【施術報告 背中の痛み】施術例27 慢性的な肩こりから発症した背部痛

2021年03月30日

施術例27 慢性的な肩こりから発症した背部痛

20代男性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2020年3月
・症状
右頸部〜肩〜背部にかけての動作時痛と重だるさ
・経過と施術内容
当院来院4日ほど前に自宅にて寝違えて負傷。
普段から慢性的な肩こりがあったが、重だるさはあっても痛むことはなかったとのこと。
しかし寝違えてからは、首や肩を動かすと背中に痛みが走り、
痛みで動作が制限されてしまうという状態となってしまった。
診察を行うと頸椎が患側に引っ張られており、肩甲骨は逆に内方に寄っていて、
筋緊張による短縮が起こっていた。
また骨盤も左の仙腸関節が閉じて、詰まっている状態であった。
初診ではRPと首と骨盤の矯正を取り入れ、土台と患部のバランスを整えるようにして、
様子を見ることにした。
それから第2診は1週間後となったが状態は安定しており、
良くなっている実感があるとのことであった。
さらに1週間後の第3診目は特に痛みは出ていなかったが、やや骨盤の歪みが生じていたため、
予防を兼ねて骨盤矯正を行いバランスを整えてから施術を終了とした。
・考察
慢性的な肩こりや腰痛を抱えている方は非常に多い。
放置していて命に関わるわけではないが、そのままにしておくとなんとも居心地が悪く、
重だるさが常につきまとい、日常生活に身が入らなくなってしまう。
そして急激に重だるさが激痛に変わるものが、寝違えやギックリ腰である。
元々が重だるくなくても急に痛くなるケースも多々あるが、
ベースには日頃の負担や疲労が隠れている。
自身の身体が普段からいかに負担を強いられているか、
一度立ち止まって体の声を聴くことがセルフケアの第一歩である。
・使用した主な技
RP(地五会、大椎、合谷、束骨他)、首・骨盤矯正
1683

【施術報告 背中の痛み】施術例24 背骨の歪みによる背部痛

2021年03月30日

施術例24 背骨の歪みによる背部痛

40代女性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2020年2月
・症状
首から背中にかけての動作時痛と動作制限
・経過と施術内容
当院来院の1週間ほど前に、自宅にて寝違えて負傷。
さらに2年前には交通事故にあっており、半年間ほど整形外科に通っていたとのこと。
視診と触診では背骨の歪みが強く、S字状の左右の歪みが確認できた。
左の肩甲挙筋の緊張が強度であった為、初診ではRPと首矯正を行い、
頸部の筋肉を整えるようにしたところ、
痛みはやや残存していたが動作制限の改善が確認できた。
続けて翌日も来院して頂き状態を確認すると、前日に帰宅して一晩明けてから、
だいぶ痛みが軽減したとのことであった。
しかし痛みはやや残っていた為、改めて肩甲挙筋の筋緊張を緩め運動療法を行うと、
痛みが完全に消失したので施術を終了とした。
・考察
背骨の歪みをそのままにしていると筋肉本来の動きが発揮できないので、
余計な力がかかってしまい緊張が強くなってしまう。
頑固な肩こり・腰痛の原因は骨の歪みによることが多い為、
体の状態を確認し適切な施術を提案できる診察が重要である。
どんなに優れた治療技術も狙いが外れてしまえば効果が出ない。
今回のケースは確かな技術とそれを活かす診察力を備えることが、
我々施術者に必要だと感じられるケースであった。
・使用した主な技
RP(大椎、合谷、陽池、地五会、束骨他)、首矯正
1687

