【施術報告 腰痛】施術例25 フットサルによって痛めた腰臀部痛

2021年04月30日

施術例25 フットサルによって痛めた腰臀部痛

30代男性 / 会社員 / 墨田区太平在住
・症状

腰部から左臀部、左大腿部後面にかけての動作時痛

・経過と施術内容

当院来院の3日前に、フットサルをした際に負傷。
少しづつ痛みは軽減していたものの歩行時痛等があり、日常生活に支障があった為、
当院に来院された。
痛みの範囲は腰から左臀部、左大腿部後面に出ており、歩行時や立位、
座位へと動かした際に痛むとのことであった。
初診時はRPを行い、腰部を中心にパルスでの鍼治療を加えたところ、
痛みの軽減が見られた。
第2診は約2週間ほど間隔が空いてしまい、痛みが再度出現していた為、
前回同様パルス鍼治療を行い、間隔を空けないよう3日後に来院してもらったところ、
痛みはだいぶ軽減していたので、パルスは加えず鍼治療のみを行った。
さらに3日後の第4診ではほぼ痛みを感じていなかった為、
1週間様子を見たが特に問題もなかったので施術を終了とした。

・考察

今回のケースでは鍼治療にパルスを用いている。
鍼治療では刺入の深さや太さの調節で刺激や効果を変えるが、
それ以外にも様々な方法があり、パルスとは打った鍼に電気を流す治療である。
筋肉の運動量が足りていない場合に、鍼に電気を流す事で筋肉が収縮する為、
血流量を上げることができる。
運動させる事で筋緊張も緩みやすくなるので、効果が出やすい治療法である。

・使用した主な技・ツボ

RP(承山、委中、申脈、腰腿点)、
鍼治療(腎兪、環元兪、志室パルス、左環跳、左委中、玉天)

3008

【施術報告 足の痛み】施術例10 バドミントンで痛めた右下腿部痛

2021年04月27日

施術例10 バドミントンで痛めた右下腿部痛

10代女性 / 学生 / 松江在住
・症状

右下腿部の圧痛と足関節背屈による伸展痛

・経過と施術内容

当院来院の2日前にバドミントンをした際に負傷。
当日はそれほど気にならなかったが、翌日から痛みが強くなり、
足を引きずるようになってきた為、当院に来院された。
触診を行うと下腿三頭筋の筋腱移行部に圧痛が出ており、
足関節の背屈でも痛みが出現している為、下腿三頭筋部の肉離れと考えられた。
そのため初診時にはキネシオテーピングにより、
筋運動の補助をするようにして様子を見ることにした。
翌日も続けて来院して頂いたところ、動かしやすくはなっていたが、
痛みはまだ残っていたため、鍼治療を行うと痛みの軽減が見られた。
第3診では足を引きずらずに歩けるようになっており、
再度鍼治療を加えたところ痛みが消失した。
それから第4診から第9診までは、痛みを感じることは無かったのでメンテナンスを行なった。
しかし第10診で左の足関節を捻って捻挫をしてしまったので、捻挫の治療も開始した。
腫脹と熱感があったため、アイシングを行い様子を見た。
翌日も来院してもらったが、朝に痛んで以降は落ち着いているとのことであった。
左足も順調に回復していったが、第15診で運動後に少し気になるとの訴えがあったため、
キネシオテーピングにて固定を行なったが、それ以降は問題もなかった為、
第17診で施術を終了とした。

・考察

スポーツをしている場合などは固定を強くし過ぎると、
プレイに支障が出てしまうことも考えられるが、
キネシオテープであれば適度な可動性を保ちつつ、
固定ができるので症状の回復度合によって施術の選択肢が広がる。

・使用した主な技・ツボ

鍼治療(承山)、キネシオテーピング

3098

【施術報告 腰痛】施術例13 冷飲食による腰痛

2021年03月29日

施術例13 冷飲食による腰痛

50代女性 / 清掃業 / 江戸川区北葛西在住
・症状
右腰部から大腿部にかけての座位と立位での痛みと痺れ
・経過と施術内容
もともと腰痛持ちであったが、最近宴会等で冷たいビールを多く飲んでから特に強くなったとのこと。
 座った際に臀部が触れると痛みが増し、動き始めにも痛みが出てしまうとのことで痛みの部位や、 Kボンネットテスト(+)の所見から梨状筋症候群である可能性が考えられた。
梨状筋部を中心に 骨盤から大腿部までを緩めたところ、症状の改善が見られた。
 しかし症状がだいぶ強かったのでストレッチ指導と あまり冷飲食を摂らないように提案。
・考察
身体は飲食や気候により大きく影響を受ける。
特に湿度の高い時は関節痛が出たり、寒気が強い時には筋肉が強張り痛めやすい。
また冷飲食等でも体内が冷やされ、腰痛の原因となる事も多い。
運動や疲労以外でも身体に与える影響があるので、それらの情報提供もしていきたい。
・使用した主な技
股関節調整、RP、アクチベーター

