【施術報告 股関節痛】施術例3 胡坐をかいて痛めた左股関節痛

2021年03月29日

施術例3 胡坐をかいて痛めた左股関節痛

60代女性 / 無色 / 宇喜田町在住
・症状
足を組んだ際の左股関節痛
・経過と施術内容
当院来院2日前に自宅にて、あぐらをかいた際に左股関節を負傷。
それ以前にも2ヶ月ほど前に旅行に行ってから腰痛を発症しており、
また日課としてヨガやウォーキングも続けているとのこと。
触診してみると大転子付近に痛みが出現しており、歩行時痛は無いが足を組む時と、
あぐらになった際に痛みが出るとのことであった。
初診時にはRPを行い、股関節周囲の筋緊張を緩めるようにして様子を見ることにした。
2日後に第2診となり、初診時より少しは良くなっている気がするが、
まだあまり変化が感じられないということであったため、
前回の施術内容に加え、股関節のアライメントを調整するようにしたところ、
痛みが半分ほどに軽減した。
4日後の第3診でも痛みの状態は安定しており、
特に問題点も無くなっていたので第4診で施術を終了とした。
・考察
今回のケースでは足を組むと股関節が痛むということであったが、
足を組むことによって骨盤が歪みやすくなり、体のバランスが崩れてしまう。
筋肉も一定の方向に負荷がかかり続けるので、短縮する筋と伸長する筋が生じることになる。
その状態がキープされてしまうと、
日常生活においてもその姿勢以外がとりづらくなってしまうので、
何度も足を組むようになって癖になってしまうという悪循環が起きる。
そういった悪循環から脱するためには、短縮・伸長した筋肉を元に戻し、
その上で骨盤矯正も加えられれば安定しやすい。
・使用した主な技、ツボ
RP(環跳ー承扶、丘墟、風市) 
2418