【施術報告 腰痛】施術例16 慢性痛から悪化した腰痛

2021年03月29日

施術例16 慢性痛から悪化した腰痛

30代男性 / 会社員 / 東小松川在住
・症状
仰向けで生じる腰部痛と左股関節を曲げた時の腰部と鼠径部の痛み
・経過と施術内容
以前より慢性的な腰痛があったが、当院来院の前日に自宅にて寝転んだ時に急な痛みが発症した。
仰向けで寝ていると痛みが増し、左の股関節を曲げる動作で痛みがあった。
初診時は腰部の筋緊張を緩和させる為、アクチベーターを使用して手技を加えたところ、
仰向けで寝られることが可能となった。
第2診目には良好な状態が継続しており、股関節の動作痛も軽減していた。
第3診目は1ヶ月近く空いてしまっていたが、来院初日のような痛みはなく、
腰の重だるさが残るだけであった。
経過は良好であり、現在メンテナンスも考慮し継続加療中。
・考察
整骨院に通うほどでもない痛みや、重だるさを抱えている患者様はとても多いと思う。
今回の症例では慢性的な痛みを放っておいた結果発症しており、
年齢や環境等で筋肉の耐久力や柔軟性が下がった際に、急性の痛みが起こってしまう。
なので今回の症例のような事が起こらないよう、
日頃のメンテナンスの重要性を今後も伝えて行きたいと思う。
・使用した主な技
アクチベーター、股関節調整
6188