【施術報告 腰痛】施術例3 狭窄症の影響による急性腰痛

2021年03月2日

施術例3 狭窄症の影響による急性腰痛

 
 
70代女性 / 無職 / 一之江在住
 
 
・症状
 
腰の痛み・お尻の付け根の痛み・太ももの痛み・歩行困難
 
・経過と施術内容
 
朝、起床時足をふと伸ばした際に疼痛が出て、左側の左臀部と両足の付け根が特に屈むとつらい
 
付け根は狭窄症の影響でずっと辛いとのこと、昨日から足に力が入りずらく、歩くのがつらい。
6回目でほぼ急性の腰痛は消失、7回目以降は狭窄症の改善に定期的に通っている。
 
・使用した主な技
 
腰のファセット、脊髄後枝の寛解、坐骨上げ、骨盤はがし
股関節テクニック(オステオパシー)
 
・考察
 
もともと狭窄症があり、慢性的な腰痛に悩まされており、一時はバスで病院までいき、ブロック注射をしていたが、だんだん効かなくなり、すぐ戻るのでやめたとのこと。
狭窄症の影響で難治性の急性腰痛であったが、施術する度に改善していき、今回の痛みは多裂筋の硬さがかなり影響していた。