【施術報告 背中の痛み】施術例10 重たい荷物を持って痛めた背部痛

2021年03月29日

施術例10 重たい荷物を持って痛めた背部痛

 
 
40代男性 / 会社員 / 船堀在住
 
 
・来院
2019年5月
 
・症状
背部(特に左肩甲骨内側)の刺されるような動作時痛と、ズキズキする安静時痛
 
・経過と施術内容
いつも仕事でもプライベートでも重たい荷物を持っており、
来院一月前に安静時痛が出てきたとのこと。
来院日前日に外出しようと荷物を持ち上げた際に、ズキッとした痛みが背中に走り、
それから動かすと刺されるような痛みがあり、安静時でもズキズキする痛みがあるとのこと。
触診してみると左肩甲骨内側の筋緊張が強く、圧痛もその部位にあった。
初診時にはRPによるツボ治療と、首矯正を行い首から肩甲骨に繋がる筋肉を緩め、
肩甲骨と背骨の間隔を開くようにした。
初診で状態が少し改善したので、2診目はRPのみで様子を見たが、
3診目ではあまり症状の変化が見られなかったため鍼治療を加えたところ、
痛みの度合いがだいぶ変わったとのこと。
4診目も鍼治療を行い、5診目には症状もだいぶ安定していたので
6診目に首矯正により背骨のバランスを整えて、施術を終了とした。
 
・考察
日常の中で体に影響を及ぼすものは多いが、今回はカバンが大きな要因になっている。
特にビジネスバッグや肩掛けカバンなど、
体の片側にばかり負担がかかるカバンは背骨のバランスを崩しやすく、
背部や肩の痛みに繋がりやすい。
矯正や鍼治療により筋肉や、関節を緩めることで痛みは軽減できるが
再発防止には日常生活を見直す事が一番効果があるので、
そういった生活指導も提案していきたいと思う。
 
・使用した主な技
RP(筋打ち)、肩中兪、肩井、膏肓、膈兪 
1523