【施術報告 頭痛】施術例10 背骨の調整により改善した頭痛

2021年03月29日

施術例10 背骨の調整により改善した頭痛

40代女性 / 主婦 / 船堀在住
・来院
2020年1月
・症状
右側頭部から背部にかけての筋緊張、頭痛
 
・経過と施術内容
当院来院前日の朝起床時に右側頭部から右頸部にかけて、ピキッとするような痛みが走り、
それから痛みが背部の方へ広がってきたので、翌日に当院に来院された。
また普段から鼻炎持ちで、鼻が詰まることにより頭痛が生じてしまうということであった。
触診を行うと胸鎖乳突筋と胸筋の筋緊張が強く、
背骨も左側への歪みが強い状態である事が確認できた。
初診時は首矯正とRPを行いながら手技で筋緊張を緩め、脊椎のバランスを整えるようにした。
第2診は初診から2日後に来院され頭痛は消失したとのことであり、
RPと手技で背骨の調整を再度加えた。
それから特に症状は現れていないようなので、様子を見て施術を終了とした。
・考察
今回は筋緊張や背骨の歪み、鼻づまりによる原因も相まって頭痛が生じていたが、
背骨を整えることで自律神経が調整され、症状の軽減が期待できる。
脊椎の中には脊髄という中枢神経があり、自律神経の出入り口もあるので、
その部分の歪みを整え通りを良くすることで、
血管の収縮拡張や神経の興奮状態を調整できるのである。
また筋緊張が緩和され頭部への血流が改善する事で、
頭痛の軽減や鼻の通りを良くすることができる。
・使用した主な技
首矯正、脊椎モビリゼーション、RP(地五会、大椎、合谷、束骨、側頭部筋打ち・十字打ち)
1741