【肩こり改善】肩を正しい位置に戻す!

2019年01月10日

肩を正しい位置に戻す!

 

肩こりや肩の痛みを解消する方法として、まず、ゆがんだ肩の位置を正しい位置に戻す必要があります。

そのために、硬くなった胸の筋肉(大胸筋)を緩めることから始めます。

大胸筋は日常生活でもよく使われる筋肉なので、知らず知らずのうちに疲れて硬くなってしまっていることが多い部分です。

肩を正しい位置に戻すために、しっかりと大胸筋を緩めましょう。

 

【大胸筋のストレッチ】

1、足を軽く開いて、壁に垂直になるように真っすぐに立つ。

2、ひじを軽く曲げて手を挙げ、手の平を壁に当てる。この時、ひじと中指が一直線になるように手の向きに注意する。

3、肩の力を抜いてリラックスしながら、上半身を壁と反対側にひねる。胸の前面の筋肉が伸びて気持ちの良いところまでひねる。

4、そのまま20秒間キープし、反対側も同じように行う。

 

 

 

慣れてきたら、壁に手をつく位置を高めや低めにしてみましょう。

そうすることで大胸筋が全体的に伸ばされ、より柔らかくなります。

ひじを真っすぐ突っ張ったり、肩に力が入って肩が上がってしまわないようにしてください。

 

大胸筋を緩めたら、次に背中の筋肉(菱形筋)を鍛えます。

菱形筋(りょうけいきん)がだらんと伸びきってしまったままでは、肩を正しい位置にキープできません。

背中の筋肉を鍛えると、自然と背筋が伸びるようにもなります。

 

【菱形筋のエクササイズ】

1、背筋を伸ばして気をつけの姿勢になる。腕の力は抜く。立っても椅子に座っても良い。

2、腕の力を抜いたまま胸を張る。この時、背中にある左右の肩甲骨を内側に寄せるイメージで行う。

3、胸を張ったまま5秒間キープし、力を抜いてもとに戻す。

4、5~10回繰り返す。

 

大切なのは、腕の力を抜いた状態で行うことです。

腕や肩に力が入り、肩が上がってしまうと、逆効果になってしまう場合があります。

力が入らないようにしながら、左右の肩甲骨を内側にぐっと寄せましょう。

普段あまり使わない背中の筋肉に効いてきます。

 

この2つの運動を続けると、肩の位置が正しい位置に戻ってきます。

肩を正しい位置に戻せたら、次のステップに進みましょう。