【施術報告 ぎっくり腰】施術例2 10kgの物を持ち上げた際に発症したぎっくり腰

2021年03月29日

施術例2 10kgの物を持ち上げた際に発症したぎっくり腰

30代男性 / 会社員 / 江戸川区江戸川在住
・来院
2016年10月
・症状
来院当日に自宅で荷物(約10kg)を持った際に腰にビキッと痛みが走り強い痛みがなかなか引かない為、以前も交通事故や急性腰痛で当院で改善された経緯があり、再び当院を受診した。
 
安静時痛、歩行時痛がみられ、体幹の屈曲、伸展で下位腰椎に痛みがあり左右側屈・回旋(右側屈・回旋で右腰部、左側屈・回旋で左腰部)に痛みが確認できた。
 
 
・経過と施術内容
腰部に関するツボ刺激(レインボー療法)脊柱起立筋、中臀筋、ハムストリングス等の痛みに関与する部位の筋緊張の軽減を目的とした手技療法。
 
施術後ペインスケールで4になった。
仕事柄重いものを良く持つのでコルセット着用指導を行った。
・考察
物を持った際に腰部に負荷がかかり急性腰痛症(ぎっくり腰)となり痛みや筋肉の引っ張りの影響によって背部から腰部までの筋肉が過緊張状態に陥り、動作の際にスムーズに動かすことができず症状が出ていると考え、いかに負担がかからず再発しないアドバイスをした。守ってくれることを祈りたい。