【施術報告 腰痛】施術例24 毎回同じところが痛む腰部痛

2021年04月23日

施術例24 毎回同じところが痛む腰部痛

40代男性 / 会社員 / 江戸川区船堀在住
・症状

長時間座位での右腰部痛

・経過と施術内容

当院来院の3日前にベットで長時間寝ていて、起き上がった際に右腰部を負傷。
以前から年に数回はぎっくり腰になる事があり、
その度に右の腰部の痛みを感じるとのことであった。
触診にて痛みの場所を確認するとL2部分と、仙腸関節付近に硬結と圧痛が確認できた。
初診時は左短下肢であった為、RPと骨盤矯正を行い様子を見た。
第2診では痛みは鈍く感じており、前回から10段階の痛みが3まで下がっていた。
それから少し来院間隔を空け、月に2回のペースでの来院を提案し、
第7診までは順調な経過をたどった。
しかし第8診では、無理をした結果ぎっくり腰のような痛みが出現してしまい、
改めて間隔を詰めて施術を行ったところ、第13診で痛みが落ち着いた。
その後はメンテナンスを兼ねて来院間隔を空け、
第21診で特に問題もなくなったので施術を終了とした。

・考察

痛みは危険や問題を知らせるシグナルであり、火災を伝える警報のようなものだが、
慢性化してしまうと各所に火が燃え移り、
警報の意味をなさない状態になってしまっている。
治療を行う事と痛みの出る原因や、習慣を考えて改善して行く事が、
慢性痛の改善に必要である。

・使用した主な技・ツボ

骨盤矯正、RP(承山、委中、腰腿点他)

2992

【施術報告 肩痛】施術例9 運転中に痛めた右肩部痛、以前から気にしていたO脚

2021年04月13日

施術例9 運転中に痛めた右肩部痛、以前から気にしていたO脚

50代男性 / 会社員 / 二之江町在住
・症状

右肩上部の運動時痛、O脚

・経過と施術内容

当院来院の2日前に長時間運転をしたところ、右肩の違和感が生じ、
肩を回した際に急な痛みが起こり負傷。
また普段からは骨盤が開いているような感じと、O脚が気になっているとのこと。
初診時はRPと首肩・骨盤の矯正を行い全体的にバランスを整えて、
肩部の筋緊張を緩めるようにした。
2日後の第2診時には首肩の痛みは感じなくなったが、急に痛くなる心配があるので、
骨盤矯正を続け首肩矯正は状態を見ながら継続することにした。
3診、4診と骨盤矯正を続けたところ、姿勢が良くなった感じがあり、
O脚にも改善が見られていることがわかった。
その後も部位ごとの矯正を加えながら全身を調整したところ、
第7診目には特に気になる点が無くなったとのことであった為、
一旦施術を終了し様子を見ることにした。

・考察

O脚は骨盤の傾斜が関わっており、
骨盤が傾いていることで脊柱にも歪みが生じてしまう。
骨盤矯正から脊柱を整えることで、筋肉が正常な位置に近づく為、
いきなり筋肉を緩めるより効果が出しやすくなる。
患者様の状態を認識し、より良い施術を追求していきたい。

・使用した主な技・ツボ

RP(地五会、大椎-合谷、腎兪-失眠他)、首・肩・骨盤矯正

2986

【施術報告 肩こり】施術例6 骨盤の歪みからくる肩こり

2021年03月31日

施術例6 骨盤の歪みからくる肩こり

30代女性 / 会社員 / 江戸川区北葛西在住
・症状

片方に体重をかけると骨盤まわりに嫌な感じがする。
慢性的にこっていたが、最近首から肩上部にかけて張っている。
ひどいと後頭部や側頭部に頭痛あり。
体が歪んでいる気がするので矯正をしたい。
片方に体重かけると、かけた側の主に腰方形筋や多裂筋、臀部にズーンとした痛みやだるさ出現。
首から肩にかけては肩甲挙筋、僧帽筋の緊張が強い。
肩と骨盤は左側が右より下がっていた。


・経過と施術内容

肩甲骨や骨盤の歪みを改善するために首肩骨盤矯正を実施。
首肩は筋緊張が強かったため、矯正に合わせてメディカル整体も行う。
仕事で座っていることが多い坐骨も影響しているのではないかと考え、
活法の坐骨切りを取り入れた。
施術後、デスクワーク時の姿勢を確認。骨盤が後傾していたため仙骨を立てて座るよう指導。
一週間後、二回目の来院時には首から肩上部にかけての張りは軽減されていた。
椅子の座り方や足を組まないように心がけていたため、
前回の施術後から骨盤まわりの嫌な感じはなかった。
しかし、まだ骨盤の歪みはあったため引き続き首肩骨盤の矯正と前回同様の手技を実施。
三回目の来院時には、首肩の張りは気にならない程になっていた。
骨盤の左側への歪みも改善されていたようだが、
また歪みが起きないよう今後も骨盤矯正を行うよう説明。
本人曰く、以前に比べ両足のむくみが改善されているとのこと。

