【施術報告 背中の痛み】施術例15 笑うと痛む背部痛

2021年03月30日

施術例15 笑うと痛む背部痛

40代女性 / 主婦 / 春江町在住
・来院
2019年8月
・症状
寝返り時や頸部の詰まり感、伸展位での左背部痛
・経過と施術内容
今回の来院は以前の来院から約2年ぶりであり、以前にも同様の症状で来院されていた。
今回は寝返りで痛めてしまったようで痛みの度合いが強く、
声を出して笑うと痛みが出現する状態であった。
初診時は刺激が強くならないような軽い手技、軽擦等で患部の状態を緩和させ様子を見た。
第2診は施術後に比べると若干元に戻ってしまったという事で、
首肩の矯正と鍼治療を行い筋緊張を緩めたが、その場ではあまり変化が見られなかった。
第3診では第2診の後、一晩経ってから効果が表れており、
再度首肩矯正により関節を整えたところ痛みの質も変わり、動作改善も確認ができた。
それからは鍼治療と矯正を交互に取り入れ、治療を続けたところ第5診で症状はほぼ消失した為、
施術を終了とした。
・考察
声を出して笑うと痛みを感じてしまうということであるが、
この状態はかなり神経が過敏になっている。
また呼吸と関係があり、呼吸をつかさどる横隔膜は腰椎より上部に付着しているため、
背部の緊張にも関係してくる。
そのため背部の緊張を緩めることで、呼吸がしやすくなり全体の巡りも改善し、
神経の興奮も落ち着くのである。
・使用した主な技
首肩矯正、鍼治療(百労、厥陰兪、膈兪、膏肓) 
3927