【施術報告 四十肩・五十肩】施術例1 可動域が悪い四十肩

2021年03月9日

施術例1 可動域が悪い四十肩

40代女性 / 会社員 / 江戸川区北葛西在住
・症状

右肩の痛み・可動域制限30度

・経過と施術内容

整形外科に1年ほど通っていたが、殆ど変化なしの状態で整体は効果があるのかもと思い当院を調べて来院。
肩が30°程度しか上がらない状態であった。
肩をはじめ、前腕や親指の動きの悪さが気になったため、筋肉や関節のバランスを調整し、
状態が良くなった所に鍼で合谷付近、頚椎、胸椎、踵の外側に刺鍼をすると、
驚くほど可動域が上がり、久しぶりに腕が上がったと喜ばれた。
筋肉の悪い癖がある為、時間が経つと少し戻るが、継続して通うことで、
反対の腕と同じくらい上がるようになり終了となる。