【施術報告 背中の痛み】施術例23 肩甲骨の歪みによる背部痛

2021年03月30日

施術例23 肩甲骨の歪みによる背部痛

30代男性 / SE / 松江在住
・来院
2020年1月
・症状
左頸部から背部にかけての朝起床時の痛み
・経過と施術内容
来院2週間ほど前に寝違えて負傷。
自宅にて安静にしていたが、痛みが治まらない為当院に来院された。
診察すると左側の肩甲骨が上がり、右側の肩甲骨は下がっており、胸椎が左側に歪んでいた。
当然肩甲骨の動きは悪く、肩関節の動きも制限されている状態だったので、
初診時には首肩の矯正を提案し、肩甲骨のバランスを整えたところ痛みは半分まで下がった。
第2診では痛みはだいぶマシにはなったが、朝起床時の痛みはまだ残存していた為、
RPによるツボ治療を加えて調整した結果、さらにまた半分ほど痛みが軽減した。
仕事がデスクワークで日常生活でも疲労が溜まりやすいので、
ゴムハンマーによるセルフケアを勧め、現在継続加療中。
・考察
背中の痛みや肩の痛み、はては首の痛みに関しても、肩甲骨は重要なポイントである。
肩甲骨は多くの筋肉が付着する骨であり、背中や肩の痛みがある患者様の肩甲骨は隙間が無く、
その部分の筋肉の動きも制限されるので血流が悪くなる。
その為肩矯正を行なった後は患者様自身でも肩甲骨回し等、
普段使えていない筋肉を動かす運動をして頂きたい。
・使用した主な技
首・肩矯正、RP(地五会、大椎、腕骨、合谷、陽池、束骨、京骨)
1514

【施術報告 背中の痛み】施術例12 寝違えにより負傷した頸部から背部にかけての痛み

2021年03月30日

施術例12 寝違えにより負傷した頸部から背部にかけての痛み

40代女性 / 主婦 / 松江在住
・来院
2019年6月
・症状
左手をついた際に頸部から左肩甲骨内側に鈍痛、親指・人差し指にシビレがある
・経過と施術内容
頸部から左肩甲骨内側にかけて重だるい鈍痛と、
親指人差し指にシビレががあるとの事で来院された。
元々肩こりがあり普段からも強めのリラクゼーションマッサージを、
受けに行くことが多いということであった。
初診時にはRPによるツボ治療と鍼治療により、内部の筋肉を緩めるようにしたところ、
症状が軽減したとの事。
しかし第2診時には前回治療後帰宅してから少し症状が重くなり、
数日してから回復したとの事だった。
体質的に反応が強く出やすいが、安定していくので心配する事は無い旨を説明したところ、
安心して納得して頂いた。
2診目は手技による施術でバランスを整え、3診目には痛みはほぼ消失し、
シビレも軽減しているので、RPによる施術とセルフケアで温める事による血流改善を促し、
継続加療中。
 
・考察
こちらの患者様は寝違えで首や背中を痛めているが、それよりも注目するポイントは普段から、
強力なマッサージや手技を受けているため、
筋肉がそれに伴って過緊張状態に陥ってしまっている事である。
マッサージは筋緊張を緩める適切な手段であるが、過剰な圧を加え続けると、
防御反応的に筋緊張が高まってしまうので、
それ以上にマッサージの圧を高めるようになってしまう。
そのようなケースを避けるために、鍼やRPを使用する事で身体に防御反応を出させる事なく、
深部の筋肉を緩めることができるので、いつも強いマッサージでないと緩まないという方は、
この機会に是非様々な手技を試して頂きたい。
 
・使用した主な技
RP、鍼治療(肩井、膏肓、肩外兪他) 
547
 

【施術報告 首の痛み】施術例14 いつもより治りにくい寝違え

2021年03月2日

施術例14 いつもより治りにくい寝違え

30代男性 / 会社員 / 江戸川区松江在住
・症状
左頸部の後屈・側屈・回旋痛
・経過と施術内容
当院来院の1週間ほど前に自宅で寝ていた際に負傷。
普段からもよく寝違えることが多く、いつもは2〜3日で治るが、今回は治りが悪かった為当院に来院された。
初診時に状態を確認したところ、特に左の頸部の筋緊張が強く、左側屈がしにくいといった状態であり、
また患側肩甲骨が上内方に入り込み、健側肩甲骨は下外方にやや歪んでいる状態であった。
初診時はRPと首・肩の矯正を取り入れ、肩甲骨を正常な位置に戻した上で、筋緊張を緩めることにしたところ、
首の可動域の改善と痛みの減少が見られた。
第2診では可動域は少し戻ってしまっていたが、痛みのレベルは下がっていた為、手技により肩甲骨を調整した。
初診から約1週間後の第3診ではほぼ問題がなかったので、施術を終了とした。
・考察
今回のケースでは普段は治りやすい寝違えが、今回は治りにくかったということであるが、
問題点としては肩甲骨の歪みが考えられる。
首の筋肉は肩甲骨や鎖骨、胸骨など体幹にも付着しており、それらが正常な位置からずれることで、
余計な力が加わり続けるので修復がされにくい。
そのために矯正を行い、骨や筋肉を本来の位置に戻すことが、体の治癒力を発揮させるために必要なのだ。
・使用した主な技、ツボ
首・肩矯正、RP(地五会、大椎-腕骨・合谷、束骨、京骨)
2435 

