【施術報告 腰痛】施術例18 自転車で転倒して痛めた腰部痛

2021年03月29日

施術例18 自転車で転倒して痛めた腰部痛

40代男性 / 運転手 / 松江在住
・症状
腰部の左回旋痛とつまり感
 
 
・経過と施術内容
自転車にて転倒した際に負傷して来院。
負傷してから二日ほどで来院され、状態を確認すると、
左回旋動作にて腰部に痛みが出現していた。
初診時はRPでのツボ治療と筋肉の調整を加えてから、手技を行い様子を見た。
2診目にも状態に変化は見られなかったので、鍼治療を加えたところ症状の改善が見られた。
その後4診目には良い状態がキープされており、現在も完治を目指し継続加療中。
 
・考察
初回では負傷日から期間を空けずに来院されている為、
先にツボ治療によって深部の筋肉を緩め、
アクチベーターにより筋肉の調整を加えてから手技を行なっている。
急性期にいきなり手技を加えると、悪化する可能性があるからである。
また人体は速さが加わった衝撃に強くないので、
自転車による転倒などは衝撃が大きく後々残りやすい。
なので一時良くなったとしても症状を残さない様に、しっかり治療することが重要である。
・使用した主な技
RP、アクチベーター、股関節調整、鍼治療(夾脊穴)
2286