【施術報告 首の痛み】施術例10 テニスで痛めた頸部痛

2021年03月2日

施術例10 テニスで痛めた頸部痛

30代女性 / 主婦 / 江戸川区船堀在住
・症状
頸部の左右回旋痛と後頭部の頭痛
・経過と施術内容
来院日の前日にテニスをしており、その際に頸部を負傷したとの事。
動作確認をしたところ、左右の回旋動作で痛みが生じており、上下の動きには問題は無かった。
元々肩こりがあり、それによる頭痛もあるとの事であった。
来院初日はRPによるツボ施術と、筋打ちを取り入れ様子を見たところ、最初の痛みは半分ほどに減っていた。
その後も日をまたがず、同様に施術を続け、5診目には最初の頃の痛みは2/10ほどまでに下がっていた。
それからは症状もだいぶ落ち着き、約一週間後の9診目には首肩の症状の消失が見られたので治療を終了した。
・考察
今回のケースでは元々から肩こりがあり、その筋緊張が強いままテニスをプレイしてしまった事により、
急性の炎症症状が出てしまっていたが、急性炎症は最初の処置を間違えなければ、比較的早期に治癒する事が出来る。
こちらの患者様は負傷後すぐに来院して頂いたので、二週間かからずに完治をしている。
スポーツによる急性の負傷であれば、間を空けずすぐに医療機関を利用して頂きたい。
・使用した主な技、ツボ
RP(筋打ち、なぞり)、頸部筋肉調整
531