【施術報告 股関節痛】施術例2 足を組んだ際に痛む右股関節痛

2021年03月29日

施術例2 足を組んだ際に痛む右股関節痛

40代女性 / パート / 船堀在住
・症状
足を組んだ際の右股関節の痛み、寝る時の腰部の違和感
・経過と施術内容
当院来院の2週間ほど前に自宅で寝返りをしたら、腰と右股関節に痛みが走って負傷。
それからしばらく放置してみたが、あまり症状が変化しなかった為、当院に来院された。
状態を確認すると腰の回旋時と足を組んだ際に右股関節に痛みが生じており、
うつ伏せや仰向けの体勢をとると、腰の不安定感等の違和感が出るとのことであった。
初回は骨盤の安定を図る為、骨盤矯正を加え様子を見ることにした。
それから3日後に第2診となったが痛みを確認したところ、
腰の回旋動作は前回から10段階中6まで痛みが軽減したという事であり、
股関節はほぼ痛みが消失している状態であった。
また腰は朝起床時が特に辛いとのことであった。
施術では手技で腰椎の動きを出すよう調整したところ、腰部の回旋時痛も軽減していた。
第3診では朝の腰の痛みが少し楽になっているとのことで、
痛みのポイントも左側に限局している状態であった。
施術は仙腸関節のアライメントを調整し、様子を見ることにした。
さらに翌日の第4診では朝の痛みも消失していた為、残った筋緊張を緩めて施術を終了した。
・考察
癖で足を組んでしまう方は多いと思う。
しかし足を組むということは、骨盤や筋肉に捻りの動きが加わり、
歪みが強くなってしまう。
単純な筋緊張の収縮よりは、捻りが加わった方が修復し辛いのである。
そこで骨盤矯正を行うことで、筋肉を正常な位置に戻すことができ、
正しい動きができるようになる。
しかし動きの癖は筋肉の癖として定着してしまうので、
あまり足を組まないよう気をつけて頂くと良いと思う。
・使用した主な技、ツボ
骨盤矯正、腰椎・仙腸関節調整、JRC
552