【施術報告 腰痛】施術例12 腰痛を中心とした複合的な症状に対する骨盤矯正

2021年03月29日

施術例12 腰痛を中心とした複合的な症状に対する骨盤矯正

30代男性 / 会社員 / 江戸川区船堀在住
・症状
頭痛と階段昇降時に生じる左大腿部動作痛、座位により増悪する腰痛
 
 
・経過と施術内容
普段からデスクワークが多く腰に負担がかかっており、
また自覚的にも体が傾いている感じがするとのこと。
脚長差を確認してみると左短下肢でありそれによる骨盤の歪みも顕著であった。
骨盤矯正を加えて様子を見たところ施術後だるさが出たがすぐ落ち着いた。
来院2回目には腰の調子はだいぶ改善されており、
さらに頭痛も少しずつ軽減しているとのことであった。
現在は大腿部の施術を中心に継続加療中。
・使用した主な技
骨盤矯正、モビリゼーション
・考察
腰という漢字には「要」の文字が入っており、文字通り重要な箇所である。
骨盤の歪みは左右の脚長差として現れ、左右の脚の長さの違いは背骨の歪みとして現れる。
今回のケースでは背骨の歪みが筋緊張を強め頭痛を起こし、
骨盤の歪みが腰痛や下肢への負担となり、大腿部の痛みとしても現れている。
動きの土台となる骨盤を矯正する事で正しい姿勢となり、
様々な疾患に対応する事が出来るのである。

【施術報告 坐骨神経痛】施術例5 神経が過敏になっている坐骨神経痛

2021年03月29日

施術例5 神経が過敏になっている坐骨神経痛

40代女性 / 派遣 / 松江在住
・症状
左臀部から大腿部外側、前面にかけての痛みと痺れ
・経過と施術内容 
以前から首肩周辺の症状で治療を継続していたが、ある日左の臀部から大腿部にかけての痛みと、
痺れを訴える坐骨神経痛様の症状で来院された。
神経走行を考え腰部から大腿部までを手技で緩めたが、神経が過敏になっており筋緊張が強く、
圧を加えると痛みが出てくる状態であった。
そのため骨盤矯正等の関節へのアプローチを加え、
筋緊張緩和を狙ったところ症状の軽減が見られた。
2診目には多少手技での圧も加えられるくらいに改善していたが、症状はやや残存しているので、
矯正をメインに継続加療中。
・考察 
過度な筋緊張により神経が圧迫されると痛みや痺れの症状以外にも、
神経の異常な興奮により、軽く押されるだけで痛みが強くなる状態になる事がある。
その様な時に無理に押してしまうと症状が悪化する可能性があるが、
関節をターゲットにした矯正を加える事で、筋緊張が緩和し症状の軽減が見られる。
神経の症状に対するアプローチは、様々な方法があるので状態をよく精査し選択していきたい。
・使用した主な技・ツボ 
RP、骨盤矯正、股関節抜き
2050

【施術報告 坐骨神経痛】施術例3 坐骨神経痛による階段昇降時の痛み

2021年03月29日

施術例3 坐骨神経痛による階段昇降時の痛み

40代女性 / 介護職 / 江戸川区松江在住
・症状
右股関節から足底にかけての痛み
 
・経過と施術内容 
慢性的な重さはあったが職場での筋疲労などの負荷が蓄積し、
回復が促されない状態が続いており、
来院日に家庭での歩行時に右股関節から足底までの痛みが発症。
 
痛みの部位と検査の結果、坐骨神経痛と判断し初回は骨盤矯正と足関節への
テーピングを行ったところ股関節、足関節共に安定が増し、症状の改善が見られたが、
日々の生活や仕事での負担の蓄積による悪化も考慮し継続来院を提案。
 
5回目の来院日に仕事の負担が大きく出たため、簡単なベッド昇降でも痛みを
感じるほど悪化しており、坐骨神経走行部である梨状筋の極度の緊張が見られたため、
股関節の調整と臀筋群のストレッチを行ったところ症状の改善が見られ、
本人的にもかなり楽になっていると実感があった。
現在はストレッチ指導をした上で、症状の再発を防ぐため週2回での施術継続中。

