣味の時間にもパソコンを開いているような人も珍しくありません。

体を動かし続けている仕事をしている人に比べ、椅子に座ってパソコンの画面を見続ける仕事をしている人は、どうしても猫背になるリスクを大きく背負っている人と言えます。

 

これほどデスクワークが広まった現代では、むしろ猫背は仕方のないこと、仕事を変えるのは無理だから猫背の現実を背負って生きていくしかないなどと、ある意味デスクワークと猫背はセットで考えられ、そして諦められてしまいがちです。

諦めて良いのですか?

これこそが問題なのです。

デスクワークでも、1日中パソコンと向き合っている人でも、猫背を改善することは可能です。

むしろそういう人こそ、少しの意識で自分の体を変えることができる人たちです。

猫背を諦めてしまっては、背中の丸みはこの先もどんどん悪化して、取り返しのつかないことになってしまいます。

まずは、猫背は治るものだということを知ってください。

今の意識、今日の行動が、未来のあなたの姿勢を左右する重要な要素となります。

「猫背の改善を諦めないこと」

これが現代人にもっと持ってほしい意識なのです。

猫背矯正に興味がある方

お得なキャンペーンで試してみたい方

●猫背改善ゴムハンマー整体

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善①腰ひねり編

ゴムハンマー整体®︎猫背改善②猫のポーズ

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善③肩甲骨周り編

丸山式ゴムハンマー整体®︎猫背改善④頭首肩編

 

1 2 3 4 5 6 7 8 34