【産後の不調】と産後骨盤矯正:産後恥骨に痛みがある

2013年11月12日

【産後の不調】で恥骨の痛み

産後の恥骨の痛みつらいですよね。恥骨に痛みを抱えた患者さんがよくお見えになります。

 

まず恥骨は骨盤の一部で下部にあります。恥骨の触り方は手のひらの下をお臍に置いて指を真っ直ぐにし指先にコツッとした骨があります。恥骨は関節として左右の骨盤の骨がくっついたものをいいます。

 

【産後の不調】で恥骨の痛みの原因

原因の一つに骨盤が開いていることが考えられます。
恥骨に痛みが出ている場合、恥骨の結合している部分が少し離れていたりずれていることが多くみられます。

 

これは出産の際に赤ちゃんが出やすくなるように
靭帯や筋肉を柔らかくするリラキシンというホルモンが分泌されることが影響しています。それにより骨盤の骨が動き骨盤が開いて出産出来るのです。恥骨周辺も大きく影響を受けて恥骨の痛みが出やすくなってしまいます。

 

昔のように交通機関が発達しておらず、すべて歩くだけの生活だと、下半身や骨盤周辺の筋肉がしっかりしていたので自然と治っていたのですが、現代は車や電車で移動することがほとんどとなっており、かなり筋力が衰えているので治りにくくなっています。

 

骨盤を矯正して締めてあげて、その状態をキープするためにトコちゃんベルトなどで維持してあげれば、
産後時間が経過してくるとこのホルモンがだんだん出なくなってくるので良くなりますよ~

【産後の不調】で恥骨の痛みのセルフケア

セルフケアとしては内腿のストレッチをしてみてください。痛い場合は中止してください。ストレッチができない場合はゴムハンマーを使い内腿から膝の内側までちょうどいい強さでトントンしてみてください。

【産後の不調】で当院の恥骨の痛みに対してのアプローチ法

それでも痛いケースは恥骨の調整や整体をしたり、歪みをとる骨盤橋正、膝のツボに鍼をすると痛みが和らぐケースが多いですので、ご相談ください。

恥骨の痛みや歪みを産後骨盤矯正で

お得なキャンペーンで試してみたい方