【施術報告 ぎっくり腰】施術例13 立位困難な腰背部痛

2021年03月29日

施術例13 立位困難な腰背部痛

20代男性 / 会社員 / 江戸川区中央在住
 
 
・来院
2019年11月
 
・症状
背骨から腰にかけての鈍痛、立位困難
・経過と施術内容
自宅にてイスから立ち上がった瞬間に、腰から背中にかけて痛みが走り、
真っ直ぐ立っていることが困難となった為当院に来院された。
初診時には骨盤矯正を加えて施術を行ったところ、
来院前に比べてだいぶ動きやすくはなったとのことであるが、
歩行時の違和感は残っている状態であった。
翌日も続けて来院してもらうと、痛みは初診時に比べて半分近くにはなっているが、
歩行時に右腰が痛むとのことで、
RPにより筋打ちを行うと楽に動けるようになっていた。
さらに翌日も来院してもらったところ症状はほぼ消失していたので、
残った腰痛に対して2診目と同様にRPを加え、
残りの症状も消失した為施術を終了とした。
 
・考察
こちらのケースはギックリ腰である。
ギックリ腰といっても、症状は軽いものから重いものまで様々ある。
それにより治癒過程も変わってくるが、
慢性痛より急性痛の方が治癒過程ははっきりしており回復もしやすい。
当然自然回復でもそれなりの日数で治るが、それまでの痛みを我慢しているより、
こういった施術を行った方が早く治癒する。
またクセになる前にメンテナンスを、しっかり行うことも重要なのだ。
 
・使用した主な技
骨盤矯正、RP(筋打ち)
 
805