・考察

今回の骨盤まわりの嫌な感じや首肩の張りは、骨盤の歪みが深く関与していたと考えられる。
デスクワーク時の足を組んだりなどの姿勢が骨盤の歪みを生み、
下半身の緊張および血行不良を引き起こす。
その結果、骨盤まわりの嫌な感じや肩こりを助長し首から肩にかけての強い張りが出現した。
坐骨切りや骨盤矯正で両足のむくみも改善されたことが
歪みによる下半身の緊張と血行不良が原因だということを表している。

・使用した主な技、ツボ

肩甲骨の導引、坐骨切り

【施術報告 背中の痛み】施術例31 慢性的な背腰部痛と頭痛を伴う肩こり

2021年03月30日

施術例31 慢性的な背腰部痛と頭痛を伴う肩こり

30代女性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2020年4月
・症状
背部から腰部にかけての筋緊張と伸展痛、肩こりと頭痛
・経過と施術内容
以前から背中や腰の痛みで安眠できず、また首肩のこりが酷くて頭痛が出ていた。
ひどい時には吐き気を伴うこともあって、ストレスが溜まるということで当院に来院された。
触診では全身筋緊張が強く特に骨盤周辺が固い為、
それにより上半身にも影響を及ぼしている状態であった。
施術では全身の矯正を希望されていた為、初診時は全身矯正を中心に、
RPも加えながら筋緊張を緩めるようにした。
第2診来院時には状態はだいぶ改善していたが、
骨盤の動きを出したかったので骨盤矯正のみを行なった。
しかし第3診では再度背部の痛みが強くなってしまったので、
DRTによる背骨矯正を行なったところ症状の軽減が見られた。
それから第7診までは手技治療で改善していたが、第8診で治まっていた頭痛が再発したので、
頸部の筋緊張緩和により頭部の血流改善を促した。
そして第10診まで頭痛の治療を続けた結果、頭痛も消失した。
その後は特に重たい症状も出現しなかったため、
数回メンテナンスとして調整し施術を終了とした。
・考察
こちらの患者様は症状が強かった為、様々な矯正を取り入れている。
当院の矯正は瞬間的な力を加えるような矯正ではなく、
自然な揺れの中で自家矯正力により矯正する為負担が少ない。
体の歪みが強ければ筋緊張も強くなり、種々の症状が引き起こされてしまう。
根本治療を目指すのであれば、体を部分で切り分けるのではなく、
全体で見ることが必要だと思う。
・使用した主な技
全身(首、肩、DRT、骨盤)矯正、RP(地五会、大椎、腕骨、束骨、承山、委中他)
1730
 

【施術報告 背中の痛み】施術例29 スポーツ(ジム)でいためた背部腰部痛

2021年03月30日

施術例29 スポーツ(ジム)でいためた背部腰部痛

30代男性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2020年3月
・症状
起床時と運動初期の背部から腰部にかけての痛み
・経過と施術内容
当院に来院される2日程前に、ジムでトレーニングをして負傷。
しばらく様子を見ていたが立ってから動き始めるまで痛みが強く、
すぐに動けない状態となってしまった為、当院に来院された。
初診時での動作確認では前屈痛が強く出ており、左右の骨盤の前傾も強い状態であった為、
RPにより筋緊張を緩めてから、骨盤矯正を行い様子を見ることにした。
翌日も続けて来院して頂いたところ、痛みの残存は見られたが、
立位の痛みは軽減しているとのことであった。
第3診は1日空けて来院して頂いたところ、背中の痛みはほぼ消失しているとのことであった。
しかし第4診では左の臀部付近に痛みが出ており、股関節の動きが悪くなっているようだったので、
背部よりは股関節を中心に施術を行った。
その後は左の股関節の動きも改善され、痛みも少しずつ軽減していった為、
第7診で施術を終了とした。
・考察
健康のためにトレーニングは有効である。
特に腰痛持ちの方や肩こりをお持ちの方は、その部分の筋力が低下しているために、
動きを支えられずに痛みを引き起こしてしまうケースもある。
また適度な筋力トレーニングは筋力増強効果と、それによる血流量の増加が期待でき、
痛み・疲労の改善が見込める。
しかし何事もやりすぎは毒なので、自分のできる範囲をしっかり把握して運動を行って頂きたい。
・使用した主な技
RP(承山、委中、申脈、腰腿点他)、骨盤矯正
1688
 