【施術報告 坐骨神経痛】施術例2 大腿神経痛による痛みとしびれ

2021年03月29日

施術例2 大腿神経痛による痛みとしびれ

50代男性 / 会社員 / 江戸川区江戸川在住
・症状
右腰部から右大腿前面、内側の痛み・しびれ
・経過と施術内容 (東洋医学療法・スタンダードコース〈60分〉の施術)
2か月ほど前より急に右腰部から右大腿前面、内側に痛み・しびれが出現した。
立位の状態で長時間いるとしびれが増強してくる。
腰を反らすと大腿前面が突っ張って激痛が出現する。
また、歩行も3.4分くらい歩くと痛みが出現し歩行困難となる。
一時痛みは軽減したが一週間前に再度痛みが増強した。
※本人からの要望:ゴルフのスイングが最後までしっかり振り切れるようになりたい。
 
症状から大腿神経痛と判断し、背部~下肢までに鍼、灸を行った。
腰の張り及び内転筋の緊張が強く、骨盤の動きも悪かったため整体も行った。
1回目施術後、側屈時に内転筋に痛みは若干残るが全体的に可動域が改善し動きが良くなった。
10日後2回目の施術時では症状は1割ほどの軽減だった。
あまり症状の変化がみられないため週1回の施術ペースに変更し3、4回目の施術で症状が半減し、歩行も長時間出来るようになった。
7回目の施術で痛み、しびれが消失しゴルフも普通に出来るようになった。
現在、月1回のメンテナンスで継続施術中。

【施術報告 坐骨神経痛】施術例1 腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

2021年03月29日

施術例1 腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛

30代女性 / 会社員 / 江戸川区船堀在住
・症状
右腰部から右下肢後面の痛み・しびれ
・経過と施術内容
1か月前にバレエ中に腰部を捻り痛みとしびれが出現した。座位⇔立位や動くたびに痛みやしびれが出現する。
また、重心を右側にかけると力が入らなくなる。
 
症状と検査結果から腰椎椎間板ヘルニアからくる坐骨神経痛と判断し、腰部及び臀部を中心に整体と骨盤矯正を行った。
坐骨の位置もあまりよくなかったので調整した。
1回目施術後、痛み・しびれが殆ど消失した。
その後バレエのレッスンを行って痛み。
しびれが戻ってきてしまった。
週1回の施術ペースで行い4回目の施術でバレエ後の痛み・しびれも出なくなった。
再発しないよう運動指導を行い、現在週1回定期的にメンテナンスで継続施術中。

【施術報告 ぎっくり腰】施術例1 重い荷物を持った際のぎっくり腰

2021年03月29日

施術例1 重い荷物を持った際のぎっくり腰

30代女性 / 会社員 / 江戸川区二之江町在住
・症状
右腰部から右下肢後面の痛み。歩行時と前屈みと後ろにそらす時が特に痛い。
・経過と施術内容
他院に通っていたが、アイシングのみで痛みが変化しないとのことで当院を調べて来院。
筋肉をほぐす施術と、下肢と梨状筋の緊張をとる活法整体をしたところ、痛みが和らいだ。
3回の施術で痛みが気にならなくなり終了となる

【施術報告 足の痛み】施術例9 体重をかけると痛む右第5趾の打撲

2021年03月29日

施術例9 体重をかけると痛む右第5趾の打撲

10代男性 / 学生 / 松江在住
 
 
・症状
右第5趾の歩行時痛、左足関節捻挫
 
・経過と施術内容
当院来院の一週間ほど前、外出中バランスを崩した際に、右第5趾をぶつけ負傷。
またその日の午後に左足関節を捻挫してしまった為、
不自然な歩き方になってしまうという事で当院に来院された。
特に体重を右足にかけた際に痛みが強いとの事だったので、初診時には手技で関節を調整し、
テーピングによって体重がかかっても、関節がずれないように固定した。
1日空けて第2診ではテーピングの効果が出ており、痛みをあまり感じなくなっていた為、
テーピングはそのまま継続しつつ、関節の調整を行った。
それからは一日置きに来院して頂き、テーピングが剥がれていれば、
貼り直すように施術を続けたところ、第5診で痛みが消失したので施術を終了とした。
 
・考察
痛みがある事で不自然な体の動きになり、結果他の部分も痛めてしまうようなことがある。
今回のケースでは足部の痛みに対し、テーピングで負荷を分散させている為、
痛みが軽減した状態で動けるようになり、
自然な状態で自己治癒力を発揮させることができたのだと思う。
 
・使用した主な技
足根骨調整、アーチテーピング
2792
1 2 3