【施術報告 背中の痛み】施術例9 デスクワークが誘因となる背部痛

2021年03月29日

施術例9 デスクワークが誘因となる背部痛

30代男性 / 会社員 / 江戸川区西瑞江在住
・来院
2018年2月
・症状
首から腰部にかけての鈍痛と背部の反るような違和感、左回旋痛
・経過と施術内容
来院10日程前に自宅にて無理な体勢をとった際に負傷。
話を伺うと普段の仕事では10時間以上連続でPC作業を行なっており、
半年前にもギックリ腰のような症状があったとのこと。
触診を行うと脊柱起立筋の緊張が強く、
それにより背骨も引っ張られ歪んでいる状態であった。
歪みが強かったため、少しづつ矯正を加えていくことを伝え、
初診時には肩の矯正を行い、背部の症状の軽減が見られたので様子を見た。
2診目に来院時は、前回肩矯正を行なったことにより、
背部の状態は多少軽減していたが、頸部の重さが残っていたので、
首矯正を加えたところ首の症状も改善した。状態が安定していたので3診目、
4診目も同様の施術を行なった。5診目には骨盤矯正を加えた結果、
初診時に比べるとだいぶ楽になっているとのことであった。
それからは仕事が忙しくなりなかなか来院出来なくなり状態が少し悪化した、
10診目に全身矯正を加えた以外は
通常の施術により症状は改善していたので、
13診目に最後に全身矯正で調整して完治とした。
・考察
今回の背部痛では、普段の労働環境による影響が大きかったと思われる。
平常時から背部の筋緊張が強く、首から腰にかけての背骨が歪んでしまっていた。
そのため一気に全身矯正によって整えると、反動が強く出る可能性があった為、
要所要所で必要な矯正を行いながら、回復を促していったところ、
大きな反動も出ず順調に回復できた。
体の回復のステージをしっかり把握して、
必要な施術を提案できる事が重要なのだと感じた。
・使用した主な技
首・肩・骨盤矯正