【施術報告 背中の痛み】施術例27 慢性的な肩こりから発症した背部痛

2021年03月30日

施術例27 慢性的な肩こりから発症した背部痛

20代男性 / 会社員 / 船堀在住
・来院
2020年3月
・症状
右頸部〜肩〜背部にかけての動作時痛と重だるさ
・経過と施術内容
当院来院4日ほど前に自宅にて寝違えて負傷。
普段から慢性的な肩こりがあったが、重だるさはあっても痛むことはなかったとのこと。
しかし寝違えてからは、首や肩を動かすと背中に痛みが走り、
痛みで動作が制限されてしまうという状態となってしまった。
診察を行うと頸椎が患側に引っ張られており、肩甲骨は逆に内方に寄っていて、
筋緊張による短縮が起こっていた。
また骨盤も左の仙腸関節が閉じて、詰まっている状態であった。
初診ではRPと首と骨盤の矯正を取り入れ、土台と患部のバランスを整えるようにして、
様子を見ることにした。
それから第2診は1週間後となったが状態は安定しており、
良くなっている実感があるとのことであった。
さらに1週間後の第3診目は特に痛みは出ていなかったが、やや骨盤の歪みが生じていたため、
予防を兼ねて骨盤矯正を行いバランスを整えてから施術を終了とした。
・考察
慢性的な肩こりや腰痛を抱えている方は非常に多い。
放置していて命に関わるわけではないが、そのままにしておくとなんとも居心地が悪く、
重だるさが常につきまとい、日常生活に身が入らなくなってしまう。
そして急激に重だるさが激痛に変わるものが、寝違えやギックリ腰である。
元々が重だるくなくても急に痛くなるケースも多々あるが、
ベースには日頃の負担や疲労が隠れている。
自身の身体が普段からいかに負担を強いられているか、
一度立ち止まって体の声を聴くことがセルフケアの第一歩である。
・使用した主な技
RP(地五会、大椎、合谷、束骨他)、首・骨盤矯正
1683

【施術報告 背中の痛み】施術例26 移動して行く首から背部にかけての痛み

2021年03月30日

施術例26 移動して行く首から背部にかけての痛み

50代女性 / 主婦 / 上篠崎在住
・来院
2020年3月
・症状
首から背部にかけて鈍痛、前屈・左回旋時痛、右腕の痺れ
・経過と施術内容
以前からの慢性的な頸背部痛で整形外科に通い、首の牽引を行なったり湿布を貼っていたが、
最近特に首の状態が悪化してきたとのことで当院に来院された。
触診ではC7付近の圧痛が特に強く出現していた。
初診時はRPと頸部から肩甲骨までの、
椎体の可動域を出すよう運動療法を行ない様子をみることにした。
そして今後も同様の施術を継続していくことにした。
翌日の第2診では頸椎の歪みが整い、首も曲げやすくなった。
また首の痛みもポイントが定まり、右側の首筋に痛みが移動していた。
続けて第3診では首の後ろと右側の痛みは消えていたが、
左の肩甲骨にかけての筋緊張が強く動作制限も出ていた。
少し間隔を空けて第4診では首の後ろとその下の痛み、更に前屈痛が出ている状態であったが、
初診時に比べるとだいぶ良くはなっているとのことで、痺れも指先まで痺れていたのが、
肘くらいまでに軽減したということであった。
第5診から第8診までは順調に回復が見られており、第9診で首の状態はほぼ完治していたが、
腰の状態も気になるとのことであったので、骨盤矯正を行い脊椎の状態を整え施術を終了とした。
・考察
施術を加えていくことで、当初の痛みの場所が変わっていくことは多々ある。
様々なところに痛みが移ると、心配に思う方もいるかもしれないが、それは悪いことではない。
脳というものは最も強い痛みを感じているが、
体にはそれまでの疲労や怪我・痛みが蓄積されている。
施術により辛い部分が軽減すると、
さらに以前の痛みや本来の原因となっている痛みが出現してくる。
そういった痛みの原因が改善されることで、辛い症状から解放されるのだ。
・使用した主な技
RP(束骨、京骨)、骨盤矯正、頸椎調整
424
 

