【施術報告 腰痛】施術例12 腰痛を中心とした複合的な症状に対する骨盤矯正

2021年03月29日

施術例12 腰痛を中心とした複合的な症状に対する骨盤矯正

30代男性 / 会社員 / 江戸川区船堀在住
・症状
頭痛と階段昇降時に生じる左大腿部動作痛、座位により増悪する腰痛
 
 
・経過と施術内容
普段からデスクワークが多く腰に負担がかかっており、
また自覚的にも体が傾いている感じがするとのこと。
脚長差を確認してみると左短下肢でありそれによる骨盤の歪みも顕著であった。
骨盤矯正を加えて様子を見たところ施術後だるさが出たがすぐ落ち着いた。
来院2回目には腰の調子はだいぶ改善されており、
さらに頭痛も少しずつ軽減しているとのことであった。
現在は大腿部の施術を中心に継続加療中。
・使用した主な技
骨盤矯正、モビリゼーション
・考察
腰という漢字には「要」の文字が入っており、文字通り重要な箇所である。
骨盤の歪みは左右の脚長差として現れ、左右の脚の長さの違いは背骨の歪みとして現れる。
今回のケースでは背骨の歪みが筋緊張を強め頭痛を起こし、
骨盤の歪みが腰痛や下肢への負担となり、大腿部の痛みとしても現れている。
動きの土台となる骨盤を矯正する事で正しい姿勢となり、
様々な疾患に対応する事が出来るのである。