【施術報告 四十肩・五十肩】施術例4 五十肩に対する矯正施術

2021年06月4日

施術例4 五十肩に対する矯正施術

50代女性 / 主婦 / 江東区東砂在住
・症状

左の五十肩、腰痛、左足の痺れ

・経過と施術内容

自宅で物を取ろうと腕を上げた際に左肩を負傷。
また以前から腰痛と足に痺れがあり、整形外科では椎間板ヘルニアがあると言われている。
初診時は全体的に手技で筋緊張を緩め、次回からは矯正を取り入れて、
施術を行なっていく旨を伝え様子を見た。
第2診では前回施術後少し痛みを感じたが、その後緩和されてきたとの事で、
好転反応の説明をして骨盤矯正を行った。
それからは痛みの度合いに応じて、骨盤矯正を取り入れながら施術を継続した。
第6診では肩の痛みは残存しているが、動かしやすくなってきているとの事であった。
第10診では腰の状態も良くなっていたので、週1のペースで行っていくことを提案した。
第18診で骨盤矯正を行ったところ第19診では力が抜け、
頭を抑えないと起き上がれないような状態となってしまっていたので、
第20診で背骨矯正を行ったところ改善が見られた為、背骨矯正を追加し施術を継続した。
第23診では患者様がジムでランニングマシンを行った際に、左足の痛みと痺れが出現した為、
背骨矯正から骨盤矯正に切り替え、クッションによる骨盤矯正も取り入れたところ、
足の症状は軽減した。
第24診からは再度背骨矯正を行い、第31診では肩・腰共に症状はだいぶ改善していた為、
第32診で施術を終了とした。

・考察

五十肩は発症してから、完治までの期間が長い。
今回のケースでは肩の矯正は行っておらず、手技や背骨矯正等で五十肩の施術を行なっている。
肩甲骨の動きを出すことも重要であるが、今回の場合は関節自体の動きを出すことと、
背骨の歪みを整えることで、肩甲骨の可動域を広げることが出来た。
結果として大きな痛みを伴う事なく、施術を終了する事が出来たのだと考える。

・使用した主な技・ツボ

RP(地五会、大椎-合谷、承山、委中、腰腿点、腎兪-失眠)、

背骨・骨盤矯正、オウギ、肩甲骨返し

3170

【施術報告 四十肩・五十肩】施術例3 四十肩で重いものを持って増悪した肩痛

2021年03月16日

施術例3 四十肩で重いものを持って増悪した肩痛

50代女性 / パート / 江戸川区一之江在住
・来院
2016年9月
・症状
2ヶ月ほど前から右肩に違和感があり、
来院1週間前に無理な姿勢で重い荷物を持った後から痛みが増してきた為、
以前他の症状で改善した当院を受診。
肩を後ろに引く動作や右肩が下になるように寝返りを行うと、
肩の筋肉(三角筋中部~後部)に痛みが見られ、
肩を後ろに引く動作(肩関節伸展)がほとんどできない。
重い物を持つ際、右肩から上腕部に痺れが出現することや、
結帯動作が出来ないためエプロンの帯を結ぶことができないということが確認された。
・経過と施術内容
肩・背部に関与する部位のツボ刺激(レインボー療法)
肩甲骨と肩関節の可動域を拡大させるための動きづけや、
筋緊張の軽減を目的とした手技療法を用いて施術した。
2回目以降の来院で徐々に肩関節の動きはスムーズにできるようになっている。
4回目の来院時に筋緊張が目立っていたので鍼施術も加えた所、
より可動域が広がり症状の緩和が確認された。
本人が「しっかり治るまで通いたい」との要望で定期的に通院している。
・考察
四十肩の症状と同様だが、
仕事上普段より重い荷物を持っている事もあり筋緊張が著明にみられ、
症状が長引いているものは様々な原因が潜んでおり、丁寧に見ていくことが重要である。
上肢も内旋位気味なっている事や大胸筋の引っ張りが強いのも、
肩関節を動かしにくくしている要因ではないかと考え、
痛みや筋肉の収縮の少ない肢位で施術を行い、
症状の緩和を試みたところ症状の緩和に成功した。
・使用した主な技、ツボ
胸肋関節のJRC、肩の牽引、ふくさ

【施術報告 四十肩・五十肩】施術例2 右肩が特に横に挙がらない四十肩

2021年03月13日

施術例2 右肩が特に横に挙がらない四十肩

40代男性 / 会社員 / 江戸川区西一之江在住
 
・症状
 
右肩の強い痛み、肩の可動域特に外転の制限
・経過と施術内容
 
右肩が急に痛くなり、特に右腕を横から上に挙げた時に著明。
つり革が全く持てない状態であった。
病院に数回行ったが、改善せずホームページを見て当院に来院。
外転位30度程度であり、真上に拳上するのは程遠い状態であった。
活法の整体を施したところ、その場で症状がかなり和らいだ。
次回以降、症状を早く改善したいとの要望があり、
鍼施術も併用することとなり、更に痛みや角度の改善がみられた。
6回で殆ど症状が消失し、念のために数回施術をし終了となる。
 

【施術報告 四十肩・五十肩】施術例1 可動域が悪い四十肩

2021年03月9日

施術例1 可動域が悪い四十肩

40代女性 / 会社員 / 江戸川区北葛西在住
・症状

右肩の痛み・可動域制限30度

・経過と施術内容

整形外科に1年ほど通っていたが、殆ど変化なしの状態で整体は効果があるのかもと思い当院を調べて来院。
肩が30°程度しか上がらない状態であった。
肩をはじめ、前腕や親指の動きの悪さが気になったため、筋肉や関節のバランスを調整し、
状態が良くなった所に鍼で合谷付近、頚椎、胸椎、踵の外側に刺鍼をすると、
驚くほど可動域が上がり、久しぶりに腕が上がったと喜ばれた。
筋肉の悪い癖がある為、時間が経つと少し戻るが、継続して通うことで、
反対の腕と同じくらい上がるようになり終了となる。