【施術報告 腕の痛み】施術例16 キャッチボールをした際に右手首の痛み

2021年03月28日

施術例16 キャッチボールをした際に右手首の痛み

 
 
10代男性 / 学生 / 江戸川区船堀在住
 
 
・症状
 
右手首に背屈、回内時、物を掴む際に痛みが出る。
試験勉強もしており利き手なので憎悪し
以前も肘や手の症状で来院し治癒したことがあり再来院。
 
・経過と施術内容
 
手首周辺の筋群に強い筋緊張がみられる。
そのせいか手首の動きの制限がみられた。
手首のアライメントを整え胸椎の動きを良くしたところ、
痛みや動きは1回でほぼ消失する。腕の張り感がまだ残るため、
受験に支障が出ないようコンディションをよくする施術もし合計3回施術し終了。
 
・考察
 
手首もただ筋肉をほぐすのではなく、関節の可動を良くしたり、
手首の動きの原因点にも注目し施術をすると、早期に回復することが可能である。
 
・使用した主な技、ツボ
 
手関節JRC