【施術報告 背中の痛み】施術例22 赤子を抱き上げて痛めた背部痛

2021年03月30日

施術例22 赤子を抱き上げて痛めた背部痛

30代女性 / 主婦 / 船堀在住
・来院
2019年12月
・症状
腰から背中にかけての鈍痛・動作時痛、立位不可
・経過と施術内容
来院一日前に赤ちゃんを抱き上げた際に負傷。特に背部の中心が痛むとのこと。
屈む動作や子供を抱き上げる動作が痛みにより制限されており、
まっすぐ立つこともできない状態であった。
また普段は腰痛は無いが年に一回はギックリ腰が発症し、
腰も左右でバランスが違う気がするとのことで、骨盤矯正を希望していた。
実際に腰部を触診してみると脊柱起立筋の緊張が強く、動きも全く見られない状態であり、
左側腸骨の後傾による左短下肢も確認できたので、初診時には骨盤矯正とRPを行ない様子を見た。
第2診は翌日に来院して頂き状態を確認したところ、
症状は消失しており子供を抱く際にも支障が出ていなかったので、
腰部の緊張緩和のためのメンテナンスに移行し、継続加療中。
・考察
子供の抱っこは非常に負担のかかる動作である。子供の抱っこは非常に負担のかかる動作である。
現にこちらの患者様も骨盤の歪みによる脚長差のズレや、腰部脊柱起立筋の過度な筋緊張で、
日常生活への弊害が出現していた。
また産後の骨盤矯正などもよく耳にされると思うが、
産後の骨盤はホルモンにより靭帯が緩くなっており、
開きや左右のズレが大きくなって、
出産前の状態と比べると負担がかかりやすい状態となっている。
当院では産後の骨盤矯正と、日々のトレーニング専門のコースも用意しているので、
是非ご相談頂きたい。
・使用した主な技
骨盤矯正、RP(承山、委中、申脈、腰腿点他)
1844
 

【施術報告 背中の痛み】施術例20 デスクワークによって痛む背部痛

2021年03月30日

施術例20 デスクワークによって痛む背部痛

20代男性 / 会社員 / 瑞江在住
・来院
2019年12月
・症状
首から腰部にかけての鈍痛と背部の反るような違和感、左回旋痛
・経過と施術内容
来院10日程前に自宅にて無理な体勢をとった際に負傷。
話を伺うと普段の仕事では10時間以上連続でPC作業を行なっており、
半年前にもギックリ腰のような症状があったとのこと。
触診を行うと脊柱起立筋の緊張が強く、それにより背骨も引っ張られ歪んでいる状態であった。
歪みが強かった為、少しづつ矯正を加えていくことを伝えた。
初診時には肩の矯正を行い、背部の症状の軽減が見られたので様子を見ることにした。
2診目の来院時は前回肩矯正を行なったことにより、背部の状態は多少軽減していたが、
頸部の重さが残っていたので、首矯正を加えたところ首の症状も改善した。
状態が安定していたので3診目、4診目も同様の施術を行なった。
5診目には骨盤矯正を加えた結果、初診時に比べるとだいぶ楽になっているとのことであった。
それからまた無理をして状態が少し悪化したが、10診目に全身矯正を加えた以外は、
通常の施術により順調に症状は改善していたので、
13診目に最後に全身矯正で調整して完治とした。
・考察
今回の背部痛では普段の労働環境による影響が非常に強く、平常時から背部の筋緊張が強い為、
首から腰にかけて背骨が歪んでしまっていた。
そのため一気に全身矯正によって整えると、反動が強く出る可能性があった為、
要所要所で必要な矯正を行いながら回復を促していったところ、
大きな反動も出ず順調に回復できた。
体の回復のステージをしっかり把握して、必要な施術を提案できる事が重要なのだと感じた。
・使用した主な技
首・肩・骨盤矯正 
1704
 

【施術報告 背中の痛み】施術例17 長時間の車の運転で痛めた背部痛

2021年03月30日

施術例17 長時間の車の運転で痛めた背部痛

20代男性 / 会社員 / 東小松川在住
・来院
2019年10月
・症状
座位にてズキズキと背部下部が痛む
・経過と施術内容
以前にも同様の症状で通われていたが、数ヶ月ぶりに来院された。
営業職で普段から長時間車を運転する事が多く、以前からも疲労がたまると痛みが出ていたが、
1週間ほど前に物を拾おうと屈んだ際に、
左背部下部にズキズキとした痛みが生じたため当院に来院された。
状態を確認すると右肩が下がっている事が確認でき、骨盤の歪みが原因であると考えられたので、
初診時はRPと骨盤矯正を行い背部のバランスを整えたところ、非常に効果がよく現れた為、
しばらく期間を空けて様子をみるとのことであった。
2診目は3週間後になったが特に状態の悪化は見られず、
少し疲労感が出ているくらいとの事であったので、
矯正は加えずRPによるツボ治療でバランスを整え、また様子を見るようにした。
3診目も同様の疲労感があるだけであったので、セルフケア指導をして施術を終了した。
・考察
こちらの患者様は普段から長時間車を運転することで、
身体を支える深部の筋肉が過緊張状態となり、
その結果ふとした動作が引き金となって痛みを生じてしまっていた。
しかし右肩が下がっていたり、骨盤の歪みが原因となっている事から、
根本を改善しなければ原因の解決にはならない。
骨盤矯正によって原因が除去されたことにより、
期間を空けても痛みに悩まされない生活を送ることができたのだ。
・使用した主な技
骨盤矯正、RP(腰腿点、委中、承山、申脈他) 
1598
 
1 2 3 4