【施術報告 肘の痛み】施術例1 事務作業で痛めた右肘関節の外側部痛

2021年03月29日

施術例1 事務作業で痛めた右肘関節の外側部痛

40代女性 / 公務員 / 船堀在住
・症状
右肘部外側の回内痛、右肩部の水平運動痛
・経過と施術内容
当院来院の2日前に自宅にて、大量の書類を手書きで作成していた際に負傷。
右肘関節の圧痛は無いが、判子を押す動作で右肘関節外側に痛みがあり、
肩関節の動きでも痛みが出現するとのことであった。
初診時はRPで上腕部の筋緊張を緩め、肩関節にかかる負担を軽減して、肘関節の調整を行った。
第2診は一週間後となったが、肘の痛みは消失していた。
代わりに上腕部の痛みが明確になっていたが、動作時痛はさほど顕著ではない状態であった。
施術は上腕部のストレッチ手技を行い様子を見ることにした。
第3診ではほとんど痛みは消失していたが、重たいものを持ち上げると、
上腕部に痛みが出るとのことであった為、上腕二頭筋を中心にRPを行った。
第4診では痛みも特に気にならない状態となったので、施術を終了とした。
 
・考察
肘関節の外側部には、前腕の筋肉の伸筋群が付着している。
今回のケースは「上腕骨外側上顆炎」という状態である。
別名テニス肘とも呼ばれ、テニスプレイヤーや、家事を行う中高年の女性にも多い疾患で、
手首を返す動作やひねる動作の繰り返しによる炎症症状である。
安静やストレッチが対処法であるが、手を使わないでいることは難しい為、
鍼や施術を行うことで早期の復帰を促すことができる。
 
・使用した主な技、ツボ
RP(右上腕部なぞり)、ASTR
2958
 

【施術報告 腕の痛み】施術例3 重い物を持って痛めた上腕部痛

2021年03月29日

施術例3 重い物を持って痛めた上腕部痛

30代男性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2019年7月
・症状
右肩から上腕部にかけての動作時痛
・経過と施術内容
自宅にて重たい物を持ち上げた際に右上腕部を痛めており、
また仕事においては腕を捻るような動作が多く、
上腕二頭筋部と肩関節前後面に圧痛が生じていた。
スピードテスト(−)ではあるが動作や圧痛点から、上腕二頭筋部と肩関節内外旋に関わる棘下筋、
大胸筋にも原因があると判断し、筋緊張緩和の為の手技を加えたところ症状の軽減が見られた。
首肩部の重だるさもあり、血行改善を目的として上腕部と合わせて鍼治療も加えたところ、
動作時痛は消失した為施術を終了した。
・考察
整形外科的なテスト法で陽性でなくとも、その手前の状態で来院される方は多い。
そういった場合は、動作や圧痛点から判断していくことも重要である。
また鍼治療は最後の手段といった感覚がある方も多いと思うが、
体質改善や筋肉への負担軽減の為にこそ定期的な鍼灸治療が大きな効果を出してくれる。
・使用した主な技、ツボ
ASTR、MET、鍼治療(後渓、尺沢、手五里、天宗、雲門、首肩部他)
6218

【施術報告 腕の痛み】施術例2 腕のしびれと痛み

2021年03月26日

施術例2 腕のしびれと痛み

40代女性 / 会社員 / 江戸川区松江在住
・症状
長時間座位、仰臥位をすると痛みとしびれを覚える。
以前ここに来ていたが、利便性を考えて職場の近くの整骨院に通う。
そこでは頚椎ヘルニアといわれ整体と鍼灸を首中心に5回うけたが症状が増悪し、
怖くなって来院。
・経過と施術内容
当院でも以前同じ症状でかかっており、スムーズに症状の対応が出来た。
施術後筋肉の緊張が緩和したのが本人でもわかり、納得してもらった。
5回目の施術でほぼ症状が消失する。
・考察
本人の話をしっかり聞いて、体の状態をよく診て施術することが症状改善に重要である。
決めつけることは禁物だと改めて認識する。
・使用した主な技、ツボ
斜角筋の調整、ムチの調整、太衝

【施術報告 腕の痛み】施術例1 子供の抱っこによる腱鞘炎

2021年03月25日

施術例1 子供の抱っこによる腱鞘炎

30代女性 / 主婦 / 江戸川区船堀在住
・症状
右手首の痛み・腕の痛み
・経過と施術内容
子育てで手首を痛めてしまい来院。
手根骨、手関節、肘関節のアライメント調整療法にて整え、
筋の緊張が寛解し、大分楽になるが、
痛みを出来るだけ取り除いてほしいとの要望があったため、
手首の連動点である胸椎のツボに鍼をしたところ、痛みが殆ど消失する。
念の為、テーピングをする。
何回か通院し、アドバイスの通りに従って頂き、気にならない程度となり終了となる。