【施術報告 首の痛み】施術例13 寝違えによる頸部痛と背部痛

2021年03月2日

施術例13 寝違えによる頸部痛と背部痛

30代女性 / 会社員 / 東小松川在住
・症状
右頸部から肩甲骨内縁・背部にかけての動作時痛
・経過と施術内容
来院1週間ほど前に自宅で寝違えて負傷。
それからしばらく我慢をしていたが右頸部のみだった痛みが徐々に下方に広がり、
肩甲骨内縁や背部まで痛むようになった為、怖くなって当院に来院された。
視診によると右肩甲骨が左肩甲骨に比べて上がっており、触診では右頸部から肩甲骨内縁にかけて、
筋緊張が非常に強くなっている事が把握できた。
初診時は首肩矯正とRPを行なったところ、痛みが半分程度に下がっていた。
第2診ではだいぶ動かせるようになっているとのことで、RPを継続しながら施術を続けた。
しかし第4診ではまた起床時に右頸部を痛めてしまい、患部を集中的かつ軽度にほぐすように手技を加えた。
第5診では前回治療後少し重くなったが、朝起床時には痛みが消失したとのことであった。
その後背部の痛みはほとんど無く、第8診には腰部の治療を行い土台としての骨盤の安定を図るようにした。
それからはメンテナンス中心となり、特に大きな痛みには悩まされていない。
・考察
寝違えは不自然な体勢で睡眠をとったことにより、血流不足等で過度な筋緊張が起きてしまうことである。
またそれ以外にも前日にスポーツ等で体を動かしすぎて、疲労が蓄積して翌日に持ち越した結果、
寝違えに発展してしまうこともある。
寝違えは安静にしていればやがて治るものではあるが、視界を得る為に首を動かした際に、
痛みを感じて長引くことがあるので、施術により早期の回復を図ることが望ましい。
・使用した主な技、ツボ
首肩矯正、RP(筋打ち、地五会、大椎、合谷、陽池、陽渓、束骨、京骨)
1503 
 

【施術報告 首の痛み】施術例4 寝違えて某鍼灸院で憎悪した首の痛み

2021年03月1日

施術例4 寝違えて某鍼灸院で憎悪した首の痛み

40代男性 / 会社員 / 江戸川区松江在住
・症状

寝違えて首の痛みがあり、主に回旋の動作で痛かった。
2日後某鍼灸院で鍼施術をし、帰りに首を動かせないほど痛くなってしまった。
今は病院で筋肉を柔らかくする薬を処方してもらい
それを飲んで少し楽になったがまだ痛みが強い。評判を聞き来院。

・経過と施術内容

メディカル整体と首の歪みをとる矯正をした。
痛みがかなり和らぎ、2回目の施術で症状が3割程度に
3回目でほぼ痛みが和らいだ。

・考察

他の施術院で悪化してからの来院となり、施術に対して恐怖と疑念を持っていたため、
不安と施術効果のカウンセリングを行い、信頼関係を築いた上で施術を行った。
施術の技術も勿論だが、信頼関係を築く大切さを痛感した。

・使用した主な技、ツボ

首矯正、肩回し

【施術報告 首の痛み】施術例3 寝違えによる首の痛み

2021年03月1日

施術例3 寝違えによる首の痛み

40代女性 / パート / 江戸川区船堀在住・症状

首の痛み、前屈15度、伸展0度(ほぼ不可)、側屈5度、
回旋ほぼ不可。少しでも力を入れても痛い。近所の方の紹介で来院。

・経過と施術内容

初回の施術後は症状が半分程度まで落ち着く。
2回目 施術している日中は良いが、右側に痛みが出てちゃんと寝れないのと
起き上がる際、首を支えるのが辛いとのこと。
施術を続け術後首が回を重ねるごとに大分動くようになり、
5回目でほぼ消失し、念のため施術し終了。
痛みがかなり強かったため、様子をみて途中から鍼も加えることにした。

・考察

ほぼ首が動かせない状態で来院し、少しでも力を入れると痛みが走るという
症状であったが、痛みの原因と動きを悪くしている原因を丁寧に探り突き止めれば
しっかりと改善出来る。

・使用した主な技、ツボ

カスミ、扇