【施術報告 足の痛み】施術例11 スポーツクラブで痛めた右小趾痛

2021年05月25日

施術例11 スポーツクラブで痛めた右小趾痛

50代女性 / 主婦 / 船堀在住
・症状

右小趾の歩行時痛、靴下を履く際の痛み、腫脹

・経過と施術内容

当院来院の2週間前にスポーツクラブで運動していて負傷。
皮下出血と腫脹があったので、整形外科にてX線を取ったが骨折は無かった。
しかしその後も腫脹が良くならず、歩行時痛も残存していた為、当院に来院された。
初診時は患部周囲の関節及び、筋肉を緩めキネシオテーピングを行い、
軽度の圧迫固定を加えた。
3日後に第2診となったが痛みと腫れは引いていなかったので、再度同様の施術を行う。
さらに3日後の第3診で痛みと腫れが顕著に引き始め、第4診では痛みがだいぶ引いており、
動きも改善していた。
それ以降は同様の施術を続け徐々に回復が見られたが、
第16診で靴を履いたら少し赤みが出てしまったとの事であった。
しかしそれより悪化する事はなく、第21診で症状は消失した為、施術を終了とした。

・考察

今回のケースでは外傷が長引いている状態であり、
正しい処置を行わなければ順調な経過をたどる事はない。
キネシオテープにより筋力の補助を行いながら、日常生活を送って頂く事で、
負担の軽減を図る事ができる。
その結果、自己治癒力の発現を促す事ができるのだと考える。

・使用した主な技・ツボ

キネシオテーピング

3175