【施術報告 腰痛】施術例14 交通事故の後遺症による腰背部痛と骨盤の歪み

2021年03月29日

施術例14 交通事故の後遺症による腰背部痛と骨盤の歪み

20代女性 / 主婦 / 松江在住
・症状
左の腰背部の鈍痛と骨盤の歪み、左膝の伸展制限
 
・経過と施術内容
来院2日前に引越中に重たい荷物を何度も持ち上げてから、左の肩甲骨内側から腰部にかけて、
ズーンとした重たい痛みがあるとのこと。
また左膝も伸ばしにくくなっている。
さらに10年以上前に交通事故にあっており、その後遺症で体の左側が調子が悪い事が多く、
体の歪みについても自覚があるということであった。
初診時にはRPによるツボ治療と骨盤矯正を行い、
全体的な筋緊張緩和と背骨の土台の安定を図った。
第2診には背部の調子はだいぶ良くなっているが、膝の調子は相変わらずということであった。
第5診には背中をぶつけて怪我をしてしまった為、
腰背部の手技は避けRPによるアプローチを中心とした。
その後同様の施術を続けていたところ、第9診には腰背部、膝共に症状はかなり軽減していた。
しかし第10診の2日前にヒールを履いた際に、左母趾に痺れが出たということだったので、
RPにてなぞりを加えた施術を続けると、第13診には痺れも完全に消失した。
第14診で主訴が消失した為、施術を終了とした。
・考察
こちらのケースでは引越し作業が痛みの誘発につながっているが、
それ以上に根本原因として考えられるのは、やはり10年以上前の交通事故であろう。
10年以上前といっても現在も左右の不調や体の歪みを自覚している為、
交通事故後の治療が不十分だと数年越しで後遺症に悩まされてしまうのだ。
交通事故の衝撃は強く、体も大きく歪んでしまうので、
矯正を加えしっかりと体を整えていく必要がある。
・使用した主な技
骨盤矯正、RP(筋打ち・なぞり)
425

【施術報告 ぎっくり腰】施術例2 10kgの物を持ち上げた際に発症したぎっくり腰

2021年03月29日

施術例2 10kgの物を持ち上げた際に発症したぎっくり腰

30代男性 / 会社員 / 江戸川区江戸川在住
・来院
2016年10月
・症状
来院当日に自宅で荷物(約10kg)を持った際に腰にビキッと痛みが走り強い痛みがなかなか引かない為、以前も交通事故や急性腰痛で当院で改善された経緯があり、再び当院を受診した。
 
安静時痛、歩行時痛がみられ、体幹の屈曲、伸展で下位腰椎に痛みがあり左右側屈・回旋(右側屈・回旋で右腰部、左側屈・回旋で左腰部)に痛みが確認できた。
 
 
・経過と施術内容
腰部に関するツボ刺激(レインボー療法)脊柱起立筋、中臀筋、ハムストリングス等の痛みに関与する部位の筋緊張の軽減を目的とした手技療法。
 
施術後ペインスケールで4になった。
仕事柄重いものを良く持つのでコルセット着用指導を行った。
・考察
物を持った際に腰部に負荷がかかり急性腰痛症(ぎっくり腰)となり痛みや筋肉の引っ張りの影響によって背部から腰部までの筋肉が過緊張状態に陥り、動作の際にスムーズに動かすことができず症状が出ていると考え、いかに負担がかからず再発しないアドバイスをした。守ってくれることを祈りたい。

交通事故専門施術院として

2015年02月26日

当院は交通事故専門施術院としての整骨院として、
様々な交通事故(具体的なケースを挙げますと車同士の事故、バイク同士の事故、バイクと車の事故、自転車の事故、車や自転車、バイクと歩行者の事故、タクシーとの事故、自損事故、追突事故、首都高速での事故、高速道路での事故、飲酒運転での事故)に対応しております。

 

交通事故での怪我(ケガ)による骨折・捻挫・打撲・挫傷・脱臼を取り扱っております。またその怪我による頭痛や首や肩、腰や手、足などの痛みを取るスペシャリストと自負しております。

 

