【施術報告 膝痛】施術例12 スポーツ(エアロビクス)をしていて痛めた膝関節痛

2021年03月29日

施術例12 スポーツ(エアロビクス)をしていて痛めた膝関節痛

40代女性 / 会社員 / 松江在住
・来院
2019年5月
・症状
左膝関節の歩行時痛とひっかかるような痛み
・経過と施術内容
普段からエアロビクスのレッスンを受けており、
来院された際には座る動作と歩行時痛が生じていた。
また痛みに波があり膝の屈伸動作で、たまに引っかかるような痛みがあるとの事であった。
初診で触診をしたところ膝の整形外科的テスト法は陰性であり、
骨盤以下の関節が全体的に固く、大腿四頭筋から前脛骨筋にかけての筋緊張が顕著であった為、
関節周辺組織の損傷ではなく、筋緊張性の痛みと考え施術を行った。
骨盤矯正を加えて筋肉の緊張を緩和し、
RPによるツボ治療で関係経絡を緩めたところ症状が軽減した。
その後3診までRPによる治療で痛みが消失したので完治とした。
・考察
膝関節は体重や重力の影響を受けやすく負傷しやすい部位であり、
また今回のケースでは重症ではないが軽度のロッキングが生じている。
ロッキングとは膝関節内部の半月板の損傷により、膝関節が引っかかりロックされてしまい、
それに付随した痛みが起こるのである。
今回の治療では骨盤矯正により膝周囲の筋緊張が緩められた事と、
RPによるツボ治療で痛みの緩和が出来た事により早期の治癒となった。
・使用した主な技
骨盤矯正、RP
1691