【施術報告 肩痛・腕の痛み】施術例4 左肩から肘にかけての痺れに対する鍼治療の効果

2021年03月20日

施術例8 左肩から肘にかけての痺れに対する鍼治療の効果

40代男性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2019年10月
・症状
左肩前面から肘関節にかけての痺れと肩甲骨周囲の動作時痛
・経過と施術内容
以前にも同様の症状で来院された事があったが、今回はさらに悪化した感じとのこと。
整形外科にてストレートネックとの診断を受けており、物を持ち上げた際に肩甲骨周辺に痛みがあり、
痺れが左肩前面部から肘にかけて出現している。
初診時には頸部から肩にかけての筋肉をほぐし、肩関節の調整を行って経過観察を行った。
そこから3診目までは施術後、症状が軽減しても元に戻ってしまっていたので、
4診目に通常の施術に加え鍼治療を開始したところ症状の軽減が見られ、5診目にはピーク時の半分まで下がっていた。
現在も症状の根治を目指し継続加療中。
・考察
肩や手指の痺れの原因は首にある事が多く、今回のケースでもストレートネックの診断を下されている。
本来首は適度な前弯を形成しているが、その前弯が無くなると衝撃を緩和しにくくなり、
筋肉も緊張して痺れが出現しやすくなる。
つまり痺れの治療には、首や腰など背骨周囲の治療が重要なのである。
また痺れは神経の問題なので神経を栄養するための血流の改善、
神経圧迫の原因である筋緊張を緩和するために、鍼灸治療は非常に効果的である。
なのでなかなか症状の軽減が見られない場合には、是非選択肢として取り入れてほしい。
・使用した主な技、ツボ
RP、アクチベーター、鍼治療(C5、C6、肩中兪、青霊他)
5996 

【施術報告 肩痛】施術例2 医療機関、施術院でこじれてしまった肩痛

2021年03月15日

施術例4 医療機関、施術院でこじれてしまった肩痛

50代女性 / 自営業 / 江戸川区小松川在住
・来院
2016年8月
・症状
1年前から痛みが出て整形外科や有名な整体に通っていたが、
どんどん悪化し途方に暮れていた所、家族の勧めで受診。
いろいろな施術を受けこじれ切ってしまっていた。
肩が全ての方向に動かすと痛みが出現しほぼ動かせない状態。
こじれて腕の痛みまで出現する。
・経過と施術内容
 
初回はメディカル整体で肩の可動域が大幅に改善。
2回目急激に肩の可動域が改善したため、
体の変化が起こりだるさが出たため、
体の負担を考慮しながらの施術。
10回目症状がかなり安定し、定期的に通院している。
 
・考察
肩だけでなく、外反母趾、股関節、頚椎、胸椎などにも問題が潜んでおり 一つづつ紐解いていき、状態が改善していった。 症状が長引いているものは様々な原因が潜んでおり丁寧に見ていくことが重要である。
・使用した主な技、ツボ
胸肋関節のJRC、肩貞、太衝
 

【施術報告 肩痛・腕の痛み】施術例1 寝方が悪く肩と腕の痛みを発症

2021年03月14日

施術例1 寝方が悪く肩と腕の痛みを発症

30代女性 / 会社員 / 江戸川区北葛西在住
・来院
2016年8月
・症状
横向きでの寝方が悪かったのか、いきなり肩が上がらなくなり、右肩と腕に痛みが走る。
整形外科に受診した所、関節軟骨がすり減っていてもう治らないと伝えられる。かなり落ち込みネットで当院を受診。
右肩伸展時痛、外転・外旋時痛。外転90度以上は痛くて上げられない。
 
・経過と施術内容
 
鍼が怖いので当初はメディカル整体で肩が上がるようになり、器質的な破壊は見られないと説明。
4回の施術後、痛みが3割程度に和らぐ。可動域も来院ごとに上がるようになる。
続けて施術してほぼ痛みがなくなり終了となる。
 
・使用した主な技、ツボ
 
肩の牽引、申脈、T3(1)
 
・考察
 
今回は肩の機能低下であった。機能を回復したことで肩の症状が改善し、来院時かなり気持ちが落ち込んでいたが症状が改善し本人も安堵していた。