特に他の病院やクリニック、整体、整骨院・接骨院、鍼灸院でなかなか良くならなかったむちうちを得意としており、むちうちの施術やリハビリ、メディカルマッサージをしております。
むちうちは頸椎捻挫やバレリュー症候群、引き抜き損傷なども複合しているケースもあり負担がかかりやすい部位なので後遺症になりやすく、しっかりとした施術が必要です。

 

もちろん病院(クリニック)や整形外科、他の整骨院・接骨院との併用(併院)や転院なども可能です。

 

当院は交通事故案件に強い弁護士や司法書士との提携もしており、お気軽に相談も出来ます。

 

 

また施術費の慰謝料、自賠責保険、事故保険、損害保険会社の対応の仕方や証明書、車修理、バイク修理などのご相談も承っております。

自動車事故の方はこちら

バイク事故の方はこちら

自転車事故の方はこちら

 

※人身傷害は保険の等級が上がらなくて保険料も引きあがらないので安心して施術を受けられます。(よくある質問なので載せておきました(‘-‘*))

 

また当院で様々なアドバイスもしておりますが、院長がKindleで交通事故の書籍を出版しましたので。こちらもご参考にしてくださいませ。

いざというときの 損をしない交通事故治療 Kindle版

交通事故をされた方へ

2015年01月9日

当院は交通事故専門施術院として、むち打ち施術を得意としております。

 

他にも交通事故で腰や肩、腕のしびれ、足の痛み、足のしびれ、背中の痛みなど様々な痛みや張り、違和感を覚えている方の施術を行っております。

 

先日も自転車に乗っていて車に巻き込まれた方、タクシーに後ろから追突された方がみえました。

 

当品川接骨院グループでの事故お客様は1987年4月から通算2500人以上を超えており、皆様からの支持を得ております。

 

ただ電気やマッサージをするだけではなく、独自のバランス調整や整体をしておりますので、病院や他院ではよくならなかった症状も改善するケースが多く見られます。
また、状態を診てテーピングや置き針、場合によっては鍼などもしております。

 

提携している病院や弁護士、司法書士もおりますので様々な案件に対応できます。ご安心くださいませ。

 

施術をしながら早く改善して頂きたくストレッチや院長考案のゴムハンマー整体などのセルフケアもご案内しております。

 

是非一度お気軽にご相談下さい。

 

院長は交通事故で困っている方向けの「いざというときの損をしない交通事故治療」を出版しています。

明けましておめでとうございますと交通事故

2012年01月1日

江戸川区船堀のはればれ鍼灸整骨院・整体院です

 

明けましておめでとうございます!
本年もはればれ整骨院・鍼灸院をどうぞ宜しくお願いいたします

皆様が良い一年がありますように。

 

ところでみなさんは交通事故が一番多い月をご存知ですか?

 

正解は12月です。1月や2月は少なく1万人くらいの差があります。

当院には12月に交通事故にあい、1月に来院する方が少なくありません。

東京都は全国の都道府県の中でも毎年ワースト5に入っているバッドニュースもあります。

当院は交通事故の施術や知識については自信がありますし、

医師や弁護士、司法書士とも提携しております。

また早期回復に役立つストレッチなどのセルフケアのアドバイスにも定評があります。

お困りのことがありましたらご相談くださいませ。

 

 

 

 

明けましておめでとうございますとは?

 

新年を祝う言葉。

「あけまして」は、「新しい年が明けまして」という意味なので、「新年あけましておめでとうございます」と言うと「新年」がかぶることになります。「新年」を使いたい時は「新年おめでとうございます」で良いそうですよ。(一方で、「家が建つ」「穴があく」と同様で、特に誤りだとは言えない、という説もあります)

 

また、謹賀新年や賀正といった言葉と組み合わせて使う場合が多いが、これは明らかに間違いだそうです。

「賀」の中に、「おめでとう」という祝う意味が含まれており、新年の言葉(賀詞)は、ひとつの文書の中にひとつだけというのが原則だからだそうです。

 

略語:あけおめ

 

異説:

上述の通り、「あけましておめでとう」は、「新しい年が明けておめでとう」という意味であります。しかし、「新年」は、自明であるために略されているのだと理解されますね。従って、あえて「新年」を略さずに「新年あけまして~」としても、重複とはいえないそうですよ。
「休み明け」「夜明け」といった例にも見えるとおり、「年明け」において明けているのは「新年」ではなく「旧年」であります。従って、「新年あけまして~」は、「昼明け」のように間違っていますね。あえて何か冠するなら「旧年あけましておめでとう」ではないか。
「新年、あけましておめでとう」と、二つに分け、「新年ですね。旧年があけましておめでとうございます」の意味に解するなら、「旧年」説に即して考えても問題はないことになるのではないでしょうか!!!

