【施術報告 背中の痛み】施術例12 寝違えにより負傷した頸部から背部にかけての痛み

2021年03月30日

施術例12 寝違えにより負傷した頸部から背部にかけての痛み

40代女性 / 主婦 / 松江在住
 
・来院
2019年6月
 
・症状
左手をついた際に頸部から左肩甲骨内側に鈍痛、親指・人差し指にシビレがある
・経過と施術内容
頸部から左肩甲骨内側にかけて重だるい鈍痛と、
親指人差し指にシビレががあるとの事で来院された。
元々肩こりがあり普段からも強めのリラクゼーションマッサージを、
受けに行くことが多いということであった。
初診時にはRPによるツボ治療と鍼治療により、内部の筋肉を緩めるようにしたところ、
症状が軽減したとの事。
しかし第2診時には前回治療後帰宅してから少し症状が重くなり、
数日してから回復したとの事だった。
体質的に反応が強く出やすいが、安定していくので心配する事は無い旨を説明したところ、
安心して納得して頂いた。
2診目は手技による施術でバランスを整え、3診目には痛みはほぼ消失し、
シビレも軽減しているので、RPによる施術とセルフケアで温める事による血流改善を促し、
継続加療中。
 
・考察
こちらの患者様は寝違えで首や背中を痛めているが、それよりも注目するポイントは普段から、
強力なマッサージや手技を受けているため、
筋肉がそれに伴って過緊張状態に陥ってしまっている事である。
マッサージは筋緊張を緩める適切な手段であるが、過剰な圧を加え続けると、
防御反応的に筋緊張が高まってしまうので、
それ以上にマッサージの圧を高めるようになってしまう。
そのようなケースを避けるために、鍼やRPを使用する事で身体に防御反応を出させる事なく、
深部の筋肉を緩めることができるので、いつも強いマッサージでないと緩まないという方は、
この機会に是非様々な手技を試して頂きたい。
 
・使用した主な技
RP、鍼治療(肩井、膏肓、肩外兪他) 
547