【施術報告 肩こり】施術例7 長時間の運転による肩周囲のこりと痺れ

2021年03月31日

施術例7 長時間の運転による肩周囲のこりと痺れ

20代女性 / 会社員 / 船堀在住
・症状

首から右背部にかけてのこりと肩周囲の痺れ、頭痛


・経過と施術内容

普段から長時間車を運転する事が多く仕事もデスクワークのため、頸背部の筋緊張が非常に強い状態であり、
頭痛も生じているとのこと。
また腕を上げた状態で寝る癖があり、肩周囲に痺れ感があったので、スパーリングテストを行うと陽性であった。
頸部の筋緊張により頸椎も歪んでしまい神経根が狭まっていると考えられたので、初診時はRPと手技で筋緊張を緩和し、
頸椎の調整を行ったところ痛みは半分以下に下がった。
2診目に来院された時には痛みは少し戻ってしまったが、痺れと頭痛は治まっていたとのこと。
3診目にはスパーリングテストは若干陽性ではあったが、ほぼ症状は改善していたので4診目で治療を終了した。

・考察

スパーリングテストとは、頸椎の神経根の状態をチェックするテスト法であるが、
頸椎のズレや筋緊張による圧迫等の改善を図ることで、症状の軽減が見られる。
このテスト法は交通事故時のむち打ちのチェックなどで使用されるが、
平常時でもどのような原因が隠れているかを調べるためには、
こういった整形外科的テスト法を適宜使用するべきである。

・使用した主な技、ツボ

RP(筋打ち・散鍼)、頸椎調整

854