江戸川区船堀四丁目町会回覧板と歳末に怪我や交通事故はなぜ多い?

2011年12月18日

船堀4丁目町会に加入している江戸川区船堀のはればれ整骨院です

 

歳末たすけあい運動にご協力をお願いします!
実施期間は12月1日~12月31日までなります。

『みんなでささえあうあたたかい地域づくり』

歳末たすけあい運動は、毎年12月に、共同募金活動の一環として、地域住民の皆様のご協力により実施しています。
今年も、「みんなでささえあうあったかい地域づくり」をスローガンにしまして、支援を必要とする人々が、地域の中で安心して暮らせるように、皆様からの温かいお気持ちをお届けしたいと思っております。
なお、この募金活動は、江戸川区の地域福祉のために皆様から善意の募金をお願いしているものになってきます。
皆様のご理解とご協力を心よりお願い申し上げます。 よろしくお願いします!

募金はこちらの窓口へ↓↓

★町会又は自治会
★区事務所地域サービス係
★区社会福祉協議会
※郵便振替でも募金の受付を行っています。
郵便振替をご希望される方は、下記までご連絡ください。
郵便振替用紙を郵送します。
【江戸川区社会福祉協議会】
(5662)5557
主催:東京都共同募金会
実施:江戸川区社会福祉協議会
協賛:江戸川区/町会。自治会・民生・児童委員協議会

 

 

 

歳末に怪我や交通事故はなぜ多い?

歳末は皆が忙しくせわしなく行動していますので、怪我や交通事故が多発しやすい時期でもあります。皆様気持ちの余裕をもってお出かけ行動をしてくださいませ。

当院でもすでに7名の方がその理由から歳末に怪我をされ首肩腰などを痛められてご来院されております。

万が一痛めてしまいましたら当院にご連絡をくださいませ。最善の対応をさせていただきます。

 

 

 

回覧板とは

町内会などで、行政の通達や連絡事項などを書いた文書をバインダーなどに挟んで各家庭へ回していくものになります。第2次大戦中の隣組制度に伴って普及していったそうです。
回覧板は告知事項や配布書類などの情報を挟んで順番に回していくものになります。

連絡文書などを板にばね金具で挟んで固定していて(現在は用箋挟が多用される)、集落や町内の各戸を順番に回して、集落や町内全戸に連絡事項を伝えていますよ。回覧板に用いられる材質はビニールをコーティングした板紙などになってきます。また、ものによっては地域の商店などの広告が入っている場合がもあるそうですよ

概ね数日から一週間ほどで全家庭に巡回するルートが決まっていますよ。地域によっては文書の表紙下部には印を押す枡が並んでいて、読み終わった家庭では、そこに押印または署名を行って、次の家庭に届けるシステムとなっている場合もあるそうですね。

その多くは地域生活に即した情報であって、町内会や催し物(イベント)開催のお知らせや安全・防犯・防災情報、また町内会や自治会の決定事項なども伝えられています。ゴミなど分別収集のある地域では、新年度のごみの収集計画表など、生活に密接に関係する情報などもこの回覧板で伝えられる地域もあるそうです。集落や町会内のお知らせよりも、交番発行の警察広報紙、自治体が配布する各種お知らせの紙などが多数折り込まれている場合が多いそうですね。

交通事故施術の流れ

2011年11月3日

交通事故の施術の流れをご紹介します

 

1、保険会社の方から連絡が入りますので、受診される病院名または施術所名(はればれ整骨院)をお伝え下さい。
初めにご確認させて頂くこと

・保険会社の連絡先と事故の状況など
・病院受診後に当院での施術をご希望の人は診断書があれば当院へお持ち下さい。

 

2、しっかりと問診・触診をさせていただき、症状などを詳しく確認いたします。
<こんなケースも……>
病院での検査後まったく異常がないと診断された場合であっても、数日後に痛みがでてくる事が多々あります。このようなケースの場合にも対応いたしますので安心して当院ご相談下さい。

 

 

3、症状に合わせた施術を行います。
当院では、手技療法・電気療法・背骨・骨盤矯正・テーピング・レインボー療法・はり・きゅうなどのさまざまな施術法から、お客様一人一人の症状にあわせた施術を行っております。
※必要に応じて自宅で簡単にできる運動療法や日常生活での注意事項などをアドバイスなどもしていますよ。

 

4、症状が改善すれば施術も終了です。
症状により短期間で改善する症状や、長期間かかる症状などがありますが、いずれにしてもしっかり治るまで続けて施術することが一番大切になってきますよ。
※【ご注意していただきたいこと】
施術を円滑に行うために必ず保険会社へのご連絡をお忘れにならないよう確認の方お願いします。 万が一、後遺症が残った場合の事も考え、当院での施術と併行して病院でのレントゲンやMRIなどの精密検査・定期的に医師の経過観察を受けるなど同時併療をお勧めしてますよ。

 

 

交通事故とは

広い意味ではすべての交通に伴う人的・物的損害または往来の危険の発生をいっているが,ここでは狭義の交通事故,すなわち道路交通事故について説明していきます。 道路交通事故は車やバイク,トロリーバスまたは路面電車の交通による人の死傷または物の損壊を指していますよ(道路交通法72条1項)。すなわち車などの交通により起こったものであることを要していて,歩行者同士あるいは道路で遊んでいる幼児の転倒によるものなどは含まれていません。

交通事故によるむちうち(頚部の捻挫)

2011年11月2日

船堀のはればれ整骨院です

 

追突などで、軽くぶつかっただけだと感じていても、首にはかなりの負担がかかってしまっていることが多いくなってきます。
よほど酷いの事故の場合以外、骨にはっきりとした異常は見られることはないがつらいことが多いです。

湿布だけもらって貼っていたが変わらない・・・。湿布は全くの無効ではないですが、良くする力(治癒力)は少ないので、もっと積極的な施術が必要になってきますよ。
事故の前にはなかった症状がある、今の施術に、不満を感じるという人はお気軽に当院にご相談ください!!

 

 

むち打ち症とは?

交通事故による外傷は、打ち身・捻挫・骨折・頭部外傷などが主なものになってきます。
その中で、もっとも代表的な外傷で賠償上の問題を多く含んでくるのが今回の「むち打ち(損傷)症」になってきます。
これは、正式な診断名ではありませんよ。俗称になってきます。
診断名は「外傷性頚部症候群」又は、軽いものでは「頚部捻挫」といいますね。

衝突時、首が前と後にムチのようにしなることからそう呼ばれるようになったのですが、もともとは車が出てくる前からあり、「Whiplash:むちひも」と呼ばれてました。
乗馬で、馬にムチを当てると馬がビックリて前に飛び出し、そのときに頭が後ろに放り出され、その後首に痛みが続くということから起こったようですよ。

 

 

 

「むち打ち症」の起こり方

「むち打ち症」の起こり方(発現機序)は、大きく分かれてまず第一に正面からの衝突、次に側面からの衝突、自動車との玉突き追突によるものとなってきますね。
人間の首の動く可動域は、普通は60°くらいかなといわれていますね。
その可能な動く範囲を超えてしまって、それを超えて伸びをしたり、屈んだりした時に、首の周りの組織(軟部的な組織・・骨の周りを囲んでいるものなど)が伸びたりきたりして症状がでできてしまいます。
その中でも、一番になり易くなっているというのが、後ろ側より衝突される衝撃によるものす。ほとんどがこれになってきます。

 

前方からの圧倒的なぶつかり加減では、首としては前側にかなり曲げられるかたちになり、そして伸ばされることになることやふつうに危ないことを予想出来ますね、首の筋肉たちがこわばって、伸ばすや屈めるを筋肉たちの意思で下げることが出来ることからかなり軽いの負担になってくることが多くなってきます。

 

そして追突の場合には、からなずといっていいほど後ろ側へ強く伸ばされて、その後に屈曲することになってきます。
こうなってしまうだろうと想定してないケースがほとんどなので、首の組織は緩んでいて、やらかい組織(靭帯、腱)のみにかなり強い力が、入って痛めてしまうことが多くなているそうです。

 

他には、横側からぶつけられたケースは、首にまずショックを受けた方から強く曲がられ、次に逆側に動いていきます。
横側からぶつけられた場合は、頭などが肩のあたりにぶつかるまで曲がってしまいます!
向きにより大変入り組んだでさまざまな外傷を受けてしまうことになってしまいますが、重くなると引抜かれた損傷といわれる、中枢神経である脊髄の神経がなんと引き抜かれてしまうこともあるんですよ。
(横側からぶつけられた場合)

 

自動車が横側からぶつけられた衝撃を受けると、体は横側からぶつけられた方にすごく曲げられ、そして逆側に動いていきます。

 

以上これらのケースは交通事故外傷に限られたわけではなくて、他に似たようなことが起きてしまえば、日常生活でもおこりえますので気を付けてくださいね。
第三者行為であるけんか、スポーツなどによるもの、自転車などでの転倒、崖からの転落などでも起こってしまいますよ。
注意してください!

交通事故施術について

2011年11月1日

当院の事故による施術とは?

交通事故によるむち打ちや肩痛、腰痛、膝などの打撲・捻挫などは全て対象となってきます。
自賠責保険にてお客様のご負担額は0円で受けることができてきます。

当院ではしっかりと手を使って施術してまいります。

必要に応じて、はり施術なども併用して施術していきますのでご相談ください。
尚、当院に来院される前に整形外科、外科などの病院で受付を受けていられる場合は、
念の為に、診断書などを当院にお持ち下さい。整骨院での施術にいつでも併用、切り替えることができます。

お気軽に当院へご相談下さい\(^0^)/

 

 

 

自賠責保険とは?(自動車損害賠償責任保険)

車・バイクなどを購入したら必ず加入しなければいけない自動車保険になります。

自動車保険は、大きく分けて自賠責保険と任意の自動車保険の2つになってきます。

自賠責保険は、車・バイクなどの所有者と運転者が、必ず加入しなければならない保険で、強制保険と呼ばれることもありますよ。

この自賠責保険とは、被害者の救済を第一に考えてとしており、対人賠償に限られます。

対人とは、死傷した相手側の運転者や同乗者、又は歩行者などを指してきます。

つまり、被害者のケガや死亡だけに賠償金が支払われて、加害者のケガや自動車の破損には、賠償金は支払われてきません。

もし、事故を起こした加害者の方に賠償金を支払う能力がない場合でも、被害者は自賠責保険によって、一定の金額までは賠償金を受け取ることができるようになっていますので安心してください。

偶然に、事故にあった被害者が賠償金をもらうことができずに、泣き寝入りするのを未然に防いでいるのが自賠責保険といえてきますね。

 

気になる保険の支払い限度額は?

自賠責保険の支払い限度額は以下のようになっています。
・死亡・・・ 3,000万円
・ケガ・・・ 120万円
・後遺障害・・・程度に応じて 75万円~3,000万円。常に介護が必要な場合は 4,000万円

*金額は、加害車両1台につき、被害者1人につきの金額で、1件の事故での総額ではありませんよ。
このように、自賠責保険は限度額が存在し、対人賠償だけの支払いですから、これだけでは十分な補償とは言い切れませんね。これを補うには任意の自動車保険が必要になってきますよ。

なお自賠責保険では、他人を事故に巻き込んだ加害者に、過失がたとえなくても賠償責任が発生するのが一般的になってきます。これを”無過失責任”と呼びます。

簡単に説明すると、普通に車を運転していて、何のミスもない場合であっても相手がケガをした場合には、賠償する必要があるということになってきます。

もちろん、被害者に100%過失があったときは別になりますが、今までの事例では被害者に全ての過失があったと、認められた事故はごくまれになってきます。ですから、ほとんどの場合は、加害者が賠償責任を負うことになってしまうんですね。

 

また、院長が交通事故の書籍をkindle版ですが出していますので参考にしてみてくださいませ。

いざというときの